SIX NEWS plus Nov'01
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Aland, OH0JFP(アランド島:フィンランド)
 10月下旬のショートパスで JA からも QSO に成功した,アランド島の OH0JFP は
地元の在住者で,丘の上のロケーションから 400W + 6el スタックで QRV したとの
こと。 彼はアンテナを 6elx4 に拡大する予定があるとのこと。

*Philippines, N7ET/DU7(フィリピン)
 JE2OVG:AKI からの情報によると,N7ET/DU7 のグリッドは PJ19ph。 ダイレクト
の QTH は,Mr.Dale Law, Silliman University, 6200 Dumaguete City, Philippines.

*East Timor, 4W/CU3FT. Update(東ティモール)
 Carlos:CU3FT は目下 4W/CU3FT で運用しているが,数週間前には 24MHz や 18MHz
などでも聞かれた。 24MHz では 24.945MHz でヨーロッパ向けに 1215z 頃に出ていた。
14MHz では,1100z 以降に 14.210 または 14.240MHz で QRV している。 また,ヨー
ロッパからは,彼が 50MHz でも運用しているとのリポートが上がっている。 Carlos
の QSL マネージャは Jose:CT1EEB で,宛先は
 CT1EEB: Jose Emanuel Ribeiro de Sa, P.O. Box 79, 3860 Estarreja, Portugal
Carlos はまた,切手収集に興味があるアマチュアは,直接東ティモールの Carlos の
住所 Carlos Poinho, Apartado 93, Dili, Timor-Leste / East-Timor に QSL を送れば,
2002年5月に完全独立した際に UNTAET が発行する切手で返信できるかもしれないとの
こと。

*Afganisthan, YA5T(アフガニスタン)
 The Daily DX によると,北部同盟による Islamic Republic of Afghanistan の外
務当局は,このほど Peter:ON6TT, Matts:SM7PKK そして Robert:S53R に対し,YA5T 
のコールサインを発給したとのこと。 QRV があれば,50MHz でも ニューエンティ
ティとなる可能性もある。
(註:原文では "the foreign ministry" がコールサインを発給したと伝えており,
      電波管理当局(日本で言うところの総務省郵政事業庁)との関わりは触れられて
   いません。 この運用が DXCC に認められるか否かは ARRL 次第ですが,例えば
   同じ時期にタリバン勢力側から別のグループに "YA0T" のコールサインが発給さ
      れたとします。 さて,ARRL はどちらを DXCC に認める・認めないでしょう? 
   あなたが ARRL の DXCC デスクだったら,どんな根拠に基づいてどのように処理
   しますか?)

*Belgium. Special prefix OQ(ベルギー)
 ベルギーの局は,10月25日の Elisabeth 王女の誕生日を記念して,2001年末まで
OQ の特別プリフィックスを使用できるとのこと。

*Vietnam, XV3AA(ベトナム)
 ベトナムからアクティブな XV3AA:黒田さんは,このほど日本からベトナムに戻り,
運用を再開した。 今後も 50MHz を継続してワッチするとのこと。

【ペディション関連】
*Chatham Island, ZL1WY/ZL7(チャタム島:太平洋南部)
 Hiro Miyake:JF1OCQ (W1VX,ZL1WY) は,11月30日〜12月5日の期間,チャタム島への
50MHz DX ペディションを行う。 彼はチャタム島の "Hotel Chatham" から 50.115MHz
でブレーカブル・ビーコンを発射して FT-100D (100W)+ 4el八木を用いて ZL1WY/ZL7 
のコールサインで運用するとのこと。

*Midway Island, KH4(ミッドウェイ島:太平洋中部)
 Jerry:W7IEW は,2002年6月8〜25日にミッドウェイ島からの運用を目指して準備
を進めている。 彼は既にシャックを確保しており,CW オペレータやこのペディショ
ンへのスポンサーを探している。 1.8-28MHz と 50/144MHz にも QRV する見込み。
詳細は http://community.silverlink.net/midway/DXpedition.html を参照されたし。

*Saipan, N. Marianas, KH0(サイパン)
 JA1RJU:小笠原さんからの情報によると,JA6VQA は 2002年2月8〜11日にサイパン
から HF 及び 50MHz を運用する。 QSL はホームコール宛へ。
 また,2002年3月16〜20日には JJ2NYT がサイパンから HF と 50MHz を運用すると
のこと。

*Niger(ニジェール:アフリカ西部)
 2001年に 5U2K, 5U3T 及び 5U5A の運用を行ったクルーが 2002年1〜2月に再びニ
ジェールから2週間ほど運用する。 今回は,アメリカ及びイタリアから3〜4人のオ
ペレータが新たに参加し,少なくとも3局同時運用で 1.8/3.5MHz の運用に力を入れた
い。 運用周波数及びモードは 1.8-28MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 と,50MHz の 
CW/SSB。 近日中にこのペディション Web Page を立ち上げる予定。 コールサインは
後刻発表する。

*Nicaragua, YN/DL7CM 
 Hans:DL7CM, Mike:DL2OE 及び Dietmar:DL3DXX は,当初計画より3日遅れ,2002年2
月18日〜3月8日に中米ニカラグアから QRV する計画を進めている。 ライセンス取得
については既に手配済みで,YN/ホームコールで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する
予定。 特にローバンドの CW/RTTY に力を入れる。 V80 と LP5 のアンテナとアンプを
持ち込む。 QSL はそれぞれのホームコールアドレスへ。 http://www.qsl.net/dl7cm 
の Web Page もチェックされたし。

*Brazil, PY(ブラジル)
 OZ6OM からの情報では,Christophe:F1RPC は,2001年12月20日から1ヶ月間,ブラ
ジルの Rio de Janeiro から IC-706(100W)+5el で 50MHz を運用する。 

*Cocos Islands, TI9M. Update.
 Cocos Islands (TI9) は,世界一の大きさ(面積47平方キロ)の無人島で,ここ数年
の "most wanted lists" でジワジワと順位を上げている。 この島はコスタリカ領で,
北緯5°32',西経87°04'に位置し,本土から375マイル(約700km)南西の太平洋上に
浮かんでいる。 Henry Grunbeck:TI2HMG は,何人かのオペレータと共に,2002年2月
7〜3月1日に,この「セミ・レア」島へのペディションを計画している。 計画では
1.8-50MHz の CW/SSB 及び RTTY を5局で運用し,コールサインは TI9M を希望してい
る。 このペディションに関する Web サイトは http://www.qsl.net/ti2hmg/cocos.htm 
に立ち上げている。 50MHz は IC-706+600W アンプに 6el を使い 50.102MHz の CW と
50.145MHz の SSB に QRV する予定。 オペレータには 50MHz の経験豊富な Matt:KA0KKO
(da1mh@compuserve.com) が参加する。

*W.Samoa, 5W(ウェスタン・サモア:太平洋南部)
 Bill:W7TVF は,11月20日〜12月10日に Samoa (IOTA:OC-097) から 1.8-50MHz の CW
を中心に運用する。 コールサインは未定。 グレイラインパスを狙ってヨーロッパ
及びアフリカ向けのローバンドに力を入れたいとのこと。 ログサーチを含む本ペディ
ションの情報は http://www.air-internet.com/~w7tvf を参照してほしい。

*Fiji, 3D2/VK2IR(フィジー)
 Tommy の次回のペディションは,フィジーから 2002年1月に運用する予定。 詳報
後刻。 なお,SIX NEWS plus 9月号でご紹介した Tommy の Midway (KH4) 及び 
Tonga (A3) 行きはキャンセルとなった。

【ビーコン関連】
*Jan Mayen Beacon(ヤン・メイヤン島:北極圏)
 JX7DFA/B が 50.079MHz で運用している模様。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]