www.ham-net.net/sstv forum 2002
Vol.126
2002年8月号 by JA6OAC
北九州市 中村

 ほぼ平年通りに梅雨が明け、一気に真夏モードとなり連日の猛暑が続いています。恒例のアクティビティコンテストも始まりました。YU1NRは相変わらずのハイペースでQSOポイントを増やしています。家族とのマッチングを調整し、無理をせずに体調を考えながら一ヶ月間の長丁場を楽しんでください。MMSSTV全盛となってますのでスコッティモードにこだわらずもっと早いモードも使ってコンテストを楽しんでみては如何でしょうか。なおコンテストに参加した方はログの提出も忘れずに。
今月のヘッドライン
1.ソフトウエア情報
 1-1 MMSSTV Ver1.08
 1-2 SSTV−PAL+ Ver Bata 29Jul 02版
 1-2 HAL-PSK31 V3.0B (8月3日版)
2.一般情報
 2-1 DXペティションニュース (VK9)
 2-2 7月号のディジタルボイスの補足
3.SSTVロールコールについて

1. ソフトウエア情報
1-1 MMSSTV Ver1.08
 1.07の発表から数回のテスト版を経て1.08が正式に発表されました。Ver1.07から変更された主な機能は

 (1)ノッチフィルタが追加。
   受信中のビート混信をノッチフィルターで除去します。スベクトラム表示画面などで左クリックした箇所に設定、右クリックで解除出来ます。
 (2)「テキストの色と設定」画面にMSGボタンを追加
   MSGエリアに提携文字列を登録しておけばダブルクリックで呼び出すことが出来ます。
 (3)ストックテンプレート画面のページ数を4ページに変更
 (4)コンテストの重複チェックにJASTAコンテストのオプションを追加
   14MHz以上の同一日のSSTVモードにヒットするとコールが赤で表示されます。
 (5)LMSフイルタの動作選択にオートノッチを追加

  JE3HHT森さんのホームページ http://plaza27.mbn.or.jp/~je3hht/
1-2 SSTV-PAL+ Ver Bata 29 Jul 02 (2002年7月29日版)
 先月まではMSSTV−PALとSSTV−PAL+の二つの表記をしてしてましたがFTPやメイン画面の表記も統一され「SSTV−PAL+」となりました。
 画面の表示が従来の320*256のみとなってましたがやっと大画面の高画質(640*496など)モードがサポートされました。大きな画面で受信すると左端に小さくスペアナ表示されチューニングの補正も簡単です。
 このほか送信位置表示がバッファの読み出し位置を「赤」、実際の送信位置を「緑」で表示するなど細かに修正されています。

  SSTV−PAL+のFTPページ http://users.origin.net.au/~crac/
  SSTV−PAL+ 2002年7月29日ベータ版  EXEUpdateSSTV-PAL+-29Jul02.zip : 288KB
1-3 HAL-PSK31 Ver 3.0 Bata (8月3日版)
 JE4IVN 児島さんが設計のHALPSK31に森さんのMMSSTVエンジンを追加しSSTVモードを追加したものです。発表以来連日のように細かな修正とバージョンアップが繰り返され、現在は「8月3日版」が発表されています。

 当初はプログラム起動時にメニュー下部のモード部分をクリックすることによりSSTVモードに切り替える必要が有りましたが、最新版ではSSTVモードで終了した場合次回の立ち上げ時にそのままSSTVモードで起動するようになりました。またアクティビティコンテスの開催に合わせ、コンテストモードをサポートし使いやすくなっています。

  SSTVが追加されたHALPSK31 Ver3.0のβ版は http://homepage2.nifty.com/je4ivn/ で公開しています。

  HALPSK31/3.00β 約0.7MB (最新公開日:現在は8/3です)
 

2. 一般情報
2-1 DXペティションニュース (VK9)
 SSTV DX−QSOにアクティブなJA0SC吉池さんが今月末にココスキーリング島(VK9)からSSTV/RTTYで運用します。アクティビティコンテストのサービスを行っていただけます。コンテストの最後に珍カントリーとのQSOにチャレンジしては如何でしょう。

  2002年8月24日成田出発しオーストラリアのパース経由で25日現地時間14時過ぎにココスキーリング島に到着。
帰りは30日に現地を出発し31日に成田着の予定です。現地では約4.5日間に渡りVK9CIのコールサインでSSTV/RTTYを運用します。


  コールサイン VK9CI
  運用日程   2002年8月25日から29日まで
  運用モード  SSTV/RTTY
  運用周波数 21/28MHZ帯  SSTV:21.343MHz  RTTY:21.080MHz RTTY
  使用機器   FT-100+FL200BDX 最大200W CY−153 3エレ八木
  使用ソフト   MMSSTV & MMTTY
  QSL      ホームコールのJA0SCへSASEダイレクト

                                         SSTV PDXB メーリングリストより
2-2 7月号のディジタルボイスの補足
  今年のハムベンション2002でのディジタルボイス関連の詳細がTAPRのページに掲載されています。各種発表資料や実際のフォーラムでの発表の様子(音声)を2時間以上も収録した物など多岐に渡って公開されています。興味ある方はご覧になって下さい。

  TAPRハムペンション2002関連ページ http://www.tapr.org/tapr/dv/index.html

3. SSTVロールコールについて
3-1 先月のロールコール
   7月分のロールコールはM/Cの都合が付かず開催出来ませんでした。コンディションもいまいちの状況の中全国各地でスタンバイしていただいた各局、開催出来なかったことをお詫びします。
なお、以前より担当M/Cの都合が付かない場合はM/Cがそれぞれ代理M/Cをお願いしてますがそれも手配が出来ない場合は残念ながら休止となります。
今後は事前に欠席が確定した場合にはHam−net/sstvのページに「ロールコール有無」のアナウンスをします。
  
3-2 来月のロールコール
    次回、2002年9月のロールコールは通常通り第一日曜日に開催します。
  開催周波数はいつも通りで、14MHz帯で開催します。M/Cの指示に従ってチェックインしてください。多数の参加をお待ちしています。

  次回のロールコールは 2002年9月1日 (日) 10:00JSTから

  予定周波数  14MHz帯(14.280または14.283MHz)
  予定M/C  JA7ND  、JE6KBH
3-3 今月の 14MHz ロールコール結果
7月のロールコールは私も、川嶋さんも都合が付かず欠席、また他の方もどうしても都合が付かず、中止となってしまい、申し訳ありませんでした。今後はこのようなことのないよう良く連絡を密にし、皆さんからの手助けをいただき続けていきたいと思っております。

秋田の今朝は、早朝から雷と、豪雨で大変な天気になり、電波もノイズ混じりでコンディションが悪く、ご迷惑かけたと思ってます。

***JH7MRY千田さんからチェックインいただき、今までのコール「JE7MET」から今のコールに復活しましたとのコメントいただきました。***

今日は夏休み中で家族でお出かけされた人もおってか、チェックインいただいた方は10人でした。

***チェックインいただいた局***
*JH1PBB,
*JR2BCT,
*JA3CFH,
*JA6AQV,JA6OAC,
*JA7HHW,JH7NRY,
*JA8KFP,JA8RQH,
*JA0AKM,

間違い等ありましたら連絡ください。訂正させていただきます。

        M/C  JE6KBH,JA7ND

掲載責任 JA7ND
E−mail:ja7nd@jarl.com
      ja7nd.hana.or.jp

 お知らせ
 この所仕事が急に忙しくなり、連日東奔西走し毎日てんてこ舞いの状態です。さらに一件の出張が長期になり、ますます情報収集が困難になってしまいました。8月分のまとめは愛知県安城市で、9月分のまとめの8月最終週は新潟市に2週間滞在のまっただ中の予定で今月よりもさらに困難が予想されます。各局、情報提供よろしく。
--------- SSTV info-box 126 (Aug.3 2002) ------------------
   ◆編集者:   中村正仁(JA6OAC)  
   ◆情報は ja6oac@ham-net.net まで