SIX NEWS plus November '10
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*St Kitts, V4. 
 John:W5JON/V47JA は、このほど St.Kitts の Calypso Bay から戻った。 彼は現地
に休暇用の別荘を購入し、来年2月にアンテナなどを持ち込む予定。 St.Kitts での
住民登録は既に申請済で、近日中に承認される見込み。

*Cameroon, TJ. 
 カメルーンにいつまで滞在するのか未定の Henri:F6EAY は、このほど TJ3AY のライ
センスを受領した。 R6000 ヴァーティカル・アンテナと 7MHz 用のダイポールを使って
7-50MHz の RTTY/SSB に QRV する。 最近は 14/21/24/28MHz での QRV が確認されて
いる。 QSL は F5LGE 宛へ請求のこと。 QSL は 2011年2月以降に印刷する予定。

【ペディション関連】
*Namibia, V5. 
 Klaus:V5/DJ4SO は、ナミビアから 11月3〜30日に運用する。 滞在期間中の WAEDC 
RTTY Contest とCQ WW CW Contest にオールバンド部門に参加する予定。 1.8-50MHz  
の CW, RTTY 及び PSK31 をメインに QRV する予定で、SSB にはあまり出ない見込み。 
運用地は前回同様、ナミビア中部の Windhoek の南西郊外。 QSL はビューロー経由、
ダイレクトまたは LoTW 経由で請求のこと。 Klaus の e-mail は klaus(at)dj4so.de 
とのこと。

*Senegal, 6W. 
 ドイツの Matthias:DL5MFL, Juergen:DL4MAQ と Sven:DF9MV は、11月8〜18日にセネ
ガルから運用する。 コールサインは 6V7**(クラスターでは 6V7Z のコールサインが
頻出している)になる見込み。 一行は、Dakar から 70km 南東にある大西洋岸の街 
Samone 郊外にある "Le Calao" リゾートの Francois:6W7RV のシャックから「ホリデー
スタイル」で QRV する。 Juergen:DL4MAQ と Sven:DF9MV は主に CW に、Matthias:
DL5MFL は SSB で運用するとのこと。 14/21/28/50MHz はビームアンテナ、7MHz は
4スクエア、1.8/3.5/7MHz はダイポール、10/18/24MHz はワイヤーアンテナを使って、
CW/SSB と PSK31 に QRV する見込み。 現地では停電の可能性もあるので注意されたし。
QSL は DE0MST 宛に請求のこと。 http://dl4maq.wordpress.com/category/6w8-2010 
に、このペディションに関する Blog(ドイツ語)を準備している。

*Sierra Leone, 9L. 
 Dr. Karl-Heinz Ilg:DK2WV は、シァラレオネから QRV するが、今回は Heino:DJ9AF
と共に IOTA サービスで運用する。 彼らは 11月4〜18日に Banana島から 9L0W で 
1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する予定。 QSL は DK2WV 宛にダイレクトまたは
ビューロー経由で請求のこと。

*Uruguay, CX. 
 南アメリカのグループが 11月8〜13日にウルグアイの Lobos島から CW5R で QRV する。
一行は、YL Andreina:YY4AND, Atilano:PY5EG, Peter:PY5CC, Rick:PY2EL, Hugo:CX1ABB, 
Lupo:CX6ABC, Jorge:CX6DAP, Nelson:CX6ACY, Enrique:CX8BBA, Bano:CX3ABC, Pedro:
CX5BW, Julian:CX5BE, Lupo:CX2ABC, Federico:CX7BZ そして Aparicio:CX1BM で、
3.5-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 を運用する。 QSL は CX2ABC 宛に請求のこと。 
ウェブサイトは http://www.cw5r.net に準備している。

*Chatham Isl., ZL7. [Update]. 
 Hiro:JF1OCQ/W1VX が 12月2〜9日にニュージーランドの Chatham島から ZL7/ZL1WY で
運用するペディションに、Toshi:JE1SYN が参加し、ZL7/W1SY で QRV することになった。
QSL は ZL7/ZL1WY の分は JF1OCQ 宛(〒371-0811 群馬県前橋市朝倉1-3-6 三宅広幸さん
宛)、ZL7/W1SY 分は JE1SYN に請求し、ZL のビューロ宛には送らないこと。 詳細は 
2010年10月号の情報 を参照のこと。

*Sable Isl., CY0. [Update]. 
 運用延期! このペディション・メンバーの一人 Randy:N0TG によると、10月に予定
していた Sable からの運用は、2010年12月6〜13日に延期することとなった。 この 
DX ペディションに関する情報は http://www.CY0dxpedition.com を参照のこと。

*Saint Martin, FS. 
 Nick:K9NB と John:K9EL は 11月25日〜12月1日に、仏領 St.Martin から FS/homecall
で運用する。 滞在期間中(11月27〜28日)の CQ WW CW Contest に参加する予定。 
コンテスト前後は、コンディションが許す限り 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。
QSL は、それぞれのホームコール宛にダイレクトで請求のこと。

*Chile, CE. 
 Lance:W7GJ からの情報によると、Al:CE/K7CA はチリの FG41jm から 50MHz の EME を
運用する。 この夏に K7CA と QSO した方はご存知と思うが、AL は HF のアンプを 
50MHz 用に改造し、ブーム長 36フィート(約10m)の八木と共にチリ中部の Huasco に
持ち込み、11月下旬から EME に QRV しようとしているもの。 既にこの設備で 50MHz 
EME で 10局以上とコンタクトを成功させており、チリからの QRV も問題ないと思われる。
CE/K7CA のロケーションは太平洋に臨むことから、現地の月の入りが好条件になる。 Al 
は少なくとも現地に2か月ほど滞在する見込みで、環太平洋をはじめ、彼の月の入りに
パスがある地域の局との QSO に力を入れたいとのこと。 今回の運用が、CE からの EME
のアクティビティ向上にも繋がることを期待する。
 また、Craig:K2LZQ は、2011年1月23日〜2月3日にチリの FE34 から運用する。 メイン
バンドは 50MHz とのこと。

*Kermadec, ZL8. 
 Chris:DL1MGB をはじめとする国際チームは、11月19日〜12月5日に Kermadec島からの
運用を計画している。 現地では2つのサイトから 1.8-28MHz の CW/SSB/RTTY にQRV 
する。 50MHz は K3+ACOM1000 を持ち込み、ローテーター付きの10m マストに 5el を
上げる予定。 滞在期間中にパスがあるかどうか判らないが、可能な限りビーコンを出し
続けたいと考えている。 50MHz の設備はカフェテリアの近くに設置し、常に誰かが
モニターできるようにする予定。 また、インマルサット(衛星)経由でインターネット
に常時接続できるので、DX クラスターでオープンを知ることも可能。 50MHz では EME 
の運用はしないので、留意されたし。 詳細は http://www.kermadec.de のウェブサイト
を参照のこと。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]