SIX NEWS plus July '11
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*India, VU. Now on 50MHz. 
 Bharathi:VU2RBI が最近 50MHz に QRV を始めた。 彼女は過去に HF の SSB での運用
経験があるが、最近は遅いスピードではあるものの CW の運用も始めた。 最近の JA や
ヨーロッパとの 50MHz での QSO では、多くの局のパイルアップを受け、苦戦していた模様。
ここのところはスプリットでの運用を行っているが、呼ぶ局に対しては1回呼ぶ毎に2度
以上コールサインを言わないように希望している。 彼女は多くの局と公平に QSO したい
ことから、スケジュールのリクエストは受け付けないとのこと。 QSL は QRZ.com の住所
宛にダイレクトで請求のこと。 IRC は送付しないこと。 返信用にはグリーンスタンプ
が望ましいとのこと。 現在 Bharathi は IC-706+5el を使っているが、アンプの導入と
より高いアンテナマストの建設を計画しているとのこと。

*Taiwan, BV. 
 BM5AAX, BV1EL, BV2DD, BV2KI, BV2KS, BV2NT, BX2AB, BX2ABL, BX4AF, BX5AA, JH3GCN 
と 9M6YBG は、RSGB IOTA contest の期間(7月30〜31日)中、台湾の Kigmen島から BV100 
を運用する。 QSL は BV2KI 宛に請求のこと。 http://www.bv100.tw/EN に、この運用に
関する詳報を掲載している。

*Mexico, XE. 
 Andrea:IZ2LSC は、7月26日〜8月8日にメキシコから XE3/IZ2LSC のコールサインで 10-
50MHz の CW/SSB/デジタルモードを運用する。 QSL は EB7DX 宛にダイレクトで、または
IZ2LSC 宛にビューロー経由か LoTW 経由で請求のこと。

*Honduras, HR. 
 ホンジュラスから HR9/WQ7R がアクティブに QRV しており、多くの局と CW で QSO して
いるとのこと。

*Guantanamo Bay, KG4. 
 John Dempsey:KF4EME が立ち上げた新たなクラブが KG4EM が 50MHz にアクティブに QRV 
している。 設備は IC-706+4el とのこと。

【ペディション関連】
*Benin, TY.
 8月5〜14日にベニンからの QRV が計画されている。 ライセンスをはじめ、入国や運用
に関する許可は既に入手しているとのこと。 Salvador:EA3QS, Giorgio:IZ4AKS, Fabri:
IW3SQY, Francesco:IZ8GCE と Antonello:IT9YVO により、Elekraft K3×3台、Elecraft 
の新型半導体アンプ KPA500 ×2台を持ち込み、TY1KS のコールサインで HF と 50MHz を
運用する。 ベニンは高い需要が想定されるため、今回の運用ではローバンドとデジタル
モードに力を入れたいとのこと。 SSB やハイバンドは TEP によるオープンを期待する。
QSL は IZ8IYX 宛か OQRS (Online QSL Request Service) や LoTW で請求のこと。 この
ペディションに関するウェブサイトは現在制作中だが、http://www.dxcoffee.com/ty1ks 
に準備している。 一行はスポンサーを募集中。 このペディションに関する寄付や
ドネーションはウェブサイトを参照のこと。

*Guinea, 3XY. 
 Georg:DK7LX, Wolf:DL4WK, Sigi:DL7DF, Frank:DL7UFR, Jan:SP3CYY と Leszek:SP3DOI 
は、ギニアから10月18日〜11月1日に 3XY1D のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY
に QRV する。 一行は5台のリグ(K2:4台、IC7000:1台)と4台の kW リニア、18m長
のローバンド・ヴァーティカル、7MHz 用と 10MHz 用それぞれの 2el ヴァーティカル、
7/10/14/18/21/24/28MHz 用の R7、50MHz 用の 6el とビバレージ・アンテナなどを持ち
込む。 1セットは RTTY/PSK31/SSTV 専用に QRV する見込み。 QSL は DL7DF 宛にダイ
レクトまたはビューロー経由で請求のこと。 
更報は http://www.dl7df.com/3xy1d/index.html を参照のこと。

*Guernsey, GU. 
 Dutch DX-pedition & contestgroup PA6Z は、10月23〜30日に Guernsey島から MU/PA6Z 
のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB を運用する計画がある。 QSL は PA9M に請求の
こと。 更報は http://www.pa6z.nl を参照されたし。

*Sardinia, IS. 
 Daniele:IS0BGL, Carlo:IS0JOO, Nicola:IS0BMU, Franco:IS0EUJ, Giorgio:IZ3KVD, 
Vittorio:I1BUP, Antonio:I1ZB, Claudio:IZ1DNJ, Danio:I5OYY と Simone:IK5RUN 等の
一行は Sardinia の San Pietro島から 7月23日〜8月1日に IM0P のコールサインで 1.8
-50MHz のCW/SSB/RTTY に QRV する。 QSL は QRZ.com 宛に請求のこと。

*South Sudan, ST0. Update. 
 Intrepid-DX Group と DX Friends/Tifariti Gang は、新たなエンティティーとなる
南スーダンからの大規模な国際チームによる運用計画を継続して進めている。 南スーダン
当局との交渉もスムーズに進んでおり、今回の DX ペディションに必要なライセンスの発給
も既に受けている。 運用地の Juba への移動計画などに好意的であるなど、今回の運用に
対して、当局からのサポートは比較的大きい。 計画がうまくいって UN からの入局許可
が出れば、7月24日から 18名のオペレーターが7セットの設備を構築して運用を始める見込
み。 現在、クラブや個人などからのドネーションを広く募っている。 詳細は
http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011/ を参照されたし。

*Market Reef, OJ0. 
 Max:ON5UR, Marc:ON8AK, Jelmer:PA5R と Dervin:PD9DX は、8月13〜20日に Market Reef
から OJ0UR のコールサインで運用する。 QSL は M0URX 宛にダイレクトまたはビューロー
経由で請求のこと。 QSL に関する詳報は http://www.m0urx.com を参照のこと。 また、
このペディションに関する情報は http://www.united-radio.be に準備している。

*Senegal, 6V. 
 Seb:F8IJV は、10月22日〜11月11日にセネガルの Le Calao リゾートから 6V7Q のコール
サインで 1.8-50MHz の SSB を中心に CW/デジタルモードを運用する。 今回は Acom 1011 
アンプを持ち込み、10月29〜30日の週末に開催される CQ WW SSB contest に参加する予定。
QSL はホームコール宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。 ログは LoTW
にもアップロードする予定とのこと。

*Dominica, J7. 
 Mike:VE2XB は 7月6日から数週間、ドミニカから J79XB のコールサインで 50MHz を含む
オールバンドで QRV する。 QSL は VE2XB の QRZ.com の住所宛ダイレクトで請求のこと。

【ビーコン関連】
*Uruguay, CX. Beacon. 
 Robin:M1DUD によると、ウルグアイの Montevideo (GF15) にあるビーコン CX1CCC は、
50.020MHz で「フル運用」しているとのこと。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]