SIX NEWS plus June '11
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*France, F. 
 D-day(1944年のノルマンディ上陸)の 67周年を記念して、6月1〜15日に TM6JUN が 
1.8〜50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK で運用される。 QSL は F5SAZ 宛へ。

*Isle of Man, GD. 
 ドイツの Nurtingen の DARC のクラブメンバーは、7月7〜15日に Isle of Man の
南西岸の Eary Cushlin House (IO74pd) に滞在する。 一行は Pit:DL1SPH, Gunter:
DK1SG, Bernd:DH1SBB, Gertraud:DC5SAN, Guenther:DG1SBU, Guenther:DG7SF と 
Erwin:DL6SBN で、現地からは MD/homecall で 3.5-50MHz の SSB/PSK/RTTY を運用する。
7月9〜10日の IARU HF Championship には MD9Y のコールサインで SSB 部門に参加の予定。
MD9Y の QSL は GD3YUM (Martyn Parnell, 1 Derwent Drive, Onchan, Isle of Man IM3 
2DF) 宛にダイレクトで請求のこと。 その他のコールサインによる運用分の QSL は、
それぞれのホームコール宛にダイレクトまたは DARC ビューロー経由で請求されたし。

*South Sudan, ST0. 
 Jarmo:OH2BN が 6月2日付で発表したプレスリリースは次のとおり。
「7月9日に南スーダンの独立が宣言される予定だが、これはこの日、直ちに我々が期待して
いる DXCC のニューエンティティーの誕生を保証するものではない。 DXCC のルールでは、
新規加盟国として国際連合のメンバーになり、ITU から独立したプリフィックスを割り当て
られて、ニューエンティティーとしてカウントできることになっている。 ARRL の見解は、
今回のケースでは、独立宣言のような明確なイベントまで遡って QSO をニューエンティ
ティーとしてカウントする可能性は低いと見ている。 ARRL は、まずは国際連合に加盟し、
その後国連の通信当局による ITU のプリフィックスの発給を持ってニューエンティティー
としてカウントすることになるだろうと予想している。 石油埋蔵エリア (Abyai) 周辺で
は、現在のスーダンと南スーダンの国境が確定していないエリアもあることから、現時点
では、南スーダンが、いつニューエンティティー扱いになるかは判らないとしている。
 アマチュアの動きを見ると 5Z4DZ, ST2AR, W3UR 及び OH2BH らによるこの地域からの運用
プロジェクトは、現時点で南スーダンに常駐している SM7PKK と YI1DZ/ST2DZ も加わって
着々と進行しているが、具体的な見通しは立っていない。 今後の国際政治の動きを静観し、
ニューエンティティーにカウントされる条件が整い次第、現地から電波が出されることになる
だろう。」

【ペディション関連】
*Bermuda, VP9. 
 Jon:N0JK によると、彼は 7月3〜8日に Bermuda の Ed:VP9GE のシャックから 50MHz 
を中心に QRV する。 今回は家族との休暇旅行なので「ホリデースタイル」の運用と
なる。 50.120MHz で主に CQ を出し、スポラディックEでの伝搬を期待して、144MHz 
もワッチする予定。 AO-51 や FM によるサテライト運用も計画している。 現地での
50MHz の設備は M2 の 6M5X (5el) +100W とのこと。

*Barbados, 8P. 
 Joachim:DL9MS と Frank:DL8YHR によるドイツのグループは、11月7〜21日にバルバ
ドスから HF と 50MHz 及び 144MHz EME を運用する。

*Sao Tome & Principe, S9. 
 Ed:K0GUV と Matt:K0KKO は、10月21〜27日に西アフリカ沖・大西洋上のサントーメ・
プリンシペの Sao Tome島の南沖の Ilheu das Rolas から S92DX のコールサインで 
50MHz の EME を運用する。 現地には IC756PROIII+ACOM-1000+8el (M2 6M8GJ) と 
IC756PROIII+ショートブームの11el と、可能であればもう1台の 1kW アンプの2セット
の設備を持ち込む。 詳細は http://www.k0kko.net/pb/wp_5bd6e10c/wp_5bd6e10c.html 
を参照されたし。

*Ascension Isl., ZD8. 
 Gerd:DJ4KW, Werner:DJ9KH, Wolf:DK1IP, Arno:DL1CW と Rainer:DL7OR は、7月24日〜
8月9日に Ascension島から2局を設置して ZD8D のコールサインで 1.8〜50MHz の CW と
デジタルモードを中心に SSB にも QRV する。 QSL は DL9HO 宛へ請求のこと。 
http://www.zd8d.de にこのペディションのサイトを開設している。

*Rotuma,3D2/R. Change. 
 Choi:HL5FUA と Yoon:6K2GCW は、9月に Rotsuma から 3D2CJ を運用する。 現地から
は 3.5-50MHz の CW/SSB/デジタルモードに QRV する。 QSL は HL5FUA 宛にダイレクト
またはビューロー経由で請求のこと。 このペディションに関するウェブサイトを
http://www.dxpedition.co.kr/rotuma_2011/index.html に準備している。

*Wallis & Futuna, FW. 
 Laci:HA0NAR+2人のオペレーターは、2012年1月25日〜2月23日に Wallis & Futuna の
Uvea島の北端に位置する Vailala (AH16vs) に2局を設置して、1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY
に QRV する。 ローバンドの運用に力を入れ、Spider ヴァーティカル (18m) を使って
1.8/3.5/7/10MHz を中心に QRV したい意向。 2月上旬には1週間の予定で Futuna 島の
AH05wq からも QRV したいとのこと。 一行は 2月18〜19日に開催される ARRL DX CW 
Contest に参加の予定。 更報は http://www.ha0nar.hu を参照のこと。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]