SIX NEWS plus March '14
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Macedonia, Z3. 
 Chris:PA2CHR, Jurgen:PE1LWT と Johan:PA3FPQ は、5月21〜26日に
マケドニアから Z3/PA3FPQ のコールサインで、50/144MHz と、運用許可が
得られれば 70MHz を運用する。 設備は、
 50MHz: FT-857(100W)+7el八木 (LFA)+アンプ(1kW)?
 144MHz:FT-847+20elx2+アンプ(1kW)
70MHz の運用許可が得られた場合は、
 70MHz: FT-847(50W)+5el八木
運用周波数は追って公表する。 今回の運用に関する QSL はダイレクトのみ
で PA3FPQ 宛に、返信用にグリーンスタンプ2枚を同封の上請求のこと。 
更報は数週間以内に公表するとのこと。

*Morocco, CN8. 
 4月5〜20日にモロッコの砂漠地帯を特別仕様の4輪駆動車で旅する Leo:
PD0HFP と Frans:PA5CA は、CN2CA のコールサインでモービルから QRV する。
IC-7100+Harris の半導体アンプ+Hi-Q の HF モービルホイップで 3.5-50
MHz を運用する予定。 QSL は PA9M 宛にダイレクト(グリーンスタンプ2枚
同封)またはビューロー経由で請求のこと。 IRC は受け付けない。 更報は
QRZ.com または http://pa5ca.com/wp/?page_id=170 をチェックのこと。

*African Tour: Botswana, A2. Zimbabwe, Z2. South Africa, ZS. 
 Pierre:ZS6A によると、彼は南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエの3つの
国境にまたがる Mapungubwe Nature Reserve 内の珍しいグリッド KG47qs
から、3月24〜28日の TEP の時間帯(12-18z)を中心に 50MHz を運用する。
現地からは IC-756Pro+1K-FA アンプ+6M3(3el)を使うが、インターネット
接続が無いので、スケジュールなどには応じられない。 50.103MHz の CW
でビーコンを出す予定。


【ペディション関連】
*Palau, T8.
 David:VK3BY は、3月8〜14日にパラオの IMAPC レンタルシャックから T88XT
のコールサインで 3.5-50MHz の SSB のみで QRV する。 今回は XYL も同行
するので、現地からはホリデースタイルでの運用となる。 QSL はホームコール
宛にダイレクト(グリーンスタンプ3枚同封)、ビューロー経由または eQSL で
請求のこと。 http://palau.rental-shack.com/english に IMAPC レンタル
シャックの情報を掲載している。

*St. Pierre & Miquelon, FP. 
 Eric:KV1J は、7月5〜15日に Miquelon島 (GN17) から FP/KV1J のコール
サインで 1.8-50MMHz の SSB/RTTY を中心に CW にも QRV する。 その時点
でオープンしている最も高い周波数で電波を出す予定で、オープンしていれば
50MHz にも QRV する。 更に好天に恵まれれば、サテライト(周波数不明)
でも QRV する見込み。 滞在期間中の DL-DX RTTY Contest (7月5〜6日) に
はシングルOp部門に、IARU HF Contest (7月12〜13日) には、シングルOp/
オールバンド/Mixモード/ハイパワー部門に参加の予定。 QSL は KV1J 宛
にダイレクト、ビューロー経由または LoTW で請求のこと。 更報は
http://www.kv1j.com/fp/July14.html に掲載する。

*St. Lucia, J6. 
 Nobby:G0VJG は、6月11〜14日にセント・ルシアから 7-50MHz のオールモード
で運用する。 コールサインは明示されていないが J6/G0VJG か? QSL は
ホームコール宛に請求のこと。

*Chagos Isl., VQ9. 
 Bob:N7XR は、2014年中に VQ9 から VQ9XR のコールサインで HF と 50MHzで
QRV する計画があるとのこと。http://www.wake-diego2014.org に更報を掲載
している。 なお、現地からの運用はかなり限定的になる見込み。

*Tonga A3.
 Masa:JA0RQV(田村さん)は、3月14〜20日にトンガの Nuku'alofa から A35JP
のコールサインで運用する。 今回は仕事で渡航するので、運用時間は現地時間
の夜の時間帯と週末に限られる見込み。 現地からは 3.5-50MHz の CW/SSB に
IC-7000(100W)+ヴァーティカル・アンテナで電波を出す予定。 QSL はホーム
コール宛にビューロー経由、ダイレクト(SASE+IRC1枚)または LoTW で請求の
こと。 更報は http://blog.goo.ne.jp/rqv にアップする。

*American Samoa, KH8. 
 Lance:W7GJ は、7月13-28日に American Samoa に滞在し、7月13-21日に EME 
を中心に 50MHz に QRV する。 このペディションの詳細は
http://www.bigskyspaces.com/w7gj/AmericanSamoa2014.htm に掲載している。
このペディションへの経済的支援の協力を募っている。 額の多少に関わらず 
W7GJ の E-mail アドレス:w7gj(at)q.com 経由で Paypalアカウントで受け付け
ているとのこと。


【ビーコン関連】
*Italy, I. 
 技術的トラブルで暫く停波していたイタリアの I0JX/b は、2月14日現在、
運用を再開している。 周波数は従来同様 50.004MHz。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]