SIX NEWS plus July '08
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Afghanistan, YA4F.
 Nick:G4KUX は、アフガニスタンの首都 Kabul (MM64) に戻り、100W+4el で運用を
再開する予定。 次回の帰国は8月とのこと、この夏場の伝搬で多くの局にニューを
プレゼントしたいとのこと。

*Canada, VE2008VQ.
 カナダから特別局 VE2008VQ が 6月28日〜7月27日に 3.5-50MHz に QRV する。 この
局は Quebec市の創立400年を記念するもので、オペレーターは VE2HO, VE2AWR, VA2RIO, 
VE2TKH などのほか、 Quebec市のアマチュア達が運用するとのこと。 QSL は Serge:
VE2AWR 宛へダイレクトまたはビューロー経由で。

*Portugal, CS27R.
 CT1EHX, CT1GFK, CT1GPQ, CT1IUA, CT2IHP, CT1DVG, CT1EPS, CT2IOV 及び EA7AH の
チームは、7月14〜20日にポルトガルから特別局 CS27R を 1.8/3.5/7/0/14/18/21/24/
28/50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 この局は Faro で開催される第27回国際オート
バイ会議を記念して運用されるもの。 QSL は CT1EHX 宛へダイレクトまたはビューロー
経由で。

*Senegal, 6W. 
 JR2KDN からの情報によると、Peter:JK1UWY (ex-5N0NHD) が向こう1年セネガルに滞在
し、6W1SE のコールサインで運用しているとのこと。 現地からはウィークディの 1900-
2200z に 50.097MHz、出力 100W で W1/W2 向け(315°方向)にビーコンを出しており、
6月29日〜7月3日と、7月11日には 24時間運用する。 6W1SE の設備は 5el 八木+1kW で、
コンディションがオープンすれば、アメリカ東海岸との QSO には自信を持っているとの
こと。 Peter は 2009年に日本に戻り予定だが、現地からはオールバンドには QRV して
いないので、50MHz で優先的に運用するものとみられる。 

*Aruba, P4. 
 アルーバから特別局 P41USA が今年も運用される。 2001年9月11日のテロを追悼する
もので、9月3〜12日に FK52 から 1.8-144MHz で QRV する。 オペレーターは P49T
(W3BTX), P43JB 及び QSL マネージャも務める W3TEF。 

*England, G. 
 Walt:G3NYY は RAOTA (the Radio Amateur Old Timers' Association) の創立50周年を
記念して 7月6〜13日に GB50OT (GB-Fifty-OT) で 3.5-50MHz の CW/SSB 及びデジタル
モードを運用する。 QSL は G3VBE 宛へダイレクトまたはビューロー経由で。

*Kosovo, YU8. 
 8月上旬にスロヴェニア・コンテストクラブ (Slovenia Contest Club:SCC) のメンバー
が Kosovo から YU8/S56M のコールサインで運用する。 主目的は 8月9〜10日に開催
される Worked All Europe (WAE) CW コンテスト への参加。 Kosovo は WAE コンテスト
のみならず、CQ WW コンテストや CQ のアワードプログラムで1マルチ/カントリーと
して計上可能になっている。 WAE コンテスト前後には、50MHz を含むオールバンド・
オールモードで QRV する。 SCC は http://lea.hamradio.si/~scc にウェブサイトを
準備しており、更報をアップデートする。 QSL は S57U 宛へ。

*Ethiopia, ET3AA result.
 エチオピアの Addis Ababa に、この6月まで滞在していた Bob:ZL1RS (ex-YA1RS) は、
現地から ET2AA のコールサインで IC-706 と2x11el 八木で 144MHz EME にトライし、80局
との交信に成功した。 Bob は 50MHz にも QRV した模様。 彼はこの後ニュージーランド
に戻り、来年の太平洋各地からの QRV に向けて準備する。 彼の運用地リストとしては、
ZK1, ZK2, 3D2, A35, 5W1, YJ8, ZL7 などが候補に挙がっているとのこと。 Bob は
http://www.qsl.net/zl1rs にウェブサイトを準備している。

【ペディション関連】
*Liechtenstein, HB0/DL7JAN, HB0/DJ2HD.
 Jan:DL7JAN と Mathew:DJ2HD は、7月15〜19日に HB0/DL7JAN 及び HB0/DJ2HD のコール
サインでリヒテンシュタインから 3.5-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 QSL はそれ
ぞれのホームコール宛へダイレクトまたはビューロー経由で。

*Cape Verde, D4C.
 Massimo:IZ4DPV は、7月12日1200z〜13日1200z に開催される IARU HF World Championship
に、シングルオペレーター・オールバンド部門に参加すべく、カポ・ヴェルデから D4C の
コールサインで運用する。 コンテスト前後には 50MHz にも QRV する見込み。 50.034MHz 
の D4C ビーコンに注意のこと。 QSL は IZ4DPV (Massimo Cortesi, P. O. Box 24, 47100 
Forli'-Centro, Italy) 宛へ。

*Neth Antilles, PJ6/K2KW.
 Kenny:K2KW と XYL の Stephanie:KD8GKM は、7月1〜7日にオランダ領 Antilles から
PJ6/K2KW で 50MHz を中心に 7-18MHz に QRV する。 50MHz は 100W+2el、HF はダイポール・
アンテナを持ち込む予定。 運用地は標高 370m で、海岸から 900m の場所で、IOTA:NA-145、
グリッドは FK87。 アメリカ北東〜中西部方面とヨーロッパ、アフリカ方向のロケーション
は抜群とのこと。 可能であれば 7月8〜10日にオランダ領 St.Maarten から PJ7/K2KW で
運用する。 QSL は WA4WTG 宛へ。

*Denmark, OZ8MW/p. EU-088.
 Klaus:OZ7KDJ と Erik:OZ9V は、7月23〜28日にデンマークの Anholt 島から OZ8MW/p の
コールサインで 3.5/7/14/21/28MHz で運用し、50MHz でも FT-920+15mH の 5el で QRV 
する。

*UT9IO/p, UX3IW/p.
 Mike:UT9IO と Harry:UX3IW は、7月20日〜8月5日にウクライナの Zmeiniy島 (IOTA:
EU-182) から UT9IO/p 及び UX3IW/p のコールサインで 3.5-144MHz の CW/SSB/RTTY/
BPSK31 を運用する。 滞在期間中の IOTA コンテストにも参加の予定。 QSL はそれぞれ
のホームコール宛にダイレクトまたはビューロー経由で。

*Mozambique, C91CF a.o. Update.
 7月のモザンビークへの DX ペディションの続報。 計画では 7月16日の現地時間の夜
から運用を開始し、30日まで QRV する。 現地には CW 局と SSB 局の2セットを準備
する。 50MHz は M2 のビームアンテナとアンプを持ち込む。 オペレーターの一人、
Hal:ZS6WB は南アフリカのアマチュアの協力により、50-430MHz の EME の設備を準備
している。 現時点でのオペレーターは、Frosty:K5LBU/C91CF, Tom:NQ7R/C91TK, 
Jay:W5SL/C91SL, John:9M6XRO/C91XO(?), Bill:NZ5N/C91BD, Bob:K0OK/C91OK(?), 
及び Ben:DJ0YI/C91YI。 チームは http://www.tdxs.net/C9.html に、オンラインログ
サーチや最新情報を提供するウェブサイトを準備している。
 John:9M6XRO はモザンビークから、7月18〜23日にスワジランドに行き QRV する
計画を持っているが、目下のところコールサインなどは未定。
 C91XO(?) の QSL は M3SDE 宛へ、C91BD の QSL は WA4WTG 宛へ。 他の全ての QSL
は、それぞれのホームコール宛へ。

【その他】
*Grand band opening. 
◆W3UR からのリポート「6m ファンが束の間の大オープンを楽しむ!」
 6月27日(金)〜28日(土)は、アメリカ東海岸の VE1, VE2, VE3, VE9, VO1, W1, 
W2, W3, と W4, W8, W9 の北部及び W0 の東部で、マルチホップ・スポラディックE
による今年最高のビッグオープンに恵まれた。 アメリカの複数の局が、このオープ
ニングの様子をリポートしている。
 27日(金)のオープンは、アメリカ東海岸の日の出頃からスタートし、午後にも数
時間オープニングのピークを迎えた。  28日(土)は、金曜日とほぼ同じ時間から
オープンが始まり、午前中のコンディションが沈んだのは前日より少し遅かったが、
午後のオープンは無かった。 このオープンでアメリカから交信できた主な DX は、
4X4DK, 5B4FL, 9A1CCY, 9H1BT, AO6SA (EA6), CN8KD, CO2OJ, CT1HZE, CT3FT, CU2JT, 
CY0X, E77EY, EA3AKY, EA8/DL6FAW, EA9IB, EI5FK, F6FRR, G3LZQ, GD0TEP, GI4SJQ, 
GW3JXN, HA3UU, HB0/HB9QQ, HI3TEJ, I4EAT, IS0GQX, JA7QVI, KH7Y, LA8HGA, LY2BAW, 
MM0AMV, MU0FAL, OH1LEU, ON4KST, OX3KQ, OY3JE, OZ4VV, PA2M, S57RR, SM6CMU, 
SP3RNZ, TO5E, ZB3B そして ZF2BI など。 土曜日と日曜日の日本時間の朝に時間帯に、
K3TKJ や K1TOL は JA との QSO を記録している。

◆Iowa州 Jefferson (EN22) の Bill:W0WOI のリポート
 6月27日(金)〜28日(土)の 50MHz のオープンは、まさに「歴史的」といっても
過言でないほどの素晴らしいものだった。 北緯40°のエリアの中で、ミシシッピ川
よりも西部からヨーロッパにオープンした地域もあり、Iowa 州の EN21, EN22, EN32
では、27日2200z 〜28日0200z の間に、少なくとも3局が12〜15局のヨーロッパとの
QSO に成功している。 この地域からの最長 DX は、マルタの 9H1BT で 5500マイル
(8850km)の伝搬だった。 イギリスへは強力な伝搬であったが、ヨーロッパ本土は
多くが PA, ON, F, CT 及び EA であった。 MM0AMV, G3LZQ, G0JHC, GD0TEP の信号
は、59+35〜40dB を振っての強力に入感していた。

◆Iowa州、Missouri Valley の K0TVD からのリポート
 EN21 の K0TVD は 27日2230z 頃に、イングランドや北部アイルランド、オランダの
10局のヨーロッパとの交信に成功、その全てが彼にとっての「ニュー」であった。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/1 es KE1EO
木下司朗 in 東京/福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]