SIX NEWS plus February '14
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Honduras, HR. 
 "The Daily DX" によると、John:NO7B は、2月6〜18日にホンジュラス
の Javier:HR2J のシャックから HR2/NO7B のコールサインで 3.5-28MHz
と、可能であれば 1.8/50MHz に QRV する。 QSL は NO7B 宛に請求の
こと。

【ペディション関連】
*Ascension Isl., ZD8. 
 Werner:DJ9KH が OPDX に伝えたところによると、彼は Ascension島
から ZD8D のコールサインで 2月24日〜3月11日に運用する。 Werner
は、妻と共に 2月14日に Cape Town を出港する客船 St.Helena に乗り
込み、途中 2月19〜21日に停泊する St.Helena (ZD7) からの運用を
希望している。(コールサインは未定) その後 2月24日に Ascension
島に到着次第、すみやかに電波を出す予定。 今回は 1.8-7MHz のロー
バンドに力を入れ、5MHz や 50MHz でも運用できるように準備している
とのこと。 滞在期間中に開催される ARRL DX SSB Contest (3月1〜2日)
には、Single-Op/Single-Band (可能であれば 28MHz) 部門に参加の
予定。 QSL は DL9HO が扱う。 滞在2週目には、Axel:DK9BDN が
合流し CW の運用を強化する。 パイロット局は DK1IP が努める。
ZD8D のウェブページは http://www.zd8d.de に準備している。 QSL
はダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。 OQRS にも対応
している。 

*St. Kitts, V4. 
 OPDX によると、John:W5JON/V47JA は 2月19〜25日にセント・キッツ
の Calypso Bay にある彼の別荘 (FK87sg) から 5MHz を含む 1.8-50MHz
の SSB を運用する。 滞在期間中の ARRL DX SSB Contest (3月1〜2日)
には、Single-Op/All-Band 部門に参加の予定。 設備は TS-590S に
Elecraft KPA500 アンプで、アンテナは 3.5-28MHz のマルチバンドダイ
ポールやヴァーティカル、50MHz の 3el など。 XYL の Cathy:W5HAM
も時間があれば V47HAM で運用する。 全ての QSL は、ダイレクトまた
は LoTW で W5JON 宛に請求のこと。 ビューロー経由では受付できない
とのこと。

*British Virgin Isl., VP2V. 
 ポーランドのチームが 3月19日〜4月1日に Anegada島から VP2V/homecall
で QRV する。 一行は Bogdan:SP2FUD, Kazik:SP6AXW, Leszek:SP6CIK, 
Janusz:SP9FIH 及び Robert:SP9WZS の5名。 現地からは 1.8-50MHz の
CW/SSB/RTTY を次の周波数を中心に運用する。
 CW   - 1823/3523/7023/10115/14023/18073/21023/24903/28023 kHz
 SSB  - 1844/3797/7180/14180/18140/21280/24980/28480 kHz
 RTTY - 1835/3580/7035/10140/14080/18100/21080/24920/28080 kHz
 6m   - CW:50.103MHz/SSB:50.120MHz
QSL はホームコール宛に請求のこと。 http://www.vp2v.dxpeditions.org
にウェブサイトを準備している。 今回は日本や極東の小規模局へのニュー
エンティティ提供を目的に QRV したいとのこと。

*Mauritius, 3B8.  
 Robert:M0RCX は 5月2〜28日にモーリシャスに滞在し、滞在期間中に
3B8/M0RCX のコールサインで 7/14/18/21/24/28MHz の SSB と 50MHz 及び
PSK/JT65 などに QRV する。 今回は DX ペディションではなく、旅行の
合間に運用するが、1日3時間程度は電波を出す予定。 渡航する飛行機
の荷物制限により、リグは 100W に限定(アンプなし)され、アンテナも
現地で組み立てるワイヤーアンテナが中心になる見込み。 運用地は島の
北西部で Port Louis 近郊。 Robert は 100W での月面反射(周波数は
明記していない)にも挑戦したいとの意向。 彼は将来的にモーリシャス
に4年程度滞在したいとのこと。 QSL は M0RCX 宛にダイレクト、ビュー
ロー経由または eQSL で請求のこと。

*Palau, T8. 
 Nob:JR3STX(長谷さん)は、4月29日〜5月7日にパラオのレンタルシャック
http://palau.rental-shack.com/english から T88ST のコールサインで 
3.5-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。 QSL は JR3STX 宛に請求のこと。

*Bahamas, C6. 
 George:KQ8Z/GM0IIO は、2月11日〜3月4日にバハマの Grand Bahama島
(FL06uo) から C6AZZ のコールサインで運用する。 今回は ARRL DX CW 
Contest (2月15〜16日) と ARRL DX SSB Contest (3月1〜2日) に、シングル
Op/ローパワー部門で参加する。 George は、コンテスト以外は可能な限り
多くのバンドで QRV したいとのこと。 3.5-28MHz の CW をメインに SSB
と、可能であれば 50MHz でも CW/SSB/FM でも電波を出す予定。 現地では
IC756 Pro3 と 3.5MHz は高さ 40フィート(12m)の Off-Center Feed 
ダイポール、14MHz はフルサイズのデルタループなどを使う予定。 QSL は
KQ8Z 宛に送られたし。

*Namibia, V5. 
 Werner:DC8QT, Georg:DD8ZX と Klaus:DJ9KM は、2月6〜14日にナミビア
中部の Omaruru から V5/homecall で 1.8-50MHz の SSB/RTTY/PSK など
を運用する。 QSL はそれぞれホームコール宛に請求されたし。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]