SIX NEWS plus October '14
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Lichtenstein, HB0. 
 リヒテンシュタインから短期間ではあるが EME の DX ペディションが行わ
れる。 Frank:DL8YHR, Rainer:DF2NU と Carsten:DM1CG は、10月31日〜11月
2日に、リヒテンシュタインの Vaduz から 50/430MHz の EME に QRV する。
設備は 50MHz:7el/5el、430MHz:2x12el XP(クロス八木?)を持ち込む。 
144MHz でのリクエストがあれば、追加して 9elの XP を持ち込むとのこと。

*Zimbabwe, Z2. 
 Chris:PA2CHR (Z21CHR), Lins:PA3CMC (Z21CMC), John:ZS6JON (Z21EME) と
Paul:ZS6NK (Z21NK) は、11月1〜8日にジンバブエから EME ペディションを
行う。 現地からは 50/144/430/1200MHz を運用する予定。 QSL 情報は後刻
アナウンスする。 グループはこのペディションに対するドネーションを
募っている。 ウェブサイトは http://www.pa3cmc.nl に準備している。

*Madagascar, 5R. 
 国際チームがマダガスカルからの運用を計画している。 10月20日〜11月4日に、
マダガスカル北部の Nosy Be島から 5R8M のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB/
RTTY に QRV する。 現地には4セットの設備を常備し、24時間運用するとのこと。
現時点のオペレーターは
   CW   - Eric:ON7RN, Feri:YO5OED 及び Karl:OE3JAG
   SSB  - Ant:IZ8CCW (Leader), Michel:F5EOT, Steve:IZ5GST 及び Michele:IK5ZUI
   RTTY - Gabriele:I2VGW (Co-Leader), Marco:IZ2GNW, YL Manu:IZ8IYL,
          Mario:IK4MTK 及び Henri:F1HRE
また、欧米のパイロット局は Don:N1DG (USA), Rino:IK7JTF (ヨーロッパ) と、
Sergio:IK0FTA (50MHz) が務める。 このペディションは、マダガスカルのローカル
局:Michele:5R8UI の絶大な協力によるもの。 
 QSL は Giuliano:IK2VUC 宛にダイレクトまたはビューロー経由で送ること。 Web
site 内の OQRS でも受け付ける。 LoTW には 2015年5月までに全データをアップする
とのこと。 更報は 5R8M のウェブページ: http://www.mdxc.org/5r8m を参照のこと。
チームはスポンサーと皆さんからのドネーションを広く募っている。


【ペディション関連】
*Malawi, 7Q. 
 Karl:DK2WV は、マラウイから 10月1〜21日に 7Q7VW のコールサインで1.8-
50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 運用周波数は 1827(JA 向けは 1817)
/3507/7007kHz 及び 50.105MHz を中心に電波を出す予定。 QSL は DK2WV 宛
に QRZ.com の住所宛にダイレクトで請求のこと。

*Micronesia, V6. 
 Keizo "Kay":JH3AZC(早苗さん)、Takio:JH3QFL(畑さん)と Hiro:JR3GWZ
(小島さん)は、10月10〜14日にミクロネシアの Pohnpei島から 3.5-50MHz の
CW/SSB/RTTY/JT65 に、それぞれ V63AZ, V60O, V63GW のコールサインで QRV 
する。 更に V60EME のコールサインで 144MHz EME も運用する予定。 
QSL は、それぞれのホームコール宛に請求のこと。

*Palau, T8. 
 Mike:JA6EGL(三宅さん)、Hirotaka:JA6KYU(末永さん)、 Yasu:JA6UBY
(田尻さん)と Yu:JE6DND(林田さん)は、2015年1月9〜15日にパラオの Koror
島から、それぞれ T88SM, T88HS, T88CP 及び T88HK のコールサインで 1.8-50
MHz の CW/SSB に QRV する。 QSL はそれぞれのホームコール宛にダイレクト
で請求のこと。
 
*Seychelles, S7. 
 Heli:DD0VR と XYL の Bigi:DE3BWR は、旅行仲間の Petra と Didi と共に
セーシェルに渡り、11月3〜30日に S79VR のコールサインで運用する。 期間中
は主に Mahe から 11月4〜10日及び22〜24日に QRV するが、11月10〜16日には 
Praslin島から、また 11月16〜22日には La Dique島から運用する。 現地から
は移動運用スタイルで 3.5-50MHz の CW/SSB に IOTA 周波数を中心に QRV する。
設備は KX3+HL1.1 及び QRP 運用に KX1 も持ち込む予定。 QSL は DD0VR 宛に
ダイレクトまたは DARC ビューロー経由で請求のこと。

*Easter Isl., CE0. Update. 
 日本のチームが 2015年1月9〜17日に Easter島から XR0YJ のコールサインで
オンエアする。 Tatsuo:JA3ARJ(大串さん), Masumi:JA3AVO(中出さん), Shozo:
JA3HJI(西村さん), Jusei:JA3IVU(北井さん), Kunio:JH3LSS(宮川さん), YL 
Hiroko:JH3PBL(中出さん) と Shima:JI3DNN(島武さん) が、移動運用スタイルで 
3.5-50MHz の CW/SSB 及びデジタルモードで運用する。 QSL はオペレーターの
指示に従うこと。 ウェブサイトは http://www.nakade.jp/ce0y.htm 及び
http://ja3avo.blog81.fc2.com に準備している。

*Dominica, J7. Update. 
 10月19〜26日にドミニカから Janusz:SP9FIH と Kazik:SP6AXW が、それぞれ
J79L 及び J79X を運用するチームに、Bogdan:SP2FUD が加わり、J79F のコール
サインで QRV するとのこと。 CQ WW SSB Contest には、それぞれが 7MHz 及び
ハイバンドのシングルバンド部門への参加と、コンテスト前後の 3.5-50MHz への
QRV は計画どおり。 J79L と J79X 宛の QSL は SP9FIH が、J79F の QSL は
SP2FUD がそれぞれ扱う。 ウェブサイトは http://www.j7.dxpeditions.org
を参照のこと。

*Caribean tour, PJ4 & PJ2.
 Alex:PY2SEX/PY1KS/DL1NX は、次の日程でカリブ諸国から QRV する。
 11月25日〜12月2日に Bonaire島から PJ4S のコールサインで運用し、滞在期間
中の CQ WW DX CW Contest に参加する。
 その後、12月2〜9日に Curacao島から PJ2/DL1NX でオンエアする。
 どちらも 3.5-50MHz の CW/SSB を中心に RTTY にも QRV する予定。 設備は 
Elecraft KX3 と Buddipole を持ち込む。 QSL はどちらも DL1NX 宛にビューロー
またはダイレクトで請求のこと。 LoTW でも受け付ける。http://pj4s.py2sex.comhttp://pj2.py2sex.com 及び http://twitter.com/py2sex にオンライン情報を
準備している。

*Tromellin, FR/T. 
 フランスのチームが Tromellin島から 10月30日〜11月10日に FT4TA のコールサイン
で運用する。 現地からは 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV、50MHz は 50.105MHz
を中心にオンエアする。 オペレーターは Seb:F5UFX (Team Leader), Michel:FM5CD,
Vincent:F4BKV, Flo:F5CWU, Fres:F5ROP と Franck:F4AJQ の6名。  QSL は Yan:
F1NGP が扱う。 ダイレクトの場合は Yann Weber, F1NGP, 30 rue des bleuets, 
57070 Metz, France 宛に SASE で送付のこと。 IRC も受け付ける。 LoTW や OQRS
にも対応する。 http://www.tromelin2014.com/en/ に、このペディションに関する
ウェブサイトを準備している。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]