SIX NEWS plus February '13
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Ecuador, HC. 
 YL Elena:RC5A は、2月5日〜3月9日にエクアドルから HC2/RC5A のコール
サインで 10/18/24MHz を含む 1.8-50MHz の CW/SSB を運用する。 2月16〜
17日の ARRL DX CW contest には、シングルOp/オールバンド・ローパワー
部門に参加の予定。 QSL は RC5A 宛にダイレクトまたはビューロー経由で
請求のこと。

*Bhamas, C6. 
 George:KQ8Z/GM0IIO は、バハマの Grand Bahama島 (FL06uo) から 
C6AZZ のコールサインで QRV する。 2月16〜17日の ARRL DX CW contest
と、3月2〜3日の ARRL DX SSB contest には、14MHz のシングルバンド・
ローパワー部門に参加の予定。 コンテストの前後には 3.5-28MHz で CW
を中心に SSB でも電波を出すとのこと。 前回のようにコンディションに
恵まれれば、 50MHz でも運用する。 QSL は KQ8Z が扱う。

*Belize, V3. 
 Hernan:V31HU, Ismael:V31NV と Enrique:V32EE は、ベリゼの Twin Cayes 
から 4月6〜12日に 50MHz を含むオールバンドで QRV する。 この運用に
関する全ての QSL は IT9EJW が扱う。

【ぺディション関連】
*Burkina Faso, XT, (Update). 
 2012年12月号 でお知らせした Italian DXpedition Team によるブルキナ
ファッソからの運用は、XT2TT のコールサインで Ouagadougou (IK92fi) から
2月21日〜3月6日に行われる。 現地からは 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に
より次の周波数を中心に電波を出す。
 CW   - 1826.5/3515/7015/10115/14025/18070/21025/24891/28025 kHz
 SSB  - 3760/7145/14220/18145/21295/24945/28475 kHz
 RTTY - 14081 kHz
 50MHz- CW:50.105MHz/SSB:50.125MHz
設備は Elecraft K3 トランシーバー3台に KPA500 アンプ3台と ACOM
1000 アンプ1台。 アンテナはスパイダービームを2セットと 14-28MHz
用の八木、3.5/7MHz 用ヴァーティカル、10MHz 用ヴァーティカル、1.8MHz
用ロングワイヤー、50MHz 用キュビカルクワッド、それにローバンド受信用
としてダイアモンドループとダブルハーフ・デルタループ (DHDL) アンテナ
などを持ち込む。 オペレーターは、Alfeo:I1HJT, Silvano:I2YSB, 
Vinicio:IK2CIO, Angelo:IK2CKR, Marcello:IK2DIA, Stefano:IK2HKT, 
Gino:IK2RZP と Mac:JA3USA の8名。 パイロット局は IK7JWY、50MHz の
パイロット局は IK0FTA が務める。 リアルタイムのオンラインログなどの
ソフトウェア管理は IH9GPI が担当する。 QSL は、ダイレクトが I2YSB、
ビューロー経由は IK2CIO が扱うが、e-mail によるリクエストは受け付け
ない。 OQRS (Online QSL Request Service) は受け付けるが、ダイレクト
に限る。 このペディションの公式サイトは http://www.i2ysb.com/idt に、
また公式のフォーラムは、http://www.hamradioweb.org に準備している。

*Ogasawara, JD1. 
 3人の JA のオペレーターが 4月28日〜5月5日に小笠原諸島・父島から
JD1BLC または JD1YBT のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/FM に
QRV する。 JD1BLC の QSL は、ダイレクトは JP1IOF 宛、ビューロー経由
は JD1BLC 宛に、また JD1YBT の QSL は、ダイレクトは JP1IOF 宛、ビュー
ロー経由は JD1YBT 宛にそれぞれ送ること。 LoTW には登録する。

*Guinea Bissau, J5. 
 Verona DX Team のメンバーは、2月10日〜3月2日に西アフリカのギニア・
ビサウの Cumuta から J52HF のコールサインで HF 及び 50MHz の SSB
に限定して運用する。 オペレーターは、Livio:IZ3BUR, Libero:IK3RBE, 
Enzo:IK3VVD, Ilario:IZ3STA と Milena:IK3VZJ の5名。 QSL は I3LDP
が扱う。 詳報後刻。 http://www.ari.verona.it/veronadxteam/en に
この運用に関するウェブサイトを準備している。

*African Multible DXCC entities expedition. 
 2013年1月、Jon:TF3ZA と 15 adventurers のチームは、軍用払下げの
4輪駆動車で、アイスランドの Reykjavik から、南アフリカの Cape Town 
までの2万km、6か月に及ぶアフリカ大陸縦断ドライブに挑戦している。
既に1月上旬に Reykjavik を出発しており、経路上の DXCC エンティティ
からの運用を計画している。 Jon は以下の各国からのライセンス取得手続
を進めており、各地からの運用の詳細はウェブサイトで発表する。 
運用予定のコールサインは、CN2ZA, 5T0ZA, 6W/TF3ZA, 3XY0ZA, TU2ZA(申請
中), 9G0ZA, 5V7ZA, TY0ZA(申請中), TJ0ZA(申請中), TR0ZA(申請中),
TN0ZA(申請中), 9Q0ZA(申請中), 9J0ZA, Z2/TF3ZA, A20ZA、そして 
ZS/TF3ZA。 各地からは 1.8-50MHz の CW/SSB で QRV し、次の周波数付近
で電波を出す予定。
   CW  - 1824/3524/7024/10124/18074/21024/24894/28024 kHz
   SSB - 3780/7080/14180/18140/21280/24940/28480 kHz
   6m  - CW:50.094MHz/SSB:50.110MHz
QSL は LoTW 経由による交換を第一に希望する。 全ての Log は可能な限り
早く LoTW にアップする。 2つ目の選択肢として OQRS でも受け付けるが、
こちらはペディション終了後からの発送になる。 第3の方法は SAE+有効な
返信用切手等によるダイレクトでの請求。 返信用の費用は 50g 当たり US$2
で、IRC は受付ない。 宛先は、Jon Agust Erlingsson, Alftamyri 14, 108 
Reykjavik, Iceland.  ビューロー経由の QSL は、全て TF3ZA 宛に送付の
こと。 オンラインによるログサーチは、ウェブサイト上に準備する。
このペディションに関するウェブサイトは、http://www.dxacrossafrica.com
に準備している。 また、http://twitter.com/DXAcrossAfrica には Twitter
ページを準備している。

*Uganda, 5X. 
 F6KOP のメンバーが 2月8〜18日にウガンダの Entebbe 空港から 20km ほど
離れた場所から 5X8C のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK を
運用する。 運用メンバーは、Seb:F5UFX, Dave:K4SV, Patrick:F2DX, Norbert:
DJ7JC, Alain:F6ENO, Jean-Marc:F8IXZ, Stephane:F5UOW, Jean-Jacques:F5NKX,
Gerard:F2JD, Gerard:F2VX, Eric:ON7RN, Francois:ON4LO, Michel:FM5CD, 
Lars:DF1LON, Uwe:DL8OBF, David:EI9FBB, Jean-Paul:F8BJI, Hans:DL1YFF, 
Jean-Louis:F5NHJ, Michel:F5EOT, Flo:F5CWU, Valery:RG8K, Mike:UA9KGH/1
Bernard:F9IE そして John:F5VHQ の 25名。 パイロット局は、フランス語
によるサービスを Thierry:F4TTR が、英語によるサービスを Andre:V51B が
務める。 今回は、ローバンドでの運用に力を入れるとのこと。 QSL は
Yann:F1NGP が扱う。 http://www.5x2013.com に、この運用に関するウェブ
サイトを準備している。

【ビーコン関連】
*South Africa, ZS. 
 南アフリカから、新たなビーコン:ZS6SJV/B が運用を始めた。  周波数
は 50.070MHz、出力 10W で 24時間運用。 運用地は KG54ni で、C9(モザ
ンビーク)国境から 90km、3DA(スワジランド)国境から 40km の付近。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]