SIX NEWS plus May '14
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Jersey, GJ. 
 チェコのグループが 7月21〜27日に Jersey島から MJ0ICD のコールサイン
で運用する。 主目的は RSGB IOTA Contest への参加であるが、各人の
Homecall/MJ のコールサインでも 1.8-28MHz の CW/SSB/デジタルモードで
QRV する。 現地には 50/144MHz の設備も持ち込む予定。 オペレーターは、
Marek:OK1BIL, David:OK1DBS, Libor;OK1DOL, Vladislav:OK1FIK, Jan:OK1NP
と Josef:OK1XC の面々。 http://jersey-2014.eu のウェブサイトで情報を
公開している。

 また、Cray Valley Radio Society の5人のオペレーター (2E0TBO, G0FDZ, 
G0VJG, G4FAL 及び M0TGV) が、Jersey諸島南部に浮かぶ Maitresse列島の
Les Minquiers から GH3RCV/p のコールサインで 7月23〜29日に HF と
50/144MHz に QRV する。 現地には3セットを設営し、IOTA Contest には
MJ8C のコールサインで参加する予定。 GH3RCV/p、MJ8C ともに、QSL は
G4DSI 宛にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。

*Botswana, A2.
 Gerard (Gert):ZS6AYU は、A25GF のコールサインでボツワナから 5月16〜18
日に 400W+AVQ640 アンテナで 7-28MHz の CW のみに QRV する。 50MHz にも
チャレンジする予定。 QSL は ZS6AYU 宛にダイレクトまたはビューロー経由
で請求のこと。

*Zimbabwe, Z2. 
 Gerard (Gert):ZS6AYU は、ボツワナからの運用の後、ジンバブエから 5月19
〜23日に Z21GF のコールサインで Victoria Falls から運用する。 ボツワナ
からの運用同様、400W+AVQ640 アンテナで 7-28MHz の CW のみに QRV、50MHz 
にもトライする予定。 QSL は ZS6AYU 宛にダイレクトまたはビューロー経由で
請求のこと。


【ペディション関連】
*Ascention Isl., ZD8. 
 Oliver:W6NV は、10月25〜26日に開催される CQ WW DX SSB Contest に参加
するために、Ascention島に渡り、ZD8W のコールサインで運用する。 現地から
は HF と 50MHz に QRV する予定。 QSL は W6NV に請求のこと。 更報後刻。

*Western Kiribati, T30. Update. 
 4月号の本サイトで紹介した西キリバチからの運用は、10月2〜15日に T30D
のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する計画。 現時点での
運用周波数は
 CW   - 1814.5/3526/7026/10119/14026/18086/21026/24906/28026 kHz
 SSB  - 1849/3805/7095/7182/14210/18120/21255/24955/28455 kHz
 RTTY - 3595/7046/10137/14090/18099/21090/24918/28090 kHz
 50MHz- CW:50.120/SSB:50,120MHz
QSL は DL4SVA が扱い、OQRS (Web page参照)、ダイレクトまたはビューロー
経由で請求のこと。 後刻 LoTW にもデータをアップする予定。 ウェブサイト
は http://t30d.mydx.de に準備している。

*Palau, T8. 
 Fujio:JA1SVP(相羽氏)と Takeo:JR1GSE(高畑氏)は、5月16〜19日に
パラオの VIP Guest Hotel のシャックから、それぞれ T88FA 及び T88TH の
コールサインで、10/18/24MHz を含む 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。
T88TH (JR1GSE) は主に SSB と CW を少し、T88FA (JA1SVP) は CW と RTTY
を中心に QRV する。 設備は IC-756+TL-933(別のリグも使う予定)、アン
テナは、1.8MHz:スローパー、3.5/7/10MHz:Inverted-Vee、14MHz から上は
八木を使う。 T88FA の QSL は JA1SVP 宛に、T88TH の QSL は JR1GSE に、
共にダイレクトまたはビューロー経由で請求のこと。 詳報は VIP Guest 
Hotel (Free Radio Room) のサイト:http://www.palau-radio.com を参照の
こと。

*Tonga, A3. 
 Masa:JA0RQV(田村氏)は、5月28日〜6月3日にトンガ北端の Niuatoputapu島
から A35JP/p のコールサインで 3.5-50MHz の CW/SSB に QRV する。 設備は
IC-7000 (100W)+ヴァーティカル・アンテナを使用するが、現地には商用電源が
無いため、発電機かバッテリーを持ち込むので、運用には制限がある見込み。
現地へのフライトがキャンセルの場合は、Vava'u島または Tongatapu島から QRV
する予定。 QSL はホームコール宛にビューローまたはダイレクト(IRC1枚同封
した SASE)で請求のこと。 LoTW でも受け付ける。 更報は田村氏の Blog
http://blog.goo.ne.jp/rqv を参照のこと。


【ビーコン関連】
*Italy, I. Beacon. 
 IT9X/B ビーコンは、50.057MHz での運用を暫定的に再開しているが、Region1
のバンドプランに応じて、近々 50.440MHz に周波数を変更する予定。 運用地は
JM78lb で、標高923mの場所。 http://www.qrz.com/db/IT9X?ref=445690881 に
更報を掲載している。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]