欧文頻度順   符号 符号長単位数(※) 欧文平均との比較 欧文符号長占拠率
1 E 13.11 2 短い 0.262
2 T 10.47 ツー 3 短い 0.314
3 A 8.15 トツー 4 短い 0.326
4 O 8.00 ツーツーツー 7 長い 0.560
5 N 7.10 ツート 4 短い 0.284
6 R 6.83 トツート 5 長い 0.342
7 I 6.35 トト 3 短い 0.190
8 S 6.10 トトト 4 短い 0.244
9 H 5.26 トトトト 5 長い 0.263
10 D 3.79 ツートト 5 長い 0.189
11 L 3.39 トツートト 6 長い 0.203
12 F 2.92 トトツート 6 長い 0.175
13 C 2.76 ツートツート 7 長い 0.193
14 M 2.54 ツーツー 5 長い 0.127
15 U 2.46 トトツー 5 長い 0.123
16 G 1.99 ツーツート 6 長い 0.120
17 Y 1.98 ツートツーツー 8 長い 0.159
18 W 1.54 トツーツー 6 長い 0.092
19 B 1.44 ツートトト 6 長い 0.086
20 P 1.18 トツーツート 6 長い 0.071
21 V 0.92 トトトツー 6 長い 0.055
22 K 0.42 ツートツー 5 長い 0.021
23 X 0.17 ツートトツー 7 長い 0.012
24 J 0.13 トツーツーツー 8 長い 0.011
25 Q 0.12 ツーツートツー 8 長い 0.010
26 Z 0.08 ツーツートト 7 長い 0.005
            平均符号単位長 4.437

欧文符号の使用頻度と符号長さ

※印:符号長単位数とは、1短点の長さの「マーク」(音が出ている時間)に、デリミタとしての1短点長の「スペース」を加えた長さ。ただし、各文字には文字間デリミタとして「1符号長単位」を加えるので、例えば「E」の符号が占める時間は2単位となる。

欧文の出現頻度順に、符号の長さをグラフにしてみました。これをどう見るか、ですが、和文のそれと比較すると、やはり符号の短い順に並んでいることがわかると思います。横軸は頻度順、縦軸は、頻度は%、文字長は短点マークを1単位とする文字長で、デリミタを追加しています(Eが2単位となる)。







一般の文章の文字の出現確率の情報から、モールス符号の長さの決め方を検証してみました。アマチュア無線で使われる文字の頻度のデータがあれば、「数字」も必要ですし、いくつかの記号や「BT」「AR」といった符号も計算に入れたいところです。なお、和文編も用意しています。和文の方は、符号の平均長と文字の出現頻度の順番が、面白いというか、我々愛好家にとっては面白くないというか、、、HI。

末尾に、頻度順の符号長のグラフを入れました。(2002/06/16)

ham-net トップ CWの部屋トップ CW入門 CW雑学トップへ戻る CW技術資料 展示室 掲示板 リンク集