SIX NEWS plus September '08
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Afghanistan, T6. 
 アフガニスタンにおける最近の Ross:T61AA 及び VK4ADX/T61 のアクティビティは、
QRZ.com の T61AA からリンクを張っている Blog から情報を得られるとのこと。

*Bosnia and Herzegovina, E7. 
 Boris Knezovic:E73Y (ex T93Y, E73TW) の話によると、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの
通信当局は、4か月以上に及ぶ申請の審査を経て 2008年9月1日に 1文字サフィックス免許
を 54局に発給した。 1文字サフィックスは 115局から申請があり、今回はその 46.96%
に発給されたもの。 発給されたコールサイン・リストは、
http://www.rak.ba/hr/freq-mgmt/msword/OdlukaE7naRadiamateriHr.doc
のサイトで見ることができるが、残念ながら英語版はまだ準備されていないとのこと。

【ペディション関連】
*Nicaragua, YN. Update. 
 ニカラグアから Mike:H7/AJ9C と Jerry:H7/KE9I が 10月21〜30日に HF と 50MHz に
QRV する。 50MHz の設備は K3 トランシーバー (100W) と 3elクワッド、運用地の
グリッドは EK71xu。 QSL は Mike:AJ9C 宛へ。

*Oman, A4. 
 Frank:DL8YHR は、2008年11月4〜15日に中近東方面(恐らくオマーン)からの EME DX 
ペディションを行う。 ロング八木+1kW で3バンド(周波数帯は明記されていないが、
50/144/430MHz と推測される)の EME を運用する予定。

*Madagascar, 5R. 
 フランスの Jack:F1BCS, Jim:F1HDI, Gil:F5JBE, Remy:F6ABJ, Mickael:F6COW, Oliver:
F6EIE 及び Dan:F6EPD の一行は、マダガスカル島の北東に浮かぶ Sainte Marie 島から
9月18〜27日に 1.8-50MHz の CW/SSB/SSTV/PSK31/RTTY/JT65 を運用する。 SSB は 5R8GM
のコールサインで通常の「IOTA 周波数」に QRV、CW は 5R8JM、デジタルモードは 5R8IM
で運用する。 更に 144MHz の EME にも 5R8EM で 144.144MHz に 8elx4 と 500W で QRV
する予定。 QSL は F1BCS 宛にダイレクトまたはビューロー経由で。 LoTW も受け付ける
予定。

*Palau, T8. 
 JF2IWW は、9月19〜28日にパラオの West Plaza Hotel から T88IW のコールサインで
3.5-50MHz の CW を中心に SSB にも QRV する。 今回の運用では、アメリカの東海岸と
カナダ及びヨーロッパ北部の G, OZ, LA, OH 及び SM 方面との交信に力を入れたいとの
こと。 QSL はホームコール宛にビューロー経由または SAE によるダイレクトで請求の
こと。 出発の 9月17日までは、QRZ.com の e-mail アドレスでリクエストを受け付ける。

 また、Pista:HA5AO (ex HA7VT) と Tibi:HA7TM は、パラオから FT2000, FT1000MP, FT920, 
VL1000/VP1000 を使って 11月22日〜12月3日にそれぞれ T88CI 及び T88CJ のコールサインで 
1.8-50MHz に QRV する。 QSL はそれぞれのホームコール宛にビューロー経由またはダイレ
クトで次の宛先へ。
T88CI は HA5AO, Istvan "Pista" Gaspar, Rakoczi u. 25, H-1196 Budapest, Hungary.
T88CJ は HA7TM, Tibor Nemeth, P.O. Box 23, H-2030 Erd, Hungary 
 このペディションのウェブサイトは http://www.ha7tm.hu/t88/ に開設している。

*Gambia, C5. 
 スペインの DX 4 DX TEAM (www.dx4dx.com) が 10月14〜24日にガンビアから HF 及び 50MHz
の CW/SSB/RTTY に QRV する。 一行は EA4BT, EA4NA, EA7AAW, EA7JB, EA7SB と EA7LS の
6名で、現時点ではコールサインは未定。 QSL はビューロー経由またはダイレクト (EA4BT:
Apartado Postal 1315, 28800 Alcal de Henares (Madrid), SPAIN) で。

*Montenegro, 4O. 
 モンテネグロから 4O/DL3NER, 4O/DL9MB, 4O/DG5NGI, 4O/DG5NGJ, 4O/DG8NGI, 4O/DK9NCX 
が 9月25日〜10月4日に 1.8-144MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 で運用する。 更報は QRZ.com
の DK9NCX のページを見られたし。 現地には 50MHz は 5el を、144MHz は 9el を持ち込む
予定とのこと。

*Jamaica, 6Y. 
 Peter:G4MJS が UKSMG のサイトへの書き込んだところによると、彼は 10月24〜25日に
開催される CQ WW SSB contest を運用するジャマイカの 6Y1V のチームに参加する。
ジャマイカのシャックには 50MHz の設備もあることから、コンテスト前の 10月22〜24日
頃に 50MHz で QRV する。 コールサインなど更報は、別途 UKSMG などにお知らせする。

*Greece, SV. 
 Laci:HA0HW は 8月30日〜9月10日に、ギリシャの Thassos 島から J48HW 及び SV8/HA0HW 
のコールサインで主に 7/10/14/18MHz の HF と 50MHz の CW を中心に SSB/RTTY/PSK31 等
に QRV する。 QSL はホームコール宛にビューロー経由またはダイレクトで。 

*Suriname, PZ. 
 チェコとスロバキアのチームが、10月25〜26日の CQ WW SSB contest のマルチop 部門に
参加すべく、スリナムから PZ5Z を運用する。 メンバーは OM2TW, OM5AW, OM5AA, OK1RK, 
OK1NY と他に数人になる見込み。 コンテスト前後の 10月21〜30日には、1.8-144MHz の
CW/SSB に QRV する予定。  http://www.om0c.com/suriname/ に、このペディションの
ウェブサイトを準備している。 QSL は OM2FY 宛にダイレクト (Branislav Daras, P. O. 
Box 6, 82008 Bratislava 28, SLOVAKIA) またはビューロー経由で。

*Maldives, 8Q.
 Werner:DL1BKK と奥さんの Gitte (Brigitte):DL1BKI は、彼らの結婚40周年と、無線を
始めて30年を迎えることを記念して、モルディブからの運用を行う。 8月29日〜9月17日
にモルディブの Rasdu Atoll (MJ64lg) の Kuramathi 島から IC-7000 (100W) にグラス
ファイバー・ポールに設備した HF のワイヤー・アンテナと 50MHz のループ・アンテナと
いうお手軽スタイルで 8Q7KK のコールサインで QRV する予定。
 8Q7KK は 2000年3月と 2001年5月には HA2SX に発給されたコールサインと同じものなので
注意すること。 今回の DL1BKK/DL1BKI の運用分の QSL は、DL1BKK 宛にダイレクトまたは
ビューロー経由で請求のこと。
(註:時々このような「ほのぼの」としたペディション記事を見かけ、羨ましく思ってい
   ます。 レアなエンティティーからの大規模ペディションには、それなりの敬意を
   表しますが、その一方で、いつか、こんなペディションもやってみたいなぁ・・・と
   思いますね。)

*Grenada, J3.
 Sid:J3/DM2AYO と Hans:J3/DL7CM は、11月6〜25日にグレナダの北端・Sauteurs に近い
ロケーションから2セットの IC-706 と 700W のアンプで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK
等を運用する。 アンテナはハイバンド用は八木、ローバンド用はグラウンド・プレーンを
準備する予定。 QSL はそれぞれのホームコール宛へ。

*Ogasawara, JD1. 
 Makoto:JI5RPT(JD1BLY) と Harry:JG7PSJ(JD1BMH) は、この年末年始の 2008年12月28日〜
2009年1月2日に小笠原諸島・父島から、ローバンドを中心に 1.8-50MHz の CW/SSB 及び
デジタルモードに QRV する。 QSL はそれぞれのホームコール宛に請求のこと。
 http://www.ji5rpt.com/jd1/ または http://sapphire.ganko.tohoku.ac.jp/jd1bmh/ 
で詳報を準備している。

*Sierra Leone, 9L. 
 Dr. Karl-Heinz Ilg:DK2WV は、シェラ・レオネからチームによる運用を再び行う。 Karl と
一行は 10月21日〜11月11日に現地に滞在し、運用の傍らで、首都の Freetown での大学での講演
や、現地でアマチュア無線の養成コースなどを開講する。 また、設備一式は運用期間終了後
大学に寄贈するとのこと。 メンバーは Roland:DJ4LK, Franz:DJ9ZB, Karl:DK2WV, Hans:DL1YFF
と現地のオペレーターで、上記の期間中アンプを含む3セットの設備を構築して 1.8-50MHz で
9L0W を運用する。 QSL は DK2WV 宛へ SASE によるダイレクトまたはビューロー経由で請求の
こと。 9L0W は、総額 US 14,000ドル程度を要する今回のペディションのスポンサーを広く募集
している。 このペディションに関する問い合わせは k.ilg(at)arcor.de で受け付ける。



今年も 8月23日(土)〜24日(日)に、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催されたにハムフェアに行きました。

 我々アマチュア無線家の年に1度のお祭り、昨年に引き続いて会う方、久しぶりに会う方、初めて会う方など、いろいろな出会いがありました。

 今回お会いする皆さんの話を聞いていると、JA6YBR (50.017MHz) のビーコンは、50MHz をメインに運用される皆さんのみならず、国内コンテストや流星観測、 超短波帯の異常伝搬と地震との関連の研究者など、さまざまな皆さんに活用して戴いていることが判りました。

==============================================================================  これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず 情報源を明らかにして下さい。   では,また。 FB DX on SIX!! DE JF6DEA/1 es KE1EO 木下司朗 in 東京/福岡 E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]