www.ham-net.net/sstv forum 2002 Vol.130
2002年12月号 by JA6OAC
北九州市 中村

 木枯らしが吹いたと思ったら晩秋に逆戻りし、短かった秋の感触を再び感じる今日この頃です。長期予報によると今年は暖冬とのことですがうまく当たるのか?
 
 気が付いたら今年も早い物であっという間の一年でした。ディジタルSSTVの予感がした年ですが実現はまだまだです。来年に期待しましょう。



 

今月のヘッドライン
1.ミーティング情報
1−1 第13回SSTV全国大会in横浜
2.ソフトウエア情報
2−1  ISSTV Ver1.07
2−2 その他SSTVソフト
3.一般情報
3−1 ウクライナSSTVコンテスト
3−2 QTC Japan SSTV コンテスト
4.SSTVロールコールについて
4−1 来月のロールコール
4−2 今月のロールコール結果

1. ミーティング情報
1−1 第13回SSTV全国大会in横浜
  大会事務局より来年のSSTV全国大会の申込みなど詳細が公式案内ホームページにて発表され、同時に申込み受付も開始されました。今回は会場の関係で参加申込者数が最大100名に設定されています。参加を希望する方は早めに申し込んでください。なお案内その他の詳細は公式案内ページで再確認してください。
開催日時  平成15年5月10日(土)〜11日(日)
受付時間  10日(土)15:00〜1 7:00(予定)
前夜祭 (宴会等)  10日(土)18:00〜2 1:00(予定)
全国大会(講演等)  11日(日)08:30〜1 1:30(予定)
開催場所   鶴見パールホテル
 (シングルルームがメインのビジネスホテル)
 所在地:横浜市鶴見区中央1−21−13
  TEL:045−501−8080
  FAX:045−502−7159
  ホテルのホームページはこちら
  http://www.pearlhotel.co.jp/tsurumi/index.html
会  費  16,000円を予定
 (ベッドが必要な未成年は10000円
 内訳は、1泊朝食付+宴会費+お楽しみ抽選会 賞品代+郵送費
注意事項  ・会場の都合で宿泊込みのオールインワン扱いのみ。当日のみとか前夜祭のみなどの区分はありません。
 ・宿泊はシングルルーム(家族のみツインルーム可)
申込み受付  平成15年2月末日までにe−mailか郵便はがきで申し込む
 会場の都合で参加申し込みは100名迄で締め切ります
 ・e−mailの場合  JA1CJB熊谷さん(ja1cjb@jarl.com)まで
 件名は「全国大会申し込み」としてください。

 ・郵便はがきの場合
  〒239−0803 横須賀市桜が丘2−20−5−551
                          熊谷昭志 あて
  件名は「全国大会申し込み」としてください。
  * 郵便番号 ・・・(7桁のすべてを必ずお願いします)
  * 現住所 ・・・(案内書等を送りますので詳細にお願いします)
  * 電話番号 ・・・(名簿用の扱いは注記を参照ください)
  * (eメールアドレス) ・・・(名簿用の扱いは注記を 参照ください)
  * 氏名(コールサイン)
  * 氏名(コールサイン) ・・・(家族で2名以上の場合の例です)
  * 氏名(コールサイン)子供 ・・・(子供の場合は、付記してください)

 ※参加者名簿に電話番号や、eメールアドレス等を記載してほしくない場合は、その旨を該当項目に付記してく ださい。例えば(・・・名簿不記載)など。
受付確認  インターネット公式案内ホームページのFAQのページに掲載します。
葉書で申込みした方もインターネットで確認してください。
締め切り発表  100名を越えた場合の締め切り発表も同ページで行います。
締切り該当日の扱いは、当日到着した郵便はがきを優先し、eメールは発信日時の早い順とします。(受付に洩れた場合はご容赦願います)
会費払い込み 平成15年3月末日まで
  申し込み者には、郵便局の振り込み用紙(口座等印刷済み)を郵送。
 ● 振り込み用紙(案内書等も同封)の郵送期日は申し込み締切り後となります。
 ● 払い込みを確認した場合はホームページの申し込み受付け者欄にマークを付します。
 ● 期限までに払い込みも連絡も無い場合は申し込みを取消すことがあります。
キャンセルと返金 参加キャンセルによる返金は、キャンセル料や共通経費を差し引いた残額をお返し致します。なお、知人が代って参加する場合は、名義変更をするものとし、返金は致しません。
その他  ・オークションやジャンク市などは予定なし
 ・お土産交換会は従来通り実施。(1000円程度のお土産を持参してください)
問い合わせ   JI1QYY金谷さん(ji1qyy@jarl.com)へe-mailのみ受付します。
 問い合わせメールの件名は「13SSTV」としてください。
 回答は公式案内ホームページのFAQコーナーでのみお答えします。
公式案内ホームページ  公式案内ページとしてJA1CJB熊谷さんのホームページに設置されました。
 おなじみの6mSSTV運用のコーナーもご覧下さい。
  http://homepage2.nifty.com/ja1cjb/
 

2. ソフトウエア情報
 今月はソフトの発表ラッシュでした。常連のソフトに混じりインターネットを利用した新しい通信方式のSSTVソフトが登場しました。
2−1 ISSTV Ver1.07
  通常のSSTVソフトにインターネットのアクセス機能を追加したユニークなソフトになっています。このソフトもMMSSTVエンジンを利用して作成されています。大まかな感じではYAESUのWIRESと同様に通信回線の途中にインターネット回線を利用した新しい方式のSSTVソフトです。このソフトをセットしインターネットで相手局とリンクしているとローカルでQSOしているように外国局とも簡単にQSOが出来ます。

 例えばISSTVとトランシーバーを接続している局がローカルに居たとすると(HF帯にしておくともっとサービスエリアが広がりますが)その局に画像を送信するとISSTVで受信完了後自動的にインターネットでリンクされた相手局に数秒で伝送されます。リンク先の局が無線機を接続していればさらに自動的にいつものSSTVで送信されます。

 オンライン局の選択やリンクの設定などはISSTVを立ち上げている局側の操作が必要ですがいったんリンクしてしまえばリンク先の局との交信はインターネットを挿んでいることなど全く気にすることなく交信できます。ただ通常のSSTVの交信の様に音声と交互の交信にはなりませんから送信する画像には文字を入れていた方が良いでしょう。さらに画像送信後、相手が応答画像を送信してくる迄はちょっと空白の時間がかかりますからこの点は慣れが必要です。

 またこのインターネット回線部分のみを利用するとオンライン局とは数秒で画像の送信が可能でSSTVとはまた違った画像の交換が楽しめます。オンラインで次々とリンクしていくとあっという間に世界中とノーノイズ画像の交換が出来ます。
  またワッチのみのつもりでも突然画像が送ってきてびっくりします。意外なところで思わぬスリル満点のソフトです。

 インターネット側のルーターの設定(PORT27222をtcpでOPENする)がちょっと必要ですが、オンラインで誰が出ているかの確認程度だったらソフトをそのまま立ち上げれば確認出来ます。この状態で画像送信は可能ですが受信出来ない状態で送信するのは御法度です。ちゃんと受信設定を行ってから送信テストを行ってください。

  
     ISSTVの概略系統図
無線機 ISSTV 〜〜〜〜 インターネット網 〜〜〜〜 ISSTV 無線機

インターネットだけの動作概要

ソフトを起動すると直ぐにOnlineCallsに現在同時にソフトを起動している局が表示される。
交信を希望する局をダブルクリックするとInfoに相手局のIPアドレスを表示し送信の準備完了。
 Sendをクリックし画像を選択すれば数秒で送信完了。
(画像フォーマットはBMPフォーマットのみに対応)
 画像に文字入れはSSTV−PALなどで画像を加工し、クリップボード経由で貼り付ければ簡単、JPEGフォーマットなども使用可能となる。

 InfoにFile sent で正常送信完了。そうでなければ相手がまだ受信設定していない状態。
 受信は画面左下のINETの右側エリアにRXの表示がてる。その後数秒で画像受信が完了し一瞬に表示。 受信画像は自動的にセーブ。
 (送信画像には必ずコールなどを入れておいた方が送信局がわかってFBです。)

 ルーターに設定が必要です。 ネットワークゲームに対応しているルーターで有れば簡単に設定可能です。ISSTV用のルーターの設定などは ここ(http://www.ham-net.net/sstv/isstvinfo.htm)を参考にしてください。
 

ISSTVで交換した画像サンプル 
 インターネットで直接交換した画像です。当然のことですがノイズレズの画像です。実際の画像は320*256のBMPファイルでセーブされます。いつもと同じ画素数ですがなぜか非常にシャープな感じがします。
 実際にOnlineCallsに表示されたDX局のコール(テスト局も交信可の局も含みます)
 
 DO1SC , DO2WO , EA3VF , EA5UB−R , EA8EE−L , G0KTD , G1XMJ , G4CAO
 G4LSX , GW0FJQ , KF4HJW−L , KO8OK , M1AZZ , M3ARB , M3GPC , N0UMD , OE1UTC
 ON1OE , OZ2HNS , OZ8AAS ,PD3GO , PD3WAC , PE1ABV , RV3DHC−L
 UA6JR/3 , VK4GO , VR2VRT , WB5HKK , WW5WDN−L

   
DO9AJH DO9AJH EA3VF
WB5HKK M3ARB M3ARB
EA3VF OZ2HNS WB5HKK
WB5HKK WW5WOW WB5HKK(Tnx JA6AQV)

 ISSTV Ver1.07 は ISSTVのホームページ http://www.hb9tlk.com/isstv/ からダウンロードしてください。

 
2−2 その他SSTVソフト
(1) MSCAN Ver 3.201
 Ver3.20が発表されたあと、11月9日に修正版がVer3.201として公開されました。
 MscanJapanのホームページに日本語マニュアルもアップされています。
 
 詳細はこちら http://www.tim.hi-ho.ne.jp/ja6ap/mscan/sstv_soft.html
(2) BigSSTV−PAL 17Nov02 (11月17日アップデート版)
 BigFullInstallSSTV−PAL+(11月2日版)に続き11月17日アップデート版が11月30日に公開されました。
  ファイル容量は約300KBです。
 ダウンロードはこちら。http://users.origin.net.au/~crac/
(3) JVcomm32 Ver1.28 pre
 11月はめまぐるしく修正版が発表されました。FAX,NAVTEX系の修正が主な改良点です。SSTVには直接関係はありませんが常に最新版を必要としている方はダウンロードしてください。なおインストールソフトの関係から現在インストールしているJVComm32をリネームか消去してからインストール作業を行なわないと新版に上書きされません。

 JVComm32 Ver1.28 pre
 ファイル名 instjv128pre.exe (9905KB 2002/11/27 22:03)
 ダウンロードはこちら。   http://www.jvcomm.de/downloadpre.html
おまけソフト APRS Tracking Software UI-View free version

 ISSTVを運用していたらVK4GOから紹介されたソフトです。SSTVとは直接関係は有りませんが
 ARPS(Automatic-Position-Report-System)のトラッキングソフトです。こちらもインターネット経由で世界中にネット
した局で運用されます。 興味のある方はVK4GOのページからダウンロードして試してみてください。
  VK4GOのホームページは http://www.vk4go.com/

3. 一般情報
3−1 ウクライナSSTVコンテスト2002
 来週の土日にウクライナアマチュア無線連盟(UARL)主催のSSTVコンテストが開催されます。SSTVコンテストとしては今年最後の開催になると思います。なお日本国内間の交信も有効となっていますのでチャレンジしては如何でしょう。

Ukrainian SSTV Contest 2002
開催日時  2002年12月7日 12:00UTCから12月8日 12:00UTC迄
モード  SSTV
バンド  80,40,20,15,10 Meter
部門  A=Single Op All Bands - SOAB
 B=Single Op Single Band (80m) - SOSB (80m)
 C=Multi Op Multi Bands single transmitter - MOMB
 D=SWL (as category A)
呼び出し  Calling: CQ UKR Contest
コンテストナンバー  RSV + 001から始まるシリアルナンバー
 
 ウクライナ局はRSV+2文字の地区記号
  VI, VO, LU, DN, ZH, ZA, ZP, KO, KI, KR, LV, NI, OD, PO, RI, DO, IF, SU, TE, HA, HE, HM, CH, CR, CN, KV, SL.
ポイント  ・自国内局とのQSOは1ポイント。
 ・同一大陸地区の局とのQSOは2ポイント。
 ・他の大陸局とのQSOは3ポイント。
 ・ウクライナ局とのQSOは10ポイント。
マルチポイント  DXCC+WAEカントリー+バンド毎のウクライナ地区(Ukrainian regions)数の合計
合計ポイント  QSOポイント×マルチポイント
 各部門1位に賞状
 First place certificates will be awarded in each category for top scoring station in each country.
失格事項  ・コンテストルール違反を行った場合。
 ・卑猥な画像や政治的や宗教的な画像を送信した場合
 ・コントロールナンバーを音声で送信した場合。
ログの提出  Logs must be in accordance with generally accepted formats, separate for each band.

ログの送付先
Nick Derenko
ul.Lunacharskogo 42, kv.34
Romny 42000 , UKRAINE.

e-mailの宛先  us8ar@qsl.net  または us8ar@sm.ukrtel.net
UARL - Ukrainian Amateur Radio League

3−2 QTC−Japan SSTVコンテスト 2003

 来年のお正月に恒例のQTC−Japan主催のSSTVコンテストが開催されます。お正月にのんびりと参加しては如何でしょうか。
 
QTC−Japan SSTVコンテストルール (一部抜粋)
日時 2003年1月2日0:00〜1月3日24:00UTC
バンド 全てのアマチュアバンド
呼び出し CQ SSTVコンテスト
コンテストナンバー RSV+001からの連続番号

コンテストルールの詳細はQTC−Japanのホームページの右上の部分をクリックして下さい。

QTC−Japanのホームページ は http://qtc-japan.net/2001/

4. SSTVロールコールについて
4−1 来月のロールコール
   2003年お正月のロールコールは通常通り第一日曜日に開催します。新春最初のロールコールにびっくりお年玉スクープが発表されるかも。期待して参加してください。なお開催周波数はいつも通りで、14MHz帯のみで開催します。
M/Cの指示に従ってチェックインしてください。多数の参加をお待ちしています。

  次回のロールコールは 新春1回目
         2003年1月5日 (日) 10:00JSTから


  予定M/C  14MHz帯(14.280または14.283MHz) JA7ND  、JE6KBH
4−2 今月のロールコール結果

  本日はJA7ND 相馬さんが所用のため欠席。急遽JH8CGU 清水さんに応援をお願いしました。情報も少なめでしたので30分で終了しました。

TNX JH8CGU 無理やりお願いしてごめんなさい。

《参加局》
 M/C:JH8CGU JE6KBH
1.JH1HBK JA1HHL JA4BBL/1
2.
3.JA3CFH
4.
5.
6.
7.JN7IXZ
8.JA8RQH
9.JA9SSX JA9AQP
0.JA0SC

 以上 9局(MCを含まず) でした。

******************** その他の情報 ******************************
JA0SC/吉池さん
 先月のVK9LIによるペディション結果をQTCのHPに掲載しています。

JN7IXZ/久保さん
 MMSTV Ver1.08 test版がアップされています。バグ対策と終了時間が多少早くなったようです。

 各地区の活動報告やソフトのバージョンアップなど、その他諸々の情報提供をお願いします。毎月末日までに提供いただければ、ロールコールに間に合います。


・・・■E-mail : -- GEG00075@nifty.com or je6kbh@jarl.com
・・・■URL : http://www.hitoyoshi.net/cyoppo/index.html
■■■■ Hobbyland HamRadio & Satellite    /
_______________________________
【HIROfumi Kawashima】

  まとめ
 今年は最初からディジタルSSTVの話題で期待されましたが、残念ながら具体的に交信テストの発表もなくなかなか手強い物が有る模様です。AORのディジタルモデムの開発も着々と進んでいるようですから来年こそはと期待がふくらんでいます。
 ところで例年の事ですがこのまとめをやっているのは当然の事ながら11月末。後一ヶ月残った状態で新春の話題はいつも辛いところです。一ヶ月間のまとめとしてのInfo-BOXもちょっと先詰まりの感だったので先月からham-net.net/sstvにも速報コーナーを設置しタイムリーな話題は出来るだけ早く公開する方向に変更しInfo−BOXはさらにまとめの傾向を強める方向に変更しました。如何でしょうか。
--------- SSTV info-box 130 (Dec.1 2002) ------------------
   ◆編集者:   中村正仁(JA6OAC)  
   ◆情報は ja6oac@ham-net.net まで