SIX NEWS plus March '13
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Cuba, CO. 
 Maurice:F5NQL からの QSP によると、Doug:CO8DM は LoTW のメンバー
になり、LoTW 経由での QSL 交換が可能になった。 50MHz での CO8DM 
からの QSL を待っている方は、Doug 本人または QSL マネージャーの 
Steven:KU9C に連絡のこと。

*Jersey, GJ. 
 ベルギーのチームが MJ/ON6NB のコールサインで Jersey島から 3月24〜
30日に運用する。 現地から QRV するのは、Philippe:ON4ACP, Erik:
ON4ANN, Jose:ON4CAU, Erik:ON4CCV, Walter:ON8CW, Cedric:ON4CKM と 
Rudi:ON6MI の7人で、この運用のパイロット局は Frans:ON6QB が務める。
現地からは 1.8-144MHz で電波を出すが、コンディションが良ければハイ
バンドでの運用に力を入れるとのこと。 QSL は ON4ANN 宛にダイレクト
またはビューロー経由で請求のこと。 オンラインログサーチは 
https://secure.clublog.org/logsearch/mj/on6nb に、またこの運用に関
するウェブサイトは http://users.telenet.be/on4ann/MJ/index.html に
準備している。

*South Sudan, Z8. 
 Massimo:IZ0EGB (ex-9L1MS, EL2GB) からの情報によると、彼は現在、
南スーダンの Juba に滞在しており、近々 Z81B のコールサインでの運用
を計画している。 設備は 600W のアンプと 7-50MHz のワイヤーアンテナ
で、SSB とデジタルモードに QRV したいとのこと。 Massimo は、既に
設備を準備しており、別の場所からも 100W+T2FD アンテナで SSB のみに
QRV したい意向。 QSL は IZ0EGB: Alessandro Colasanti, Via Pia Nalli
30, 00134 Rome, Italy. 宛にダイレクトで請求のこと。 Massimo は、
「QSL の請求に当たって IRC は同封しないで欲しい。 Alessandro は
Log を LoTW と ClubLog に定期的にアップする予定。」とコメントして
いる。

*Italy, I, Off topic. 
 ARI(イタリアアマチュア無線協会)の Alex:IV3KKW からの情報による
と、オーストリア及びフランス国境から 30km 以下の局を除く全てのイタ
リアのアマチュア局は、2013年2月1日〜12月31日に 70MHz帯での運用が
許可された。 周波数は 70.1〜70.3MHz で、最大周波数帯域は 25kHz、
最大出力は 50W ERP とのこと。 

【ペディション関連】
*Virgin Isl., VP2V. 
 Dave:WD9R は、British Virgin諸島の Anegada島北岸 (FK78tr) から 
VP2V/WD9R のコールサインで 6月14〜28日に 50MHz(SSB:50.115MHz, 
CW:50.115.6MHz)を中心に QRV する。 バンドがオープンしていない時
は 50.115.6MHz でビーコンを出す予定。 QSL は WD9R の QRZ.com の
宛先に請求のこと。

*Bonaire, PJ4. 
 Janusz:SP9FIH と Kazik:SP6AXW は、4月8〜20日に Bonaire島から 
PJ4/homecall で 1.8-50MHz の SSB/RTTY を、次の周波数を中心に運用
する。 
 SSB  - 1880/3780/7180/14180/18140/21280/24980/28480kHz 
     及び 50.120MHz
 RTTY - 1835/3580/7035/10140/14080/18100/21080/24920/28080 kHz
事前のバンド・モードのリクエストは、http://www.pj4-dxpedition.com
で受け付ける。 QSL は SP9FIH:Janusz Wegrzyn, P.O. Box 480, 44-100 
Gliwice, Poland 宛に送付のこと。 詳報はウェブサイトを参照されたし。

*Turks & Caicos, VP5. 
 Urb:W1UL と Patricia:W2PKV は、Turks & Caicos の Providenciales 
から VP5/W1UL 及び VP5/W2PKV のコールサインで 3月7〜13日に 50MHz を
含むオールバンドに QRV する。 W2PKV は SSB を中心に、W1UL は CW を
メインに運用する予定。 QSL は VP5/W1UL 及び VP5/W2PKV 共に W1UL に
請求のこと。

*Niue, E6. 
 Alan:VK4WR と Graeme:VK4FI は、それぞれ E6RQ 及び E6SG のコールサ
インで 3月22〜30日にニウエから運用する。 今回の運用では HF と 50MHz
に QRV する予定。 QSL は、E6RQ, E6SG 共に VK4FI 宛に請求のこと。 

*St. Martin & St. Maarten, FS & PJ7. 
 Andy:DK5ON は、3月10〜29日に仏領 St.Martin から FS/DK5ON、蘭領 
Sint Maarten から PJ7/DK5ON のコールサインでそれぞれ QRV する。 
現地からは 18/24MHz を含む 3.5-50MHz の SSB/RTTY/PSK を運用する予定。
QSL は DK5ON 宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。 eQSL 
は受け付けない。

*U.S. Virgin Isl., KP2. 
 JA のチームが US Virgin諸島から 3月13〜19日に電波を出す。 参加
メンバーとコールサインは、Munekazu:JI3DNN (KP2/KI3DNN), Yoshiaki 
"Aki":JR3QFB (KP2/W3JH), Yoshiro:JL3SIK (KP2/K2JA), Takeshi "TAKE":
JS6RRR 及び KP2/NH2KY(クラブコールサイン)で、1.8-50MHz の CW/SSB/
RTTY/PSK31/JT65A で QRV する。  QSL の詳細は、QRZ.com で確認のこと。 

*Rotuma, 3D2. 
 Antoine,:3D2AG は、3月下旬〜4月上旬に Rotuma から運用する計画を
持っている。 彼は「手元にある"14年モノ"の送信できない IC-706mkII
を修理できれば Rotuma から運用できるが、誰か助けてくれる方があれば
知らせて欲しい」とコメントしている。 Antonie の E-mail アドレスは
QRZ.com を参照のこと。 また「QSL はダイレクトのみでフィジーの住所
宛に請求して欲しい。 その際、最低でもグリーンスタンプ2枚または
IRC を1枚以上同封して欲しい。 フィジーではやっと IRC が使えるよう
になった。 宛先と国名を明記した返信用の封筒を同封することも忘れず
に!」ともコメントしている。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]