SIX NEWS plus Aug'01
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*W.Malaysia, 9M2NK QRT(西マレーシア)
 西マレーシアから 9M2NK で,また東マレーシアから 9M6NA でアクティブであった
JE1JKL:中村さんはこのほど現地の任期を終え,日本に帰国した。 今後,9M6NA から
は年に2〜3度,コンテストなどで運用するとのこと。

*Chad, TT8DX(チャド:アフリカ西部)
 現在休暇のためフランスに帰っている Chris:TT8DX は,8月28日にチャド南部の
Moudoun に戻り,Grid:JJ88aa から向こう1年間運用する予定。 設備は HF トラン
シーバと,28/24/21/18/14MHz のダイポール及び 10/7/3.5MHz は HF2Vヴァーティカ
ルの各アンテナ,それに AL-1500 のアンプも使う予定。 50MHz は 400W+2el HB9CV。
QSL は via F5OGL 宛に,フランス REF ビューロー宛またはダイレクトで
   Didier A. Senmartin, P.O. Box 19, F-35998 Rennes Armees, FRANCE
宛に。

*Oman, A45XR(オーマン:中近東)
 Chris:A45XR は,2001年8月2日にオーマンに戻り,運用を再開するとのこと。

*India Licensing Extended!(インド)
 既にご承知のことと思うが,インドでは 3.8MHz, 10MHz 及び 50MHz の特別免許が
2002年1月31日まで延長された。 周波数は 3790-3800kHz, 10100-10150kHz 及び 50MHz
は,これまでどおり 50.350MHz と 50.550MHz のスポット割当。

【ペディション関連】
*Midway, operated by DL7s & JA's(ミッドウェイ島)
 Rudi:KH4/DL7VFR と Tom:KH4/DL2RUM は,9月20〜29日にミッドウェイ島から 1.8-50MHz
の CW,SSB 及び RTTY を運用する。 QSL はそれぞれのホームコール宛へ。 詳細は
http://www.qsl.net/dl2rum/ を見られたし。
 また,WH2M/WH4(JE7RJZ)とN2IU/KH4(JP1JFG)も,9月23〜29日にミッドウェイ島から
HF+50MHz の運用を計画している。 50MHz は 100W+5el 八木を使う予定。 ビーコンを
50.125MHz で発射する。 QSL は JA1EOD 宛へ。

*Johnston Island, K3J(ジョンストン島)
 Dan:KH6UW 及び Mike:AL7KC, Bob:W7TSQ, それに Tom:K7ZZ は9月11〜18日に Johnston
島から WARC バンドを含む 1.8-50MHz の CW と SSB に,K3J のコールサインで QRV する。
設備は2または3セット準備し,コンディションに応じてヨーロッパとの QSO を優先する。
このペディションに対して協力戴いた多くの方々,殊にアンテナをサポートしてくれた
Force 12 に感謝する。 QSL は AH6HN 宛へ。

*Dominica, J75J(ドミニカ:カリブ)
 FDXPG(Florida DXPedition Group) の Bill:W4WX(J75WX), William:N2WB(J79WB), Bob:
KR4DA(J79DA), Larry:W1LR(J79LR)及び Clarence:W9AAZ(J79AA) は,10月23〜30日にドミ
ニカから QRV,10月27-28日の CQ WW SSB DX Contest に参加する。 コンテストでのコール
サインは J75J で,オールバンドを運用する。 コンテストの前後は 50MHz 及び CW,SSB,
PSK-31 及び RTTY にも QRV する。 J75J の全ての QSL は KR4DA 宛へ。 J79WB の QSL 
は,マネージャの N2OO へ,他の QSL はそれぞれのホームコールへ。 このペディション
に関する詳報は http://www.geocities.com/j79wb/index.html を見られたし。

*Cape Verde Islands, D44TD(ケープ・ヴェルデ:大西洋北東部)
 Jose:EH7KW(ea7kw@ure.es)からの情報によると,Xara:CT1EKF は8月25日から 40日間
ケープ・ヴェルデから IC-756pro+4el を使って D44TD で 50MHz を運用する。

*Maritime Mobile Indian Ocean(インド洋)
 この5月の 3B6RF(アガレガ島)の DXペディション時に良い「パイロット」にもなった
Andy:G0KZG が,2001年8月21日〜11月11日にインド洋上から 50MHz に QRV する。 行程
は南アフリカの Durban からスタートし,8月30日にセィシェル着,同日中にセィシェル
を出港して北に向かい,中近東のオーマンに9月29日に入港する。 その後はアラビア湾
近海及びインド洋北部を11月11日まで航海する予定。

*Ghana, 9G(ガーナ:アフリカ西部)
 Arliss:W7XU, Ed:W0SD と Dick:K5AND の3人は,10月26日から11月4日まで,西アフリ
カのガーナから 50MHz を運用する。 運用地は,ガーナの首都 Accra から南西に 100km
ほど離れた大西洋岸の Elmina(IJ95)。 2台の FT-100D に 3CX800 のアンプ,それに高さ
27フィート(約8m) の 7el を準備する。 また,28.885/14.345MHz 用に 100W の HF 設備
とビーコンモードで運用可能な CWキーヤーも準備する予定。 現地からインターネット接続
が可能かどうかは不明。 ビーコン周波数などは追って発表する。 このペディションに
対するコメントや助言を待っている。 F2 のビッグオープンを期待したい。

*Saipan, N. Marianas, KH0/JG3DOC(サイパン)
 JG3DOC は9月14〜17日にサイパンから HF+50MHz を運用する。 QSL はホームコール
宛へ。

*Swaziland, 3DA0DF & 3DA0FR(スワジランド:アフリカ南部)
 Sigi:DL7DF の一行は,今年も DXペディションを計画している。 今年のターゲットは
3DA:スワジランド。 ライセンスは既に発行されており,3DA0DF と 3DA0FR のコールサイ
ンは発給済。 今回のペディションは,9月30日〜10月13日に行う予定で,HF のオール
バンドと 50MHz の CW,SSB,RTTY と PSK31 を運用する。 メンバーは DL7UFR, DL7KL, 
DL4WK 及び DL7DF で,設備は3台のリグと2台のアンプ,アンテナはビームとローバンド
用には Titanex V80 ほかのヴァーティカルを準備する。 一般的な DX 周波数で運用し,
スプリット運用を基本とする。 QSL は via DL7DF へ。 オンラインログやその他詳報は
http://www.qsl.net/dl7df を見られたし。

*Guantanamo Bay, KG4DX(グァンタナモ・ベイ:カリブ)
 Florida DX Pedition Group (FDXPG) のメンバーである Bill:W4WX は,キューバのグァ
ンタナモ・ベイから9月7〜14日に KG4DX で運用する。 HF と WARC バンド及び 50MHz
の RTTY と SSB にも QRV,QSL はダイレクトまたはビューロー経由で W4WX 宛へ。

*Peru, EA4BQ/OA & OA4/N6XQ(ペルー)
 Olli:EA4BQ/OA は,この秋に 100W+3el でペルーの首都 Lima から 50MHz に QRV する。
 また,N6XQ は,以下のとおりペルーの首都 Lima から 50MHz を運用する。
  期 間:8月27日〜9月12日,9月24日〜10月10日
  運用地:Lima (FH17)
  設 備:IC706+3el:高さ40フィート (12m)
  コールサイン: OA4/N6XQ
  運用周波数:50.110MHz をモニター,オープン時は 50.102MHz で QRV
 なお,Lima から出ていた OA4B の 50MHz ビーコンは,新たな運用地が見つかるまでの
間,運用を停止している。

*Rotuma, 3D2AG/P(ロツマ:南太平洋)
 Antoine:3D2AG は,この10月から11月にかけてロツマからの運用を計画している。
アンテナが設置できる限り,50MHz を運用に努力したい。

*Conway Reef(コンウェイ・リーフ:南太平洋)
 YT1AD:Hrane とヨーロッパのグループはコンウェイ・リーフからのペディション
を計画している。 彼らは一旦フィジーに9月30日に到着し,コンウェイ・リーフ
には10月1日の 08z に上陸の予定で,即座に運用を始めたいとのこと。 現時点
でのオペレータは,YT1AD,YU7AV,YZ7AA,YU1AU,YU1DX,Z32ZM らで,YT6A,RZ3AA と 
K1LZ も参加する見込み。 運用周波数は 1.8-50MHz の CW,SSB 及び RTTY。 
モードによりコールサインを使い分ける予定。

*East Timor, 4W/CU3FT(東ティモール:南太平洋)
 最近,アクティビティが低下気味の東ティモールであるが,近々 Carlos Poinho:
CU3FT がポルトガル空軍の国連部隊として首都の Dili に6ヶ月間滞在する。 Carlos は,
アゾレス島からアクティブな DXer で,通信技術者でもある。 彼は 4W/CU3FT のコ
ールサインで可能な限りアクティブに QRV することが期待される。 ライセンスは国
連から既に発行されており,DXCC への認定手続き中。 10月,11月の DX シーズンに
は,50MHz への QRV も計画しており,また WARC バンドの運用にも傾注したい。
また,Carlos は,ETARA - East-Timor Amateur Radio Association との関係の継続
や,完全独立後にライセンスを管理することになる関係部署との一緒に仕事をしたり,
政府機関へのアマチュア無線の紹介・PRなども実施したい意向。 QSL はマネージャ
の CT1EEB/4W6EB 宛に以下の住所へ, 
     Jose Emanuel Ribeiro de Sa, P.O.Box 79, P-3860 Estarreja Portugal
上記の情報は Jose CT1EEB(VK8CS,4W6EB,CU3/CT1EEB, http://www.qsl.net/4w6eb)
からのもの。 なお,Carlos は 50MHz のビームアンテナと QSL のスポンサーを
探している。

*Mozambique, C91RF(モザンビーク:アフリカ南東部)
 Joe:CT1HZE からの情報によると,DL6DQW は9月19〜23日に C91RF のコール
サインで再び 50MHz に QRV する。

*Papua, New Guinea, P29VB(パプア・ニューギニア)
 Ross:N5HHS は QRP 運用によりオーストラリアから VK4BRK で,またパプアニュー
ギニアから P29VB で,8月23日〜9月3日に運用する。 7-50MHz での運用となる
見込みで,周波数は 14342.5/18157/21437/24977/28337 の各 kHz 及び 50.110MHz 
の予定。 QSL は N5HHS 宛へ。

*Kwajalein, Marshall Islands, V73CW(マーシャル)
 Bruce Smith:AC4G は再びマーシャルに滞在し,V73CW で QRV する。 今回は8月
21〜30日に 18/24MHz を主に運用する見込み。 特にヨーロッパ方面との QSO に傾注
するが,50MHz への QRV にも努力する。 なお,サテライトについてはローテータ
が壊れているため現時点では運用できない,また,RTTY と PSK31 は次回運用したい
とのこと。

*Micronesia, V63KA, V63MC V63YB(ミクロネシア)
 Katsu:JH8BKL/V63KA,XYL Michiko:JF8IYR/V63MC 及び Susumu:JH8MYB/V63YB は,
ミクロネシアの Pohnpei Island (IOTA:OC-010)から8月31日〜9月6日に,3.5-50MHz
の SSB,CW と 29MHz FM を運用する。 V63KA は All Asia SSB Contest に参加したい
意向。 V63KA と V63MC は via JH8BKL, Katsuhide Kawase, 284-30 Kawaguchikisen, 
Teshio, 098-3312 JAPAN 宛へ,また V63YB の QSL は via JH8MYB, Susumu Harada, 
3-8 Taga, Mikasa, 068-2152 JAPAN 宛へ。

*Bhutan, A52UL(ブータン)
 Tony:IK7WUL は,8月15〜28日に,ブータンから A52UL を運用,50MHz にも QRV 
する。 QSL はマネージャの I7JFQ 宛,または IK7WUL 宛へ。

【ビーコン関連】
*East Timor(東ティモール)
 4W6UN 及び 50.097MHz で運用されていたビーコンは,7月下旬以降運用を停止してい
る模様。 東ティモールからは 4M6MM(時には 4U1ET でも QRV)が 50MHz を運用する。
なお,東ティモールの "4W" のプリフィックスの今後の動向には,注意が必要。

【QSL Info】
*CE0Y/W7XU(イースター島) 
 この3〜4月にイースター島から CE0Y/W7XU のペディションを行った Arliss:W7XU は,
このほど QSL を送り終えた。 QSL が届かない場合は w7xu@dtgnet.com に E-mail で,
QSO 日時を添えて問い合わせて欲しいとのこと。

【その他】
*Do you need QSL from Australia?(オーストラリアの郵便事情)
 Arne:SM7AED からの情報によると,オーストラリアでは郵便制度が一部改訂され,海外
宛については,国際用の特別切手の使用が義務づけられ,従来のオーストラリアの切手は
国際郵便には使用できなくなった。 また,返信用に IRC を送る場合,発行郵便局のスタ
ンプが不鮮明な場合や,発行後1年以上経過したものは,オーストラリアの切手に交換で
きないことになったので,注意が必要。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]