SIX NEWS plus September '13
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Nicaragua, YN.
 Spanish Aitana DX Group (ADXG) のメンバーは、10月1〜16日に
ニカラグアの Octavio:YN2N のシャックから H7H のコールサインで
1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。 現地から運用するメンバー
は Javi;EA5KM (CW), Fer:EA5FX (CW), Eugen:EA5HPX (CW), Fra:/
EA7FTR (SSB/RTTY), Jose:EA1ACP (SSB/RTTY) 及び Carlos:EA1DVY
(SSB/RTTY)。 パイロット局は Ismael:EA1AZ が務める。 QSL は
EB7DX 宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。 OQRS も
受け付ける。 また、全ての QSO は LoTW にアップする。 詳報は
http://nicaragua2013.com を参照のこと。
 また、Mike:AJ9C は、ニカラグアの Grenada (EK71au) から YN2CC 
のコールサインで、11月19〜27日に 1.8-50MHz の CW を中心に QRV 
する。

*China, BY. 
 CAMSAT (AMSAT China) は、CQ Zone 23, グリッド NM79aw にある
中国北西部の都市 Dunhuang(敦煌)からの運用を計画している。
このグリッドのエリアからは初めての運用で、10月19〜28日に 1.8-
430MHz の全てのアマチュアバンドに QRV する。 現地には4セット
の設備を構築し、ARRL EME contest(10月26〜27日)にマルチOp/
オールモード部門に参加し、EME や流星散乱通信をメインに運用する。
一方、HF のにもローバンドを中心に QRV し、CQ WW SSB contest
(10月26〜27日)にはマルチOp/シングルTX 部門に参加の予定。
現地からの運用設備は次のとおり。
 144MHz:IC-910H+Beko HLV-1000(1kW)+M2-2MXP20x2
   WinRadio G33DDC SDR 受信機+Kuhne TR-144H ダウンバーター
 430MHz:IC-910H+MSP432VDGプリアンプ+Beko HLV-1100(1kW)
     +M2-436CP42UGx2
 HF:IC-7700/7600+1.5kWアンプx2+ビーム/GP
50MHz 以上の周波数では BJ9TA の特別コールサインを、HF では
CQ WW SSB contest も含めて BY9GA/9 のコールサインで運用する。
メンバーは、BA1EO, BA1DU, BA4TA, BA4TB, BA4RN, BA4WI, BA4ALC, 
BH4RQU, BH4REQ, BD5RV, BA7CK, BA9GA, BA9TX, BD9GQ, BG0GE など。
QSL は CAMSAT CEO の Alan Kung:BA1DU 宛に請求のこと。


【ペディション関連】
*Mauritius, 3B8. 
 複数の情報ソースによると、Darren:G0TSM は、休暇を利用して
9月18〜28日にモーリシャスに滞在し、1日 2〜3時間の空き時間に
3B8/G0TSM のコールサインで 7-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。
現地には IC-7000 と、HF 用のワイヤーアンテナと 50MHz の 2el
クワッドを持ち込む。 9月28〜29日の CQ WW DX RTTY Contest に
は、帰りのフライトの時間まで部分的に参加の予定。
 Darren は「紙の QSL はダイレクトでもビューロー経由でも送ら
ないでほしい。 QSL は、まずはオンラインで受け付けるので、
OQRS や Clublog のプロセスに従って欲しい。 ログは休暇中に
LoTW と ClubLog にアップする。」とコメントしている。

*Micronesia, V6. 
 Hiroo:JA2VWG(近藤さん)と Seihachi:JA7LU(鈴木さん)は、
9月4〜16日にミクロネシアから、それぞれ V63DDD 及び V63LU の
コールサインで 7-50MHz の SSB/RTTY に QRV する。 QSL は
ダイレクトで、QRZ.com のそれぞれのホームコール宛に請求のこと。

*Vanuatu, YJ. 
 Tug:JA2ZS(森さん)と4人の仲間は、11月1〜11日にヴァヌアツ
の Iririki Island Resort に滞在し、YJ0ZS のコールサインで
1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 QSL は JA2ZS 宛に
請求のこと。

*Grenada, J3.
 日本のコンテストチームが、グレナダから CQ WW DX CW contest 
(11月23〜24日)に参加する。 メンバーは Tak:JA1MZL(吉村さん),
Ted:JJ1LIB(野村さん), Naoki:JN1RVS(高橋さん), Masa:JN3NFQ
(井上さん)と Isao:JH1ROJ(沼口さん)の5人。 現地からは
オールバンド・オールモードで J3/homacall で運用する。 コン
テストにはマルチOp/シングルTX 部門に参加するとのこと。

*Ascension Isl., ZD8. 
 Olaf:G0CKV, Oliver:W6NV と Jorma:OH2KI は、Ascension島 (II22) 
から 11月19〜24日の日程で、それぞれ ZD8M, ZD8W 及び ZD8X の
コールサインで HF 及び 50MHz を運用する。 滞在期間中の CQ WW 
DX CW Contest(11月23〜24日)にも参加の予定。

*St. Vincent, J8. 
 ポーランドのチームが 11月17〜29日にセント・ヴィンセントから 
J88HL のコールサインで、ローバンドを中心に 1.8-50MHz の CW/SSB/
RTTY に QRV する。 運用メンバーは、Bob:SP2EBG, Jan:SP3CYY, 
Jurek:SP3GEM, Wlodek:SP6EQZ, Janusz:SP6IXF, Roman:SP9FOW と 
Wojciech:SP9PT。 現地には、リニアアンプ付きの3セットの設備を
準備し、24時間運用する予定。 滞在期間中の CQ WW DX CW Contest
(11月23〜24日)には、一人がシングルOp/オールバンド部門に参加し、
その間他のメンバーは WARC バンドや SSB、ディジタルモード等に 
QRV する見込み。 更報は http://j88hl.dxing.pl を参照のこと。

*Bonaire, PJ4. 
 Dave:WJ2O は、2014年5月21〜28日にオランダ領の Bonaire から HF
のオールバンドと、可能であれば 50MHz の CW を中心に運用する。 
滞在期間中の CQ WPX CW Contest(5月24〜25日)には、シングルOp/
オールバンド/ハイパワー部門に参加する。 コールサインは未定だ
が、PJ4/homecall になる可能性が高い。 QSL は N2ZN 宛に請求の
こと。

*St. Kitts, V4. 
 John:W5JON/V47JA が OPDX に寄せた情報によると、彼は 10月10日
〜11月10日にセント・キッツの Calypso Bay (FK87sg) の別荘から
HF と 50MHz の SSB/RTTY/ディジタルモードを運用する。 滞在期間
中の CQ WW DX SSB Contest(10月26〜27日)には、V49J のコール
サインでシングルOp/オールバンド部門に参加する。 設備は TS-590S
と Elecraft KPA500 アンプ、アンテナはマルチバンド・ダイポール、
ヴァーティカルと 50MHz 用の 3el 八木など。 XYL の Cathy:W5HAM
も時間があれば V47HAM のコールサインで運用する。 全ての QSL は
W5JON 宛にダイレクトまたは LoTW で請求のこと。 ビューロー経由
では扱わない。

*Rodriguez Isl., 3B9. 
 J52EME のペディションを成功させた Verona DX Team は、9月2〜13日
に Rodriguez島から HF に加えて、今回は 144/432MHz EME を運用する。
チームメンバーは Walter:I3VJW (CW & デジタル), Luc:I3LDP (SSB) 、
Rony:IZ3KIF と Alessandro:IK5MIC (SSB & デジタル)で、現在 3B9EME 
のコールサインの発給待ち。 現地には HF を2セット準備し、1.8-50
MHz の CW/SSB/RTTY/JT65hf/PSK31 に QRV する。 運用周波数は、
  CW   - 1825/3520/7020/10105/14020/18075/21020/24895/28020 kHz
  SSB  - 1835/3780/7065/7160/14150/18150/21300/24945/28430 kHz
  RTTY - 3580/7050/10140/14080/18100/21080/24920/28080 kHz
  6M   - スケジュールによる
VUHF の設備は次のとおり。
  50MHz:TS-590+ACOM-1000+MGF1302プリアンプ+5el LFA
 144MHz:IC-7000+1kWアンプ+WA2ODO 寄贈プリアンプ+8elx2
 432MHz:IC-7000+600Wアンプ+23el LFA
このペディションに対するドネーションは veronadxteam(at)gmail.com
を窓口にして歓迎する。
詳報は http://www.ari.verona.it/veronadxteam/3b9_2013.htm を参照
のこと。

*Tonga, A3. 
 Masato "Masa":JA0RQV(田村さん)は、9月19〜24日にトンガから
再度 QRV する。 今回は、Niuatoputapu島からの運用で、コール
サインは A35JP/N。 島へのフライトや天候により、運用期間は
前後する可能性がある。 現地では電力が限られていることから、
運用時間は限られる見込み。 設備は IC-7000 (100W) とフルサイズ
の GP を使って 3.5-50MHz の CW/SSB に QRV する。 Niuatoputapu島
へのフライトが欠航になった場合は、代わりに Tongatapu島か Haapai
島、または Vavau島に渡る予定。 更報は、田村さんのウェブサイト
http://www.sato3.com/a35jp/index.html を参照のこと。

*Cape Verde, D4.
 Babs:DL7AFS と Lot:DJ7ZG は、10月19日〜11月7日にカーボベルデ
の Santiago島から D44TXT のコールサインで 3.5-50MHz の SSB/RTTY/
PSK31 運用する。 QSL は DL7AFS が扱う。

*Easter Isl., CE0. 
 Jose;CE0HYO, Gustavo:CX2AM, Humberto:CX3AN, Gustavo:CX3CE, 
Mario:CX4CR, Gen:EA5HPX 及び Francisco:EA7FTR は、11月1〜7日に
Easter島の Hanga Roa から運用する。 コールサインは発表されて
いない。 現地には3セットの設備を構築し、1.8-50MHz の CW/SSB/
ディジタルモードに QRV する。 QSL は EB7DX が扱う。 ウェブ
サイトは http://easterisland2013.com に準備している。

*Niue, E6. 
 Alan:VK4WR と Graeme:VK4FI は、ニウエの Alofi にある Coral 
Gardens Motel に 12月7〜17日に滞在し、50MHz をメインに HF も
含めて運用する。 彼らは南半球のスポラディックEシーズンを
考慮し、アジアとの TEP による QSO も目指す。 コールサインは
E6RQ と E6SG を使う。 滞在期間中の ARRL 10m contest にも
100W で参加の予定。 両コールサインの QSL とも VK4FI が扱う。.

*Wake Isl., KH9. Update. 
 Wake島から K9W のコールサインでペディションを行う一行の
暫定の日程(現地時間)が発表された。 現地には 10月6日に上陸
し、6日に設備構築、7日から18日まで運用する。 その後撤収し、
19日に離島する予定。 運用予定周波数は
 CW -  1826.5,3523,5405,7023,10103,14023,18079,21023,24894
    及び 28023kHz
 SSB - 3790,5403.5,7082,14185,18140,21285,24955 及び 28485kHz
 RTTY - 3580,7035,10142,14080,18099,21080,24912 及び 28080kHz
  6M - CW:50.107MHz, SSB:50.107MHz

*Laos, XW. 
 Steve:9M6DXX と James:9V1YC は、9月5〜10日にラオスの Vientiane
からそれぞれ XW8XZ 及び XW1YC のコールサインで HF+50MHz の CW/SSB
を運用する。 XW8XZ は SSB をメインに、XW1YC は CW を中心に QRV
する予定。 XW8XZ の QSL は M0URX 宛に、XW1YC の QSL は  W5UE 宛
にそれぞれ請求のこと。
 SIX NEWS 5月号で既報のラオスからの運用する予定の George:EA2TA, 
Christian:EA3NT, Raul:EA5KA, Vincent:F4BKV, Don:G3XTT 及び Col:
MM0NDX のチームは、上記の運用に加わり、1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY 
に QRV することを計画しているが、この件に関して、OPDX は未確認と
のこと。


【その他】
*JG6CVO SK
 熊本から 50MHz で QRV 実績がある JG6CVO:松本健一氏が 9月2日
Silent Key になった。 松本氏は、1980年代後半に JA6YBR に在籍し、
50.017MHz で運用しているビーコンの運用に初期段階から貢献した。
1990年には小笠原から JD1BFN のコールサインで短期間運用し、50MHz
で多くの New をプレゼントした。 
(註:松本氏は、筆者の JA6YBR の後輩にあたります。 JA6YBR の
   ビーコンの運用に当たっては地元の調整を精力的にこなし、
   安定した運用の礎を築いてくれました。 2年ほど前から病を
   患い、入院生活を送っていたところでした。 非常に残念です。
   安らかに眠ってください。)

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]