三重県熊野市移動



三重県の奥座敷熊野市。
三重県南部に位置し、元々アマチュア無線の人口が少ないことに加えて大都市圏からも遠いことから気軽に移動しに訪れる人もなく、特に9エリアと3エリア以西の局にとっては、地形的にかなりの難ポイントとなっています。
ここ熊野市の移動ポイントとして知られているのは2ヶ所。
ひとつは、尾鷲市と2ポイント移動ができる矢の川峠。
国道42号から10Kmほど林道を登ったところにあるこのポイントは東方面に関しては抜群のロケーションを誇りますが、反面、北と西方面は深い山脈が邪魔をして、飛びはほとんど絶望的となっています。
今回紹介するのは、もうひとつのポイント長尾山。
熊野市街地からもよく見えるこの山は、山頂直下まで林道が延び360度全方向にロケーションが開けています。
国道42号から熊野市青少年自然の家方向にクルマを走らせ、ここを過ぎた当たりから右折して林道を登ること30分で、放送局の中継施設に到着します。
クルマで入れるのはここまでで、山頂はここから石段を登って10mほど。
山頂に立つと、恐らく誰もが感嘆の声をあげてしまうであろう、素晴らしい景色が眼下に広がります。
東は180度に広がる熊野灘、西は深く険しい紀伊山地。
デジカメではとてもあの臨場感をお伝えすることができませんが99年5月に撮影した画像を紹介します。


これは東方向です。熊野灘の海岸線が延びる様は圧巻です。


これは西方向です。紀伊山地の山々に雲海がかかっています。

この山頂にアンテナが上げられれば最高なのですが、残念なことに狭くまたハイカーや景色目当ての観光客の方が結構登ってこられるので邪魔にならないことを考慮して、自粛するのが無難です。
10mクラスの自立設備があれば、駐車ポイントからでも充分に飛ばせます。
ただし中継施設や電線等が邪魔になって、けっこうアンテナを上げるのは苦労し ます。


これは99年の5月に運用した時の様子です。

ロケーションは山頂からの眺めからもわかるように抜群で、各方向に問題なく飛んでいきます。
三重県は地形上、そこそこ標高の高いところに行けば東方向は抜群に飛ぶのですが西方向に強い移動地は(特に南部では)それほどありません。
ここはその数少ない西方向にも抜群に飛ぶポイントです。
この時は、鹿児島県の移動局とも問題なくQSOできました。
また事前に移動情報を流しておいたせいか、当日は西方向の迎撃組が多数出動したようで、アンテナを西方向に向けてCQを出した途端4エリアから猛烈なパイルを浴びて快感でした(^o^)


DE JK2MRB