SIX NEWS plus May '10
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Lebanon, OD. 
 W7GJ が OD5KU から得た情報によると、レバノンでは 50MHz帯が軍用に割り当てられ、
アマチュアでの利用ができなくなったとのこと。 残念なニュースである。

*Namibia, V5. [Report]. 
 ナミビア南部、南アフリカ共和国との国境に近い Rosh Pinah (JG82ie) から QRV して
いる V51PJ によると、ナミビアでは最近の TEP により IZ8DWF と QSO できているが、
隣国の南アフリカ共和国も含めて 50MHz でのアクティビティが極めて低く、周辺のアマ
チュアに声をかけて、50MHz のアクティビティ向上に努めているとのこと。 彼の周りで
50MHz への QRV が期待できる局は
      V51B  : IC-706mk2G, QTH = Oranjemund
      V51LZ : IC-7000, QTH = Rosh Pinah
      V51RJ : QTH = Rosh Pinah
      V51PP : QTH = Luderitz / Walvisbay
      V51KC : QTH = Okahandja
      V51PJ : IC-706mk2G, QTH = Rosh Pinah の 25km 北
 V51PJ は、DK7ZB デザインの 50MHz 6el を、IC-7000 を持っている V51LZ に寄贈した
ので、V51LZ はそのうち 50MHz に QRV するだろうとのこと。

*Peru, OA. 
 DL5YMM はペルーから OA/DL5YWM のコールサインで 5月15日まで 7-50MHz に QRV する。

*France, F. 
 F6KSU のメンバーが 5月1〜15日に特別局 TM7DR を運用する。 詳細は QRZ.com を参照
されたい。

*France, F. 
 弟78回 Le Mans 24時間耐久レースの開催を記念して、5月30日〜6月13日に TM24H が HF/
VHF/50MHz の CW/Phone/PSK/RTTY などで運用される。 QSL は F6KFI に送付のこと。 
関連のウェブサイトは
      http://pagesperso-orange.fr/bruno.martineau/radio/24h00.htm
      http://asso.proxiland.fr/aras72/default.asp?a=879&b
      http://www.lemans.org/24heuresdumans/pages/accueil_gb.html
を参照のこと。

*Canada, VE. 
 冒険家 Jacques Cartier の到達 475周年を記念して、カナダ東部 Quebec州の Isle-aux-
Coudres (Grid FN47) から、記念局 XL2I が 7月23〜25日に 3.5-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK
31 などで運用される。

*Greece, SV. 
 Yannis:SV1BJY, Yannis:SV3CYM 及び Michael:SV3GKE の3人は、ギリシャの Othonoi島
(JM99qu) から SY8VHF のコールサインで 7月1〜6日に 144MHz と、恐らく 50MHz などの 
VHF の CW/SSB に QRV する。 QSL はビューロー経由で送付のこと。

*Brazil, PY. 
 Teresina DX Group らの一行は、6月2〜6日にブラジル北西部 Piaui 州の沖に浮かぶ Santa 
Isabel島 (GI97de) から ZW8B のコールサインで 1.9-28MHz の SSB,PSK31,RTTY と 50/144MHz
の CW/SSB/FM 及びサテライト (AO-7 (A and B), FO-29, AO-51, VO-52, SO-50, HO-68, SO-67
などの CW/SSB/FM) に QRV する。 QSL は PS8HF: Milton Lima Ribeiro, Rua Mazerine Cruz, 
2673, 64076-040 Teresina - PI, Brazil 宛に請求のこと。 オペレーターは、Flavio:PS8BBC, 
Raimundo:PS8DX, Jose:PS8ET, Milton:PS8HF, Nelson:PS8NF, Joao:PS8PY, Luiz:PS8RF 及び
Dalton:PS8TV。 グループの Blog を http://teresinadxgroup.blogspot.com に準備している。

【ペディション関連】
*Ogasawara Isl., JD1. 
 JG7PSJ は 5月2〜14日に小笠原諸島・父島から JD1BMH のコールサインで 7-50MHz (恐らく 
3.5MHz も)の CW/SSB を運用する。 QSL は JG7PSJ 宛へ。 
詳細は http://sapphire.es.tohoku.ac.jp/jd1bmh をチェックされたし。

*Mauritius. 3B8. 
 Jan-Willem:PA7JWC は、5月5〜22日にモーリシャスの Pereybere から 3B8/PA7JWC のコール
サインで 14/21/28/50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 などで QRV する。 設備は IC-7000 と HF
のワイヤーアンテナ及び 50MHz のヴァーティカルアンテナ。 QSL は LoTW またはホームコール
宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。 更報は http://www.pa7jwc.nl を参照
のこと。

*Belize, V3. 
 San:K5YY (V31YY), Bill:W5SJ (V31SJ) 及び Bob:W5UQ (V31UQ) は、7月12〜19日にベリゼ
南部の Placencia (Grid EK56) から、それぞれのコールサインで HF+VHF バンドに QRV する。 
滞在期間中の CQ VHF contest に参加の予定。 現地時間の日没後は 5MHz 帯もワッチすると
のこと。 QSL は V31YY 分は K5YY 宛に QRZ.com の住所宛、V31UQ と V31SJ 分は W5JAY に
請求のこと。

*San Andres Island, HK0. 
 K7BV は 6月10〜21日に San Andres島から 5J0BV を運用する。 今回は kW アンプと6M8GJ
(8el) を持ち込み、前回訪島時に探した島のロケーションのいい場所から QRV する予定。
ウェブサイトは http://www.qth.com/k7bv/caribe2010 に準備している。

*Jarvis Island, KH5. 
 2007年に Eric Scace:K3NA と Carsten Esch:DL6LAU が設立した NPO:Radio Expeditions 
Inc は、2008年の VP8DX (Ducie島)へのペディションに続き、2010年11月17日〜12月1日に
Jarvis島からのペディションを計画している。 この日程は、確率的にヨーロッパへのコン
ディションがハイバンド・ローバンド共にいい時期として選定したもの。 今回は 1.9-50
MHz の CW.SSB/RTTY で 12局同時運用を計画中。 島への上陸に必要な申請は、アメリカ
野生生物部など関係各方面に既に提出している。

*Central African Rep., TL. 
 Jan:DJ8NK と Paul:F6EXV は、次のとおり中央アフリカから運用する。
コールサイン:TL0A(現地に滞在している Chris の局から運用)、2波同時運用
運用日程:2010年5月13〜26日
運用モード:Jan:DJ8NK は RTTY に、Paul:F6EXV は CW に力を入れる。
      5月26日以降、Chris は CW/SSB/RTTY の運用を継続する予定。
運用バンド:基本的に 7-50MHz、可能であれば 1.8/3.5MHz にも QRV したいが、この時期
      の中央アフリカは雨季で毎日のように土砂降りの雨が降り、コンディション
      的にも少し遅いので、流動的。 一般的な DX 運用周波数に QRV し、全て
      スプリット運用とする。
QSL:qrz.com の TL0A 宛に限る。 DJ8NK や F6EXV 宛のものは一切受け付けない。
その他:現地ではインターネットアクセスができないので、オンラインログは無い。 この
運用は現地の Chris:TL0A の全面的な協力に基づくもので、Chris に感謝する。 なお、
Chris は、2010年7月には中央アフリカを離れ、9月にニジェールに戻る予定とのこと。

*Albania, ZA. 
 Chris:HG5XA は、6月10〜24日にアルバニア中西部 Vlora 近郊の Orikum から ZA/HA5X の
コールサインで休日運用(簡易移動)モードで運用する。 Chris は 50MHz でのポータブル
運用も計画中。 なおこの運用は「DX ペディション」ではなく、奥さんの Marta:ZA/HA9WM
や5歳の双子の娘との家族旅行が主目的であるため、運用時間は限られる。 QSL は LoTW 
と eQSL が望ましい。 紙の QSL は送付の必要はなく、近々立ち上げる OQRS (Online QSL 
Request System) により請求のこと。

【ビーコン関連】
*Trinida and Tobago, 9Y. 
 50.015MHz の 9Y4AT/B が FK90 から運用を再開したとのこと。

【その他】
*UKSMG Presentation. 
 UKSMG のプロモーション画像を http://www.youtube.com/watch?v=LcLUp1RgM1Q 見ること
ができる。 3月下旬頃からアップされたようで、David Dix:G8LZE(G4JZS) による製作。
==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]