SIX NEWS plus February '08
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Niue, ZK2PM.
 Phil McGill:VK3APM (ex-VK3KIE) は、Niue に戻って ZK2PM で QRV しており、14183kHz
の ANZA Net に時々チェックインしている。 彼は 14MHz の 1/4モノポール(=GP)アン
テナをトタン屋根に上げており、IC-706 と小型アンプを使っているとのこと。 50/144MHz 
はモノポール・アンテナを使い、他のバンドはアンテナ・チューナーとの組み合わせやダイ
ポール・アンテナなどを使っている。 台風シーズンが終わればアンテナを増強して HF〜430
MHz まで QRV したい意向。 Phil は向こう1年程度 Niue に滞在する見込み。 QSL は 
VK3APM 宛へ。

*Tonga, A35RK.
 Paul:A35RK は 50MHz の 4el 八木と 50MHz 専用の FT-857 を入手し、このところ 50MHz 
バンドをモニターしているとのこと。 彼はまだインターネット環境が整っていないが、接続
可能になれば、VK/ZL の 50MHz 愛好者が多く「ワッチ」している www.vklogger.com の 
Website に出てくるものと思われる。

D.R. Congo, 9Q1EK. Update.
 Georges:9Q1EK は HF のリニアアンプを入手し、1.8-50MHz に QRV している。 50MHz 
は 200W+3el、10-30MHz は 6el ログぺり、3.5/7MHz はダイポール、1.8MHz では 51m 長
のインヴァーテッドLを使っている。 彼は近々新たな設備を構築する予定。 詳報は
http://www.ve2ek.blogspot.com/ の Blog を参照のこと。

*Sweden, SF700BF.
 Kungalv Radio Club (SK6NL) のメンバーは、Bohus 要塞の 700周年を記念して、南
スウェーデンの Kungalv から SF700BF を 1.8-50MHz と 430MHz で 2008年一杯運用する。
QSL は SK6NL で受け付ける。 Bohus 要塞のアワードなど、詳報は http://www.sk6nl.com
を参照のこと。

*Falkland Islands, VP8NO.
 Falkland諸島の Port Stanley に住む Mike:VP8NO は、このほど Elecraft K2+トランス
バーター+ ACOM リニアアンプに 5el を設置して 50MHz への QRV を始めた。 彼は既に
Stanley の Bob:VP8LP と QSO している。 Mike は DX との QSO を望んでいる。

【ペディション関連】
*Spain, EA7/DH6DAO.
 Ray:DH6DAO は 6月25日〜7月9日にスペインの IM86ar から 50/144MHz の CW/SSB を運用
する。 昨年は 50MHz で多くのイギリス・フランスの局との QSO に成功した。 コール
サインは EA7/DH6DAO になる見込み。

*Denmark, OZ/DL4VM. EU-125.
 Tom:DL4VM は 9月6〜20日にデンマークの Romo島 (IOTA:EU-125) から OZ/DL4VM のコール
サインで 7/14/21MHz と、コンディションにより 28/50MHz の CW/SSB を 5W の QRP で運用
する。 QSL はホームコール宛にビューロー経由またはダイレクト (Thomas Scheliga, 
Stockenbruch 12, 66119 Saarbr, Germany) で請求のこと。

*Belize, V31TB, V31WO.
 Rick:KT7G と Jake:N7WO は 2月6〜19日にベリゼから V31TB 及び V31WO のコールサインで
1.8〜50MHz に QRV する。 彼らは V31MD のロケーションから運用し、滞在期間中の CQ WW
RTTY contest (2月9〜10日)に V31TB で、ARRL DX CW contest (2月16〜17日)に V31WO の
コールサインで参加する予定。 滞在1週目は RTTY を中心に、2週目は CW をメインに運用
する。 QSL はそれぞれのホームコール宛へ、LoTW でも受け付ける。

*Aruba, P40ZB.
 Garry:K9WZB と奥さんの Sharon:K7WZB は 4月16〜24日に Aruba から P40ZB で 7/14/18/
21/28MHz と 50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 QSL は K9WZB 宛にダイレクトで請求の
こと。

*Ecuador, HC1MD.
 エクアドルの Tumbaco(標高 2355m、FI09ts)から NE8Z の運用により HC1MD が 2月
7〜14日及び2月21〜27日に QRV する。 Carolina Windom アンテナ+700W で 3.5-28MHz 
を、Moxon SM-50 アンテナ+100W で 50MHz のそれぞれ CW/SSB を運用する。
2月14〜21日にはブラジルに行き、Rio de Janeiro の Copacabana から "99% はビーチ、
無線は 1%" の予定で PY1/NE8Z を運用する。 QSL は K8LJG (John C. Kroll, 3528 
Craig Drive, Flint, MI 48506 USA) 宛へ。

*Jan Mayen, JX/G7VJR.
 Michael:G7VJR は、6月27日〜7月4日に Jan Mayen (IOTA:EU-022) から JX/G7VJR のコール
サインで QRV する。 運用スタイルは、テント+発電機を使ってヴァーティカル・アンテナと
100W で 10/14MHz より上のバンドで電波を出す予定。 コンディションが良ければ 50MHz でも
ビーコンを出す意向。 QSL はホームコール宛にビューロー経由またはダイレクトで請求のこと。
更報は http://www.jx08.eu/ を見られたし。

*St. Kitts, V4/W5JON.
 John Abbruscato:W5JON は 10月22〜31日に西インド諸島のセントクリストファー・ネーヴィス
(セント・キッツ)から 1.8-50MHz の SSB を中心に運用し、滞在期間中の CQ WW SSB contest 
にも参加する。 運用場所は山の頂上で 330°は障害物が無い。 コールサインは V4/W5JON に
なる見込み。 設備は ICOM:IC-7000 に 400W アンプ、アンテナは Alpha Delta の1.8-28MHz
ダイポールに 50MHz は3el を持ち込む。

*Italy, IA5/ON7ARQ. EU-028.
 ON7ARQ は、昨年同様 Elba島 (JN52, IOTA:EU-028) から 6月6〜16日に 14/50/144/430/1200
MHz を運用する。 設備は 14MHz:50W+ダイポール、50MHz:10W+ヴァーティカル、144MHz:
20W+4el、430MHz:5W+ヴァーティカル、1200MHz:2W+16el で、1200MHz では ATV も運用
する。 リグは kenwood:TS50, FT817, FT290, FT690 などを持ち込み、週末には VHF Contest
に参加する予定。

*Scotland, GM---. EU-123.
 The Middlesex DX Group は、10月4〜10日に Arran島 (IO75, IOTA:EU-123) から 1.8-430MHz
の QRV を計画している。 コールサインは申請中、詳細後刻。

*Cayman islands, ZF2NU (+ZF2UU & ZF2BE).
 Leigh:WA5ZNU の一行は、3月23〜31日に Grand Cayman から ZF2NU 及びZF2UU, ZF2NE の
コールサインで運用する。 Elecraft K3/100 と 14-50MHz 用の Cushcraft R6(ヴァーティ
カル)と 106フィート(約32m)のロングワイヤーアンテナを持ち込み、ZF2NU は CW/SSB/
PSK/RTTY で、ZF2UU 及び ZF2NE は SSB で QRV する予定。 QSL は WA5ZNU 宛へ。

*Cayman islands, 6m EME skeds from ZF2ZD in EK99GI June 26-July 6, 2008.
 この6月に Cayman:ZF から運用する Mario:K2ZD から 50MHz EME に関する相談をうけた
Lance, W7GJ は、ZF からの EME の可能性を算出した。それによると JA 向けには殆ど時間
の制約は無いが、UN 向けは 6月30日 及び 31日の ZF の月の出、BY 向けは 7月5日及び 6日
の ZF の月の出、OH 向けでは 7月1日の ZF の月の入りの短時間に限られるなどの制約が
ある。 また、6〜7月はスポラディックEの発生時期であることから、ZF の月の出及び
月の入りの時間帯はスポラディックEの発生により、EME QSO が妨げられる恐れがある。
これらのことを考慮の上、EME による ZF とのスケジュール QSO を強く希望する局があれば、
W7GJ に知らせられたし。 Mario:K2ZD は現地からインターネットにアクセスできるだろう
とのこと。 設備は 1kW+5el (6M5X) 以上で、EME の QSO モードは JT65A にする予定。

*Cocos island, TI9KK.
 本サイトの 2007年11月号でお伝えした Cocos島からの運用は 2月6〜14日の予定で QRV、
コールサインは TI9KK に変更になった。 メンバーは YL Yamini:VU2YAM, Oscar:EA1DR, 
Carlos:EA1IR, Fred:DH5FS, Norbert:DJ7JC, Guenter:DL2AWG, Arno:OE9AMJ, Andy:DH8WR/
EA2CRX, Manfred:HS0ZEU/DL2EBR, Joe:AA4NN, Charles:W4GMY そして Craig:K9CT の 12名。
現地には7セットを設置し、5MHz帯を含む 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK に QRV する。
50MHz は 100W+ヴァーティカル・アンテナで、50.110MHz でビーコンを出す予定。 EME 
は 144/430MHz でチャレンジするが、50MHz では EME の運用計画は無い。 このペディ
ションに関する情報は http://www.ti9.eu.com で得ることができる。 今回のペディション
の運用地は EJ65lm で、予定周波数は次のとおり。

               CW      SSB     RTTY      PSK
   1.8MHz   1.815*   1.845    1.838    1.838 *ヨーロッパ向けに1.830MHz の CW で QRV
   3.5MHz   3.515    3.794    3.590    3.580
     7MHz   7.015    7.089    7.038    7.035
    10MHz  10.110   10.135   10.140   10.140
    14MHz  14.015   14.205   14.080   14.070
    18MHz  18.076   18.155   18.100   18.100
    21MHz  21.015   21.260   21.080   21.080
    24MHz  24.910   24.950   24.920   24.920
    28MHz  28.015   28.495   28.120   28.120
    50MHz  50.100   50.120   50.080   50.080

*Sable island, CY0X. Update.
 6月25日〜7月5日に運用が計画されている CY0X の Website は http://www.cy0x.com/
に準備された。 設備は CY0X が 800W+7el に変更されている。

*Honduras, HQ8R Swan Islands 2008 DXpedition Synopsis.
 HR2J:Javier の発案による 2008年の Swan島 (EK86kb, IOTA:NA-035) への DX ペディ
ションは、Radio Club de Honduras のサポートを受けるが、その概要をお知らせする。
このペディションでは、現地に SSB:2局、CW:1局、RTTY/PSK31:1局及び 1.5kW 出力
の EME:1局の5局を設置し、1.8-50MHz と 144MHz の EME を運用する予定で、現時点で
10人のオペレーターを世界中から募集している。 このペディションへの参加者は、San 
Pedro Sula から島までの食事込みの往復費用で US$700。(=ホンジュラスの San Pedro 
Sula までは自前で来ること) 計画では 3月15日に Trujillo湾の Castilla 海軍基地を 
85フィート(約27m)長のホンジュラス海軍の艦船で出港し、エアコン付きの快適な旅を
して 25日に帰港する予定。 ログや写真、映像を Website にアップロードするために、
人工衛星を使った高速インターネット回線を準備する。  http://www.hondurasdx.com/
に詳報をアップしている。

*Duice island, VP6DX. Update.
 このペディションに関する一部の情報は VP6DX の Web page である
http://ducie2008.dl1mgb.com/news/index.php にアップしている。
 現時点で、ドイツとアメリカから送ったペディション用の荷物はニュージーランドに
到着しており、このペディションで使用する船である "Braveheart" の母港である
Tauranga へ運搬中。 QSL に関する情報を http://www.vp6dx.com に追加したので
ご覧戴きたい。

*Clipperton island, TX5C. Update.
 Clipperton島からのペディション:TX5C のカウントダウンが、ウェブサイト上で始まった。
このペディションを運用する国際チーム 20人のオペレーターは 2月28日に出港し、島からは
3月7〜17日に 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。 先に Alpha Radio が、このペディ
ションのスポンサーになることを発表した。 このペディションでは専ら Alpha Radio の
リニアアンプが使われることになる。 また、TX5C のパイロット局〜Paul:VE7BZ, Jean-
Michel:F6AJA 及び Chris:DL5NAM〜が発表された。 ペディションの詳報は TX5C のウェブ
サイト:http://www.clipperton2008.org を参照されたし。

Netherlands, PA/DK5TX. EU-146.
 Ulf:DK5TX は、オランダの Goeree Overflakkee から 2月11〜17日に PA/DK5TX のコール
サインで 3.5-144MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。 QSL はホームコール宛、ビューロー
経由が望ましいが、QRZ.com のアドレス宛のダイレクトも受け付ける。 リクエストは
dk5tx(at)gmx.net にメイルすること。

*Croatia, 9A0CI. EU-016.
 IOCA Group のメンバーは、5月2〜10日にクロアチアの Susac島から 9A0CI のコールサイン
で 1.8-50MHz のオールモードを運用する。 ペディションのメンバーは Daki:9A2WJ, Boki:
9A3KB, Emir:9A6AA, Fredy:DE0MST, Sven:DF9MV, Robert:DK1ROB 及び Mathias:DL5MFL の
7名。 9A0CI のコールサインでは6年前にも運用した実績がある。 滞在期間中、一部の
局は homecall/p で QRV する可能性がある。 QSL は運用者の指示に従うこと。

*Chile, CE/K2LZQ.
 Craig:K2LZQ は、3月3〜8日にチリの Patagonia (FE34) から運用する。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]