SSTV info-BOX  Vol.109 20013月号
春、3月。さあコンテストが始まりますが準備は出来てますか? バージョンアップしたSSTVソフトのスラント調整などあわててやり直さないように事前に再チェックしましょう。今月はJASTAのニューフェースコンテストが開催されます。 3月10日(土)〜3月11日(日)と3月17日(土)〜3月18日(日)の4日間です。ルールを確認して楽しく参加しましょう。

【今月のヘッドライン】
1. 速報!! 第11回SSTV全国ミーティング高知大会の概要
 ユニークな今年の全国大会の概要の速報です。
2. ソフトウエア情報
 超話題のMMSSTVなど新バージョンの情報です。
3. SSTV DXペディション情報
 JA0SC吉池さんの南太平洋SSTVペディションの情報です。
4. MIRが落ちてくる!!
 宇宙からのSSTV生中継で一世を風靡したMIRがいよいよ終焉です。
5. 来月のSSTVロールコールについて

1.速報!!第11回全国SSTVミーティング高知大会の概要
  今年の全国大会の概要を大会実行委員のJA5AIL畠山さん、JA5BM西川さんからお聞きしました。
今年の大会の特徴は昨年までの10回の大会からガラッと変わり、従来の講演や発表などを土曜日に行い、日曜日はフルに特別イベントとして計画されています。豪快な土佐の料理と太平洋を満喫出来そうです。
第11回全国SSTVミーティング高知大会 スケジュール概要
大会日程  2001年7月14日(土曜日)から15日(日曜日)の2日間
大会会場  国民宿舎 桂浜荘(かつらはまそう)
      〒781-0262 高知市浦戸城山830−25
       Tel (088)841-2201
       http://www.kochi-f.co.jp/katsurahamasou/
       http://www.city.kochi.kochi.jp/kankou/katurahama/index.htm
大会概要
初日
(14日 SSTV総会)
 15:00-17:00 告知や表彰
SSTVソフト関係を2講演を予定
 18:00-20:00 ウエルカムパーティ
 21:00- 分科会
二日目
  (15日 イベントデー)
黒潮クルージング・太平洋ホエールウォッチング
 08:00 桂浜荘出発
 08:30 高知港出航
 10:30 室戸岬沖の太平洋 ウォッチング ポイント到着
 14:00 ポイントから出発
 16:00 高知港着
 クルージングの間、船上に大会用SSTVクラブ局を設置し、船上の様子や、タイミングが合えば鯨の画像の生中継を行います。もちろん大会参加局はこのクラブ局から運用も可能です。

(ホェールウォッチングは自然を相手にしていますので必ず鯨が見学できるモノではありませんが出会える可能性の高いポイントをイベント会場として設定されています。また鯨以外にイルカやシャチなどとの遭遇も期待出来ます。滅多にないチャンスです。たくさんの参加をお待ちしいます。)
参加費用 18000円程度を予定しています。
 (正式発表時にディスカウントを期待しましょう。)
予備申し込み 従来と同様に参加者の概要を調査します。大会ホームページで登録してください。
大会公式ホームページ 現在準備中。3月初旬に公開します。
その他 今年は前記したように本大会のみを計画しています。
大会の開始時間が土曜日の午後から始まりますので、従来のように大会の裏での平行した市内観光などのサポートは予定していません。市内観光などを希望の方は各自でお楽しみください。
Tnx info JA5AIL, JA5BM
今年のSSTV全国大会会場付近紹介
これが大会会場の国民宿舎 桂浜荘 高知県立坂本龍馬記念館
http://www2.net-kochi.gr.jp/~kenbunka/ryoma/

  会場は桂浜を見下ろす高台にあり、船を連想させる形がなかなかユニークです。(昔の浦戸城の跡だそうです)
こちら側が正面。逆方向が太平洋を臨む桂浜。小高い丘の上に立てられているので眺めは抜群。宿泊当日にお天気に恵まれると、すべての部屋から曲がっている水平線が確認でき、地球が丸いのを実感できるそうです。

期待しましょう。

右の画像は桂浜荘のすぐ隣にある高知県立坂本龍馬記念館。同じ敷地にあります。入館料400円です。


  坂本龍馬の銅像は桂浜荘から歩いて400m。

遊歩道を急ぎ足で丘から駆け下りると5分程度でいける。坂は結構急ですから帰りはゆっくりと歩いて登ってください。
年輩の方は焦らずぼちぼちと周りの景色を楽しみながら歩いてください。

坂本龍馬の銅像
  龍馬の銅像は桂浜公園の小高い丘にあります。何となく普通の銅像と同じイメージで行ってみたら、なんと思っていたよりもずいぶん高い台の上に居た。
画像ではわかりにくいが13.5mもあり、高い所から21世紀の太平洋を見つめていました。
(この画像を撮影した日は龍馬の目線で景色を見てみようと、横に足場を組み目線の高さまで上がって景色を眺めるイベントが行われていました。)

この銅像のすぐ下が桂浜になります。時間のある方はのんびりと散策すると良いでしょう。

桂浜にはこの他に、桂浜水族館、土佐闘犬センターなどもあります。

2.ソフトウエア情報
  今月はソフトウエアの新版オンパレードになっています。
中でも注目に値するのがMMTTYでおなじみのJE3HHT森さんが新たにSSTV専用のソフトとしてMMSSTVをフリーウエアとして発表しました。
2-1 MMSSTV Ver0.12 (3月3日現在)

  2月12日の夜にVer0.04として公開され、その後、連日のようにソフトウエアに改良が加えられ、現在はVer0.12にまでなっています。英語版と同時発表と従来のMMTTYのユーザーの注目により、海外から先に火がついたソフトウエアです。

開発した森さんは全く独自に開発したためテンプレート機能など今まで無かったユニークな機能が採用されています。ソフトの完成度は日に日に高くなっています。このソフトのおかげでSSTVに興味を持った方が急増し、連日話題の中心になっています。21世紀最初の大ヒットソフトになるのは間違いないところです。

現在は国内、国外ともにメーリングリストが開設され、ソフトの機能や改良などが活発に話されています。

◆機能

  対応モード :ロボット36/72、スコッティS1,S2、DX、マーチンM1、M2、AVT90、SC180
  周波数調整:送信、受信とも調整可能。このほかに受信のPLLの定数や送信のBPF/LPFの設定など細かにチューニングできます。

◆テンプレート機能
  従来の例文機能は1ライン分の文字データの登録ですが、この機能は一画面の文字や受信画像の貼り付けなどのレイアウトを一気に出来てしまう機能です。マクロまでサポートしているので定型レイアウトとして使うとなかなか便利な機能です。特にマクロは内蔵のログソフト機能と連動しているのでQSOデータをそのまま画像やLOGに反映でき便利な機能です。JASTAコンテスト用の自画像付きのテンプレートなど簡単に作ることが出来ます。

◆ソフトウエアのダウンロードは
 ・森さんのホームページ:
  http://plaza27.mbn.or.jp/~je3hht/

 ・MMSSTV Ver0.12は:
  http://plaza27.mbn.or.jp/~je3hht/mmsstv/mmsstv012.exe

◆メーリングリスト
  ソフトに対する質問や希望などはメーリングリストに投稿願います。作者への直接メールは同じような質問であれば作者に対して膨大な無駄時間が発生します。より高機能で使いやすいソフトになる為に質問、感想などすべてメーリングリスト一本化で御願いします。

  http://www.egroups.co.jp/group/mmhamsoft/

2-2 その他のバージョンアップしたソフト  

  ◆JVComm32 for Windows Ver1.10b Pre
      http://www.jvcomm.de/downloadpre.html
  ◆Font F/X 2000 Ver1.05.2E
      ftp://ftp.qsl.net/pub/ve4rz/P2K1052E.ZIP (1162KB)
  ◆Pix F/X 2000 TK Ver1.0
      TASCO TSC-70とKenwood VC-H1専用に設計されたPix F/X 2000です。
      http://www.qsl.net/ve4rz/

3.SSTV DXペディション情報
  JA0SC吉池さんが3月8日から2週間の予定で南太平洋のトンガ、サモアなどからでSSTVを運用します。ちょうどJASTAのNEW FACEコンテストが開催されます。
今回は主に21/28MHz帯で3エレ八木アンテナを使用しての運用となっています。14MHz帯は超小型のバーチカルアンテナを使用とのことで、コンディションアップを期待しましょう。各局、QSOよろしく。

トンガ、サモアDXぺデイション 概要

◆スケジュール

 日 程  予定時間 行 程
 3月 8日 19:00JST 成田出発 フィジーのナンディへ
 3月 9日 06:45  ナンディ 到着
 3月10日 07:00 (03:00JST) ナンディ発 トンガへ
 3月10日 09:25 (05:25JST) トンガ 到着
3月10日〜15日 A35SCを運用
 E-mail afeakin@kalianet.to
J ASTA ニューフェースコンテスト参加
 3月15日 22:40 (18:40JST) トンガ発 サモアへ
 3月15日 00:01 (20:01JST) サモア 到着
3月15日〜19日 5W1??運  E-mail 未定
J ASTA ニューフェースコンテスト参加
 3月19日 17:50 (13:50JST) サモア発 ナンディへ
 3月20日 20:50 (16:50JST) ナンディ 到着
3月20日〜21日
3D2HY運用
 3月21日 10:25Local Time ナンディ発 成田へ
設備その他
運用周波数 SSTV 21.343, 28.683  (14.233) MHz
RTTY 21.080, 28.080  (14.080) MHz
トランシーバー 八重洲 FT-100 + 東京ハイパワー HL-200
アンテナ 21Mhz and 28Mhz :3エレ 八木
7-30Mhz  :PW-1 ポータブルHFアンテナ
 (14Mhz はバーチカルアンテナ使用)
パソコン VAIO ノートパソコン
ソフトウエア SSTV : MMSSTV
RTTY : MMTTY
QSL JARLまたは
JA0SCさん宛ダイレクト
722-1 Shiba matsushiro-cyo,
     Nagano-city 381-1214 JAPAN
問い合わせ e-mail : ja0sc@ac.mbn.or.jp
広報 QTC-Japanのホームページ http://qtc-japan.com/2001 で運用中ぺディションの詳報を掲載します。
その他 時差 : トンガ JST+4H ,サモア JST-20H (前日の+4H)
       (トンガ GMT +13 ,サモア GMT-11 )
   日本が9AMの時、トンガは1PM、サモアは前日の1PM
Tnx info JA0SC

4.MIRが落ちてくる!!
  報道によると、宇宙からのSSTV生中継で話題になったロシアの宇宙ステーションのMIRがいよいよ今月13日に高度を下げ南太平洋に落下する模様です。

アフリカ上空でのコマンド後のタイミングが悪ければ合計21トンもの残骸が宇宙から日本付近に落下する可能性も残っているようです。予定の13日の前には各種の報道機関からアナウンスがあると思います。まさか落下直前の様子をSSTVで中継することは無いでしょうが何かと話題になったMIRの最後も注目しましょう。

また国際宇宙ステーション(ISS)からSSTVの運用が新たに計画されている模様です。こちらはこれから設備が充実してきますから長期間にわたって安定した運用が期待できます。

 ミールの落下軌道などの予想情報は http://www.nmt.ne.jp/~shuan/

5.来月のSSTVロールコールについて
来月のロールコールは通常通り第一日曜日に開催します。参加各局はマイクの順番が回ってきましたら宜しくお願いします。

開催周波数はいつも通りで、14MHz帯と7MHz帯で同時開催します。多数の参加をお待ちしています。

  次回のロールコールは 2001年4月1日 10:00JSTから

予定M/C 7MHz帯(7033KHz)  JH1PBB、JA3KYE
      14MHz帯(14.280または14.283MHz) JA7ND 、JE6KBH
まとめ

---------SSTV info-box 109 (Mar. 2001) ------------------
   ◆編集者:   中村正仁(JA6OAC)
   ◆情報は: ja6oac@ham-net.netja6oac@jarl.com まで 
Tnx H.P作成協力 : JR6FQF