SIX NEWS plus April '11
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Bahrain, A92. 
 Dave (A92IO/ EI3IO) は「バーレーン王国内の情勢が悪化の一途を辿っていること
から、バーレーン国内の QTH (P.O.Box 21183) とアイルランドの Home QTH 向けの
ダイレクトでは当面 QSL を発送しないでほしい。 現在、全ての QSL は、DXCC 
申請用は ARRL の LoTW で、WAZ 申請用は eQSL など、オンラインで確認している。
EI3IO 宛のビューロー経由の QSL は受け付けるが、バーレーン (A9) のビューロー
には送らないこと。」とアナウンスしている。 
彼は http://www.connogue.com/ei3io/html/body_a92io_as002.html にサイトを準備
している。

*Norway, LA. 
 Helge:LA1QDA は、Sotra島 (JP20mh) から 7月11〜13日に 3.5-50MHz の CW/SSB を
中心に QRV する。 QSL はホームコール宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求
のこと。

*Dodecanese, SV5. 
 Fred:PA1FJ は、5月8〜14日に Karpathos島の Pigadia村から SV5/PA1FJ/p のコール
サインで FT-817 に Buddistickアンテナとダイポールなどで 7-50MHz を運用する。 
QSL はホームコール宛にビューロー経由で請求してほしいとのこと。

*Swedish and Norwegian Special event station. SJ9WL and LG5LG, 
 スウェーデンとノルウェーの国境に両国で築いた平和モニュメントがある Morokulien
から特別局が QRV する。 Hugo:PA2HW, Robert:PA2RDK, Frank:PA3CNO, Paul:PA3DFR 
と Gert:PE0MGB は、4月10〜16日に Morokulien から SJ9WL 及び LG5LG のコールサイン
で 1.8-50MHz の CW/SSB とデジタルモードを運用する。 コールサインは毎日 00z に
変更する。 異なる日に異なるバンドで、2つそれぞれのコールサインと2回以上交信
(トータル4回以上)した局は、申請によりアワードを取得することができる。 QSL 
はビューロー経由またはダイレクトで LA4EKA に請求のこと。 この局に関する詳報は、
http://www.sj9wl-lg5lg.com/text1_2.html に載せている。
(註:スウェーデンとノルウェーの国境にある Morokulien には、スウェーデンとノル
   ウェー両国和平100周年を記念して、1910年にモニュメントが建造されました。 
   1968年に両国は、Morokulien にあるコテージからのアマチュア局の運用を認め、
   ここから QRV する局に対して SJ9WL 及び LG5LG の2つのコールサインを発給
   しています。 1局で異なる2つのエンティティーのコールサインで運用できる
   のは、極めて珍しいケースです。)

【ペディション関連】
*Southern Sudan, ST0. 
 Antonio:EA5RM によると、南スーダンからのペディションを計画している Antinio 
のチームは、南スーダン政府のさまざまな省庁との長い交渉により、3月18日に最初の
アマチュアのライセンスを取得した。 ペディションは 7月9日スタートで、南部の
ウガンダ国境に近い Juba から運用する。 このペディションに関する情報のウェブ
サイトは http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011/ に準備している。

*Papua New Guinea, P29. 
 Derek:G3KHZ の一行は、多くの IOTA アクティビティを目的に、P29 へ6回目の
ペディションに向かう。 オペレーターは、Luis:CT1AGF, Derek:G3KHZ, Mike:G3JKX,
Martyn:G3UKV, Hans:SM6CVX とハムではないが Stig がスウェーデンから参加する。
運用スケジュールは次のとおり。
  4月 2〜 7日:Feni島 (IOTA:OC-101) から P29VCX
  4月 8〜14日:Nuguria島 (IOTA:OC-257) から P29NI
  4月15〜18日:Green島 (IOTA:OC-231) から P29VLR
  4月22〜25日:Misima島 (IOTA:OC-117) から P29VCX
  4月25〜27日:Loloata島 (IOTA:OC-240) から P29VCX
Loloata島を除く全てのロケーションで4局を設置し、50MHz を含む HF のオールバン
ドの CW/SSB/RTTY を運用する予定。 P29VCX と P29VLR の QSL は SM6CVX 宛に、
また P29NI の QSL は G3KHZ へ請求のこと。 http://p29ni.weebly.com に詳報や
更報をアップしている。

*Nepal, 9N. Update. 
 Dov:4Z4DX/9N7DX と XYL の Anat:9N7YL は、4月13〜30日にネパールから 14/21/28/
50MHz の CW/RTTY/PSK31 を運用する。 QSL は 4Z4DX 宛に請求のこと。 Dov はこの
運用に関する Website を http://www.9n7dx.com に開設している。

*Ogasawara, JD1. 
 Makoto:JI5RPT(JD1BLY), Harry:JG7PSJ(JD1BMH) と Masaru:JE4SMQ(JD1BMT) はゴール
デンウィークに小笠原諸島の父島から次のスケジュールで運用する。
 JD1BLY:4月30日〜5月7日、JD1BMT:4月30日〜5月5日、JD1BMH:5月4日〜13日。
現地からは 7-28MHz に QRV、恐らく 3.5MHz と 50MHz(但し EME の運用はない)の 
CW/SSB/RTTY に QRV する。 QSL は QRZ.com のサイトを確認のこと。

*Bonaire, PJ4. (2m & 6m EME Planned). 
 Peter PJ4NX, Johan PA3FPQ, Jurgen PE1LWT と Rene PE1L は、4月7〜11日に Bonaire
島 (FK52ud) から 144MHz の EME に PJ4X のコールサインで QRV する。 また水平偏波
のみではあるが、50MHz の EME でも、PJ4 初の QRV を目指す。 現地からは、地上の
反射による効果が見込める月の出及び月の入の仰角20度までの時間を中心に運用する。
QSL は PE1L 宛に請求のこと。 Website は http://www.emelogger.com/bonaire に準備
している。また http://www.emelogger.com/bonaire/default.asp?page=eme も参照され
たし。

*Curacau, PJ2. 
 Johan:PA3FPQ, Jurgen:PE1LWT と Rene:PE1L は、Bonaire からの運用後の 4月14〜18日
に PJ2/PE1L のコールサインで Curacao (FK52nc) から 144MHz の EME のみに QRV する。 
Website は http://www.emelogger.com/curacao/default.asp?page=eme を参照のこと。

*Sierra Leone, 9L. Update. 
 シアラレオネからの 9L5MS の運用は、3月28日〜4月18日に変更になった。 Arie:PA3A,
Arie:PA3AN, Ad:PA8AD, Bas:PD0CAV 及び Dickson:EL2DT が 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY 
を運用する。 現地に3局を設置し、アンプやビーム、ヴァーティカルアンテナなどに
よりサービスする。 QSL は PA3AWW 宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。
LoTW にはペディション後6か月以内にデータをアップする。 OQRS (Online QSL Request 
Service) は、ペディションのウェブサイトで受け付ける。 このペディションのウェブサ
イトは http:/ www.sierraleone2011.com に準備している。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]