SIX NEWS plus Apr'02
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*China, BD.../4(中国)
 Jiangsu DX Club の BA4RC, BA4TA, BA4RD, BA4RF, BA4TB, BD4RS, BD4XF, BD6BW 
及び BD5RV は,それぞれの Homecall/4 で5月1〜3日に Dongxilian Island 
(IOTA に AS-135 を申請中)から WARC バンドを含む 3.5-50MHz の CW/SSB/PSK31
で QRV する。 QSL は全て via BA4RD (Ken Wang, P. O. Box 538, Nanjing 
210005, China) 宛へ。 ログは http://www.jsdxc.org で参照可能。
(註:この "Dongxilian Island" がどの島を指すのか,手元の資料で調べた限りで
   は判りませんでした。)

*Greece, J48ALO(ギリシャ)
 Dimitris:SV2CCA, Chris:SV2DGH そして Giannis:SV2FPU は,ギリシャの Aloni-
ssos島 (KM19, IOTA:EU-072) から6月2〜16日に J48ALO のコールサインで 3.5/7
/10/14/18/21/24/28MHz 及び 50MHz の CW/SSB で QRV する。 QSL は via SV2DGH 
宛へ。 ログは http://www.qsl.net/sv2dgh で参照可。

*Dominican Republic, SM0JHF/HI9(ドミニカ共和国:カリブ)
 4月上旬の 1200z 頃に 28MHz の CW に現れた Henryk:SM0JHF/HI9 は,50MHz へ
QSY する旨打っていたとのこと。 詳細不明。

*Singapore, 9V1XE(シンガポール)
 シンガポールに戻った Mirek は,以下の条件で 50MHz の暫定免許を得た。
 ・周波数:50.075, 50.100, 50.125, 50.150 及び 50.175 を除く
            50.080-50.180MHz
 ・有効期限:2002年6月30日
彼は,暫定免許の更新を望んでいる。 シンガポールからは少数ではあるが,彼と
同様に暫定免許を得て 50MHz に QRV している局がある。

【ペディション関連】
*Nepal, 9N7WU(ネパール)
 Kaz:JA8MWU は,4月29日〜5月3日にネパールの Katmandu に滞在し,9N7WU の
コールサインで 14/18/21/24/28/50MHz の SSB のみで運用する。 QSL はホーム
コール宛へ。

*E. Malaysia, 9M6/JA1WPX(東マレーシア)
 Tada:JA1WPX は東マレーシアから 9M6LSC のコールサインで4月28日〜5月3日
に 7-50MHz の CW/SSB/FM と,可能であれば RTTY に QRV する。

*Swaziland, 3DA0LJ(スワジランド:アフリカ南部)
 Hide:JM1LJS は,スワジランドから 3DA0LJ のコールサインで5月1〜3日に 7-
50MHz の CW/SSB を運用する。 4月30日にはボツワナに立ち寄るが,A25 のコール
サインでの QRV にトライする予定。 http://radio- dream.com/3da0lj/ をチェック
されたし。 QSL は via JM1LJS 宛へ。

*Ogasawara, JD1YBO, JD1BKQ(小笠原諸島)
 Tack:JD1BKQ, Nori:JA1OZK とその一行は4月に小笠原諸島 (IOTA:AS031) に DX 
クラブ局を設置し,5月1〜5日に CW/SSB/RTTY で JD1YBO を運用する。 JD1BKQ 
がハイバンドを,JA1OZK がローバンドと 50MHz を主に運用する予定。 QSL は 
JD1YBO 宛にビューロー経由か,ダイレクトで Tatsuhiko Kimura (JD1BKQ), 79-142 
Nara-cho, Saitama-city, 331-0042 Saitama, JAPAN (〒331-0042 埼玉県さいたま
市奈良町79-142)宛へ。

*Bahamas, C6AGN(バハマ:カリブ)
 Bill:KM1E は,C6AGN のコールサインでバハマの FL16 から4月10日〜5月29日に
運用する。 QSL は via W1DIG 宛へ。

*Canada, VE1/W1CBI(カナダ)
 David:W1CBI は,6月10〜21日にカナダ東部 VE1 から 50MHz を運用する。 6月
10日には FN73,FN74,FN85 から,11〜15日には FN85,FN95,FN96,GN06 そして可能であ
れば GN05 から,さらに 16〜20日に FN85 からそれぞれ QRV し,21日には FN74 と
FN73 から運用する予定。ヨーロッパとの QSO を期待している。 昨年の11月には 
FN96 から 100局以上と QSO した実績がある。

*Bahamas, C6AIE(バハマ)
 John:C6AIE/WZ8D によると,彼は6月3〜13日にバハマの Abaco島に行き,ARRL 
June VHF コンテストに 50/144MHz で参加する。 50MHz をメインに運用するが,バン
ドがオープンしていない時は,他のバンドでも運用する。 全ての QSL は WZ8D John 
Walker, 1930 Meredith Ln., Loveland, Ohio 45140, USA 宛へ,SAE+1IRC または $1
で請求のこと。 ビューロー経由からでは返送しない。 彼は7月または8月にカナ
ダのレアグリッドからの運用も計画している。
 さらに John:C6AIE/WZ8D からの情報では,Joe とその一行は C6AJR(W8GEX) はバハ
マの Eleuthera から7月下旬に C6DX のコールサインで 10 10 contest に参加する。
50MHzも 100W+3el を持ち込み,運用する予定。
(註:10 10 Contest は 28MHz の愛好者のコンテストです。)

*Market Reef, OJ0VR(マーケットリーフ)
 Seppo:OH1VR は5月8〜9日の 12時間,3.5-28MHz と可能であれば 50MHz の CW/
SSB でマーケットリーフから運用する。 Seppo によると,OJ0VR のサイトには 15分
で上げられる 50MHz の 5el を置いているとのこと。 今回はリーフの 6kW 発電機の
メンテを実施する。 Seppo はこの夏に2〜3回 OJ0 から運用する予定。 QSL は 
OH1VR 宛のダイレクトのみ。 ビューロー経由では届かないので注意のこと。

*Ireland, EJ0A(アイルランド)
 Limerick Radio Club のメンバーは,アイルランドの Aran Islands (IO55, IOTA:
EU-006) から5月24〜26日に 3.5-50MHz を運用する。 QSL は via EI8EM または 
W2ORA 宛へダイレクトまたはビューロー経由で。

*Maldives, 8Q7(モルディブ)
 JA2AAU をリーダーとする JA2 の DXpedition グループは,5月10〜1日にモルディ
ブから 3.5-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31/SSTV を運用する。 コールサインと QSL 
ルートは,8Q7NK (via JA2AAU), 8Q7FO (via JR2FOR), 8Q7HS (via JA2AZX), 8Q7IC 
(via JA2AIC), 8Q7JA (via JA2ALN), 8Q7MI (via JJ2KYT), そして 8Q7TE (via 
JA2ATE)。 現地からは 50MHz のビーコンを 50.120MHz で発射する予定。 ビーコ
ンが聞こえたら 50.125MHz でコールして欲しいとのこと。

*Mariana Islands, KH0/JM1YGG(サイパン)
 KH0/JM1YGG が5月16〜19日にサイパンの QK25 (IOTA:OC-086) から QRV する。
QSL は JM1YGG 宛へビューロー経由で。

*Afghanistan, YA/G4KUX(アフガニスタン)
 Ron Stone:GW3YDX らはこのほど,アフガニスタンの通信インフラの補修要員とし
て Kabul に滞在している Nick G4KUX 向けの Vine 6M4 アンテナと,HF 用の GAP 
Titan アンテナをロンドンに発送した。 Nick は数ヶ月間アフガニスタンに滞在する
見込み。

*Bolivia, N6XQ/CP6. Update(ボリビア:南米)
 ボリビアから運用した N6XQ は,4月上旬に Luis:CP6EB と 50MHz で QSO した
が,Luis は FT620 に 3.5MHz用のダイポールを 50MHz に使用しており,また健康上
の問題を抱えていることから,50MHz への QRV はあまり期待できそうにない。
 N6XQ/CP6 は4月上旬現在,42カントリーの 312 局と QSO している。 1999年の
CP1 からの 20カントリー,300 QSO と比較して,磁気赤道に近いロケーションでの
伝搬の違いを実感している。 ヨーロッパとは 32局,アメリカは W3,8,9 を除く全
エリアと 130局,また,沖縄とも 10局 QSO した。
 凄かったのは,OD5, XR0X, CE0Z, JY9, 5B4 で,また現地時刻 00z 頃のロングパス
による VU2LO との QSO も特筆すべきもの。 また,ヨーロッパとのパスはボリビアか
ら 100〜120°方向の Skew パスであった。
(註:ボリビアからヨーロッパへのショートパスは概ね 30〜45°方向ですが,上記の
   結果から,大西洋上方向のパスが良かったことが判ります。)

*Galapagos, HC8/XE1KK Results(ガラパゴス島)
 2002年3月24日〜4月2日にガラパゴスから 50MHz を運用した HC8/XE1KK の結果は
以下のとおり。
 ロケーション:Isla San Cristobal, Galapagos, Grid EI59
 QSOs: 137
  DXCC: 22 entities, 5W, 9Y, CE, CP, CX, EH8, FM, HC8, HK, HP, JA, K, KH6, 
                     KP4, LU, P4, PJ2, PY, TI, XE, YV, ZP
WAC にはヨーロッパができず。 ヴェネズエラとカリブ方面のビーコンは毎晩聞こえて
いた。

*HC2/XE1KK(エクアドル)
 2002年4月3〜4日にエクアドルから 50MHz を運用した HC8/XE1KK の結果は以下の
とおり。
 ロケーション:HC2FG's Home, Guayaquil, Ecuador, Grid FI07
 QSOs: 18
 DXCC: 9 entities, 9Y, FY, KP4, KH6, PY, TG, TI, XE, YS
(註:結果の善し悪しは別にして,ペディションの結果を公式に発表する姿勢は評価で
   きると思います。)

【ビーコン関連】
*Norway, LA7SIX/b(ノルウェー)
 LA7SIX は「シロクマの如き冬眠」から覚め,運用を再開した。 周波数 50.051MHz,
ロケーションは標高 100m の KP09jq で,設備は出力 20W + 200度方向の 5el 八木。 
受信リポートは la5tfa@hamradio.no 宛へ。

*Jan Mayen, JX.../b(ヤンメイヤン島:ヨーロッパ北方北海上)
 SM0KAK はヤンメイヤン島に 50MHz のビーコンを設置したい意向。 詳報はビーコン
の免許が下りて発表する。

【その他】
*DDFM CONTEST:French Departments Contest(フランス)
 フランスの国内コンテストである DDFM Contest は6月15日1600z〜16日1600z に開催
される。 モードは CW/SSB,周波数は 50.200MHz 以上。
(註:フランスでは 50.200-51.200MHz が 50MHz に割り当てられています。)

*Germany, HAMRADIO Friedrichshafen(ドイツ)
 6月28〜30日にドイツ南部の Friedrichshafen で開催される HAMRADIO Friedrich-
shafen(JN47rq) では,28日の現地時刻 1400 に 50MHz の愛好者のミーティングを計画
している。 Peter:DJ6XV がこのミーティングの幹事を引き受け,部屋を準備するとの
こと。 1件15分の講演や発表も受け付けている。 詳細は E-mail で Peter:DJ6XV 
(dj6xv@darc.de) へ。
(註:Friedrichshafen は,ドイツ南部スイス国境のボーデン湖北岸に位置する人口5万
   人ほどの町で,ツェッペリンの飛行船などで有名です。 どなたかこの HAMRADIO 
   Friedrichshafen に参加されませんか? 筆者は,実は2月にドイツに行った際に
   短時間ですが DJ6XV に会って,名刺を貰いました。 なかなか紳士なおじさんで
      した。)

*Scotland, GM3WOJ(スコットランド)
 スコットランドの GM3WOJ の QSL は,Steve:N3SL の娘さんの Kim が扱うことになっ
た。 オンラインログや QSL の詳細については http://www.qsl.net/n3sl/manager.htm
を参照のこと。

*QSL HC8N(ガラパゴス)
 Trey:N5KO/HC8N によると,過去10年間に渡り,50,000枚以上の QSL を発行してきた 
Derek Wills:AA5BT はこのほど,HC8N の QSL マネージャの座を降りた。
 HC8N の新しい QSL ルートは,W5UE (Randy Becnel, P.O. Box 170, Kiln, MS 
39556-0170, USA) 宛へ。
------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]