ham-net トップ CWの部屋トップ CW入門 CW雑学 CW技術資料 展示室トップへ 掲示板 リンク集
戦時中に使われた(?)、
モールス信号「訓練図解」

入手経路に記憶がありませんが、こんなものがあった、と父から譲り受けたものだったと思います。詳細不明な資料なので、心当たりある方はご教示ください。父に尋ねようにもすでに故人でして・・・(JO1FYC提供)  (2002/03/03)

→→詳細な写真を追加しました。(2003/01/05)



ちょっと読みにくいかも知れませんが、縦書きで、イは「イトー・伊藤」、ロは「ロジョーホコー・路上歩行」と、有名(?)な合調語が記載されています。新しい発見としては、

   ・訂正符号が「アヤマリナホシタ・誤直シタ」と、ラタでなく「HH」にな
    っている。
   ・区切り点「、」が、「止め止め」で「・・ ・・」、いわゆる「トロットロッ」
    になっている。

裏面には手旗信号の旗の振り方が図解されています。手旗信号のアルファベットは、和文モールス符号と同じ対応になっています。つまり、手旗信号の「イ」と「A」が同じ、「ハ」と「B」が同じで、以下同様。

定価は、「金拾 銭」となっています。

詳細な写真を掲載します。ここを押してください。(2003/01/05)