SIX NEWS plus May'02
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Sierra Leone, 9L1DX(シァラレオネ:アフリカ西部)
 Nick:5B4FL が 9L1DX と 21MHz で QSO したところによると,9L1DX は 50MHz の
アンテナを持っており,可能な時期に 50MHz にも QRV したいとのこと。 Nick は
殆ど毎日日没後にヨーロッパとのパスがあるので,QRV する際は 50.110MHz で CQ 
を出すように伝えたとのこと。

*Monaco, 3A2MU(モナコ:ヨーロッパ南部)
 モナコ当局は,3A1 と 3A2 のプリフィックスの局に 50MHz の免許を発給すること
になった。

*Afghanistan, S53R/YA5T(アフガニスタン)
 Robert:S53R/YA5T は IC-746PRO, IC-PW1 及びアンテナ用のアルミなどを携えて6
月上旬にアフガニスタンに戻った。 彼は 50MHz の 4el八木も持ち込んでおり,アフ
ガニスタンから 50MHz に QRV したい意向。 彼らは既に CW で 22000, SSB で 4500
QSOを記録しており,今後は SSB に力を入れたいとのこと。
 また,Chris:YA/G0TQJ は首都の Kabul から7月末まで運用する予定。 YA/G0TQJ
宛の QSL はダイレクトで Chris.M. Vernon, 66 Kesteven Road, Stamford, Lincs 
PE9 1SU, England 宛へ。

*United Kingdom. Special Event(イギリス)
 英国では女王即位50周年を記念して,6月1日0000z から6月30日2400z の期間中,
アマチュアに 2Q, GQ および MQ の特別プリフィックス使用が認められた。 このプリ
フィックスは,DXCC エンティティに関係なく使用され,例えば G, GD, GI, GJ, GM, 
GU 及び GW の局は全て GQ のプリフィックスを,また M, MU, MW の局は MQ のプリ
フィックスを使用できる。 これにより運用エンティティが判りにくい状況となるため,
注意が必要。 詳報は http://www.goldenjubilee.gov.uk のサイトで。
(註:英国では,G-シリーズ,M-シリーズそれぞれのプリフィックスに1つのサフィッ
   クスしか発給されないシステムとなっているため,上記のような運用形態が可能
   となります。)

【ペディション関連】
*Market Reef, OJ0(マーケット・リーフ)
 Seppo:OH1VR は OJ0VR のコールサインで,6月7〜10日に 100W+5el で 50MHzを運
用する。 QSL は Seppo Sisatto:OH1VR, Ojakatu 3 A 18, 33100 Tampere, FINLAND 
宛へ。 Seppo は連盟のメンバーではないので,ビューロー経由では届かない。
 また,SM5AJV, SM0GNS, SM5HJZ 及び SM0HPL はマーケット・リーフ (IOTA:EU-053) 
から6月13〜16日に最低2局以上を設置して 1.8-50MHz の CW/SSB を運用する。 QSL
は via SM5HJZ 宛へダイレクト (JonasYtterman, Lilla Breden, SE-740 10 Almunge, 
Sweden) またはビューロー経由で。 詳細や続報は http://www.mistra.se/oj0 で。

*San Andres Island, HK0(サン・アドレス島:コロンビア)
 DH7WW, DK8YY, DL2AKT, DL2OAP, DL3ALI, DL4ALI, DL4JS, DL4YY, DL7ZZ, DL8AKI 
及び HC2DX は,コロンビアの San Andres島(IOTA:NA-033) から7月16〜29日に 1.8-
28MHz の CW/SSB とデジタルモード,そして衛星と 50MHz を運用,期間中の IOTA コ
ンテストにも参加する。 コールサインは HK0ZZ を申請中。 QSL はダイレクトまた
はビューロー経由で DH7WW:Ulrich Moeckel, Muldenstrasse 1, 08304 Schoenheide,
Germany 宛へ。 詳細は Ralf:DL3JJ(DL3JJ@t-online.de) へ E-mail で問い合わせの
こと。

*Cayman Isl., ZF8(ケイマン:カリブ海)
 Lance:W7GJ からの情報では,彼は既にチケットを入手し,6月4〜13日にケイマン
に滞在する。 週末の ARRL June VHF QSO Party への参加を中心に6月4〜12日に
QRV する見込み。 運用地のグリッドは EK99,IC-706(100W) に最低でも 3el を持ち
込む予定。

*Benin, TY(ベニン:アフリカ西部)
 Georges:F8OP からの情報によると,2001年にベニン北部から運用を行った F5MOO
(TY7Z), F5CWU(TY9F), F5AOV(TY4DX) 及び F1PJB(TY6FB) のチームは,7月15日〜8月
14日にベニン南部からの運用を計画している。 運用地はトーゴ国境の Grand-Popo の
予定。 詳報後刻。
(註:Grand-Popo はギニア湾に面したベニン南西部の町で,西隣のトーゴ国境のすぐ
   東側に位置します。)

*Aruba, P40RM & P40MT(アルーバ:南米北方沖)
 Dick:W3RM と Mike:N3MT は5月29日〜6月19日にアルーバから 1.8-50MHz の主に
CW/SSB に QRV する。 QSL はそれぞれのアメリカのコールサインの CBA 宛へ。

*Saint-Pierre & Miquelon Isl., FP5KE(セイント・ピエール島:北米東部)
 Saint-Pierre & Miquelon Islands アマチュア・ラジオ・クラブの会長 Jean 
Christophe:FP5AC は,6月21〜23日に Miquelon沖に浮かぶ直径 90m の Ile aux 
Chevaux (Horses島) へのDX ペディションを行うと発表した。 メンバーは,Jean-
Christophe:FP5AC, Jean-Pierre:FP5CJ, Jean:FP5BU そして Jean-Marc:FP5BZ の
4人の "Jean" とコックの SWL:Claude。 コールサインは FP5KE で,1.8-50MHz
を運用する。 QSL はオペレータの指示に従うこと。 島のオーナーである Monsieur
Joseph Lucas が滞在を許可してくれたことに感謝する。

*Ogasawara, JD1(小笠原諸島:父島)
 6月8〜11日に小笠原諸島・父島 (IOTA:AS-031) から6人のオペレータが 50MHz 
を含むオールモード・オールバンドで QRV する。 コールサインは,JA1UII/JD1, 
JG1GGU/JD1, JH1HHC/JD1 JI1LET/JD1, JK1KNB/JD1 及び 7N2UTO/JD1。 QSL は via
ホーム宛へ。 詳報及びログサーチは 
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/9110/ で。
 また,JH0IEW/JD1 と JE0EHE/JD1 も6月8〜16日に同じ父島から WARC バンドを含
む 3.5-50MHz の CW/SSB を運用する。

*St. Paul Island, CY9(セイント・ポール島:北米東部)
 Ed(W0SD w0sd@rapidnet.com)によると,CY9:St.Paul Island からの運用を6月29日
〜7月8日に実施する。 2局は常時同時運用とし,コンディションに応じて更に1
局を暫定的に運用する予定。 50MHz は W7XU, N0QJM, W0SD 及び W0OE らが運用を担
当し,50.157MHz でのみ送信,それより上を受信する。 ビームと ACOM1000 のリニア
を持込み,連絡周波数は 28.886MHz 及び WIN LINK 2000 によるインターネット経由と
する。 運用地のグリッドは FN97。 QSL は W7XU 宛へ。

*Costa Rica and East Malysia..(コスタリカ&東マレーシア)
 アラスカの KL7/G4DMA は6月21〜24日にコスタリカの Turrialba から,その後
東マレーシアの Kota から9月13日〜10月1日に 100W で 50MHz を運用する。

*Amsterdam Island, FT1Z(アムステルダム島:インド洋南部)
 Caroline:F4DOT は,6月下旬にインド洋南部のアムステルダム島 (MF82) にボート
で渡り,FT-100+4el八木で 50MHz を運用する計画。 詳報後刻。

*Denmark, Bornholm island, OZ/DJ6TK(デンマーク)
 Wilf:DJ6TK は,デンマークの Bornholm島(JO75la, IOTA:EU-030) から7月中旬の
2週間 HF と 50/144MHz を運用する。

*Togo, 5V7XO(トーゴ:アフリカ西部)
 Francois:VE2XO が OPDX に伝えた情報によると,彼自身が8月25〜31日にトーゴの
首都 Lome から 5V7XO で運用する。 14/18/21/24/28MHz の RTTY/SSB を運用するが,
50MHz でも QRV する見込み。 また,彼は可能であれば隣国ベニン (TY) からも運用
したい意向。 設備は TS-850SAT/IC-706mkIIG+Acom-1000(1kW) に Sigma-5 vertical,
Sigma-6M 及び four-square Sigma-20 などのアンテナを使用する。

*Venezuela, YV5DTA(ヴェネズエラ:南米北部)
 Steve:W4DTA/YV5DTA は,6月19〜23日に YV5DTA で 7-50MHz の CW/SSB を運用す
る。 QSL は W4DTA 宛へ。

*Palau, T88ZF, T88QD(パラオ)
 T88ZF が6月29日〜7月6日にパラオから運用する。 QSL インフォは不明。
 また,これとは別に T88QD(7N4NQD) と T88ZK(7N4JZK) が7月17〜21日に HF+50MHz
を運用する。 QSL はホームコール宛へ。

*Guinea, 3XY7C(ギニア:アフリカ西部)
 DL7DF の一行は,ギニアから 3XY7C にコールサインで 10月30日〜11月13日に運用を
行うことを発表した。 2局以上を設置し,1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 に QRV,
また SSTV へもチャレンジする。 メンバーは DJ6TF, DJ7UC, DK1BT, DL4WK, DL7UFR,
DL7BO 及び DL7DF で,IC735x2台,IC706x2台と2〜3台の kW リニアに 14/21/28
MHz 用の TH3, 18/24MHz 用の A3WS ほかのアンテナと5台のコンピュータを持ち込む
予定。 QSL は DL7DF 宛へダイレクト,ビューロー経由のどちらでも可。 オンライ
ンログを準備し,ペディション期間中逐次更新する。 このペディションのパイロット
局は Bernd:DF3CB(bernd@df3cb.com),また,http://www.qsl.net/dl7df/3x/ に情報を
準備している。

*Pratas Island, BQ9P(プラタス島:台湾)
 The Chinese Taipei Amateur Radio League (CTARL) は,プラタス島への7回目のペ
ディションを6月4〜12日に実施する。 コールサインは BQ9P,オペレータは,チーム
リーダーの Paul:BV4FH をはじめ,Wong:BV5CR, Robert:BV3FG, Steven:K4WA, Sanford:
K5YY, Gary:W5FI そして Igor:W0IZ。 5局を設置し,1.8-50MHz を運用する。 今回
はオンラインログは無し。 QSL は KU9C が扱うが,ドネーションをお願いする。 
コメント他問い合わせは Steve:KU9C(ku9c@arrl.net) 宛へ。

【ビーコン関連】
*Yugoslavia, 4N1ZNI/beacon(ユーゴスラビア)
 ユーゴスラビアから,4N1ZNI が5月15日から運用を始めた。 周波数は 50.047MHz,
出力 1W で標高 200m の KN03wh から GP で QRV している。 

*Jan Mayen, JX7SIX beacon(ヤン・メイヤン島:ヨーロッパ北部北海上)
 Lasse:SM0KAK が製作した JX7SIX:50.079MHz のビーコンが6月5日,長時間に渡って
ヨーロッパに入感した。
 Per-Einar:JX7DFA によると,このビーコンはグリッド IQ50rx の全方向に開けた山頂に
設置しており,電源事情及び地元の Jan Mayen radio への影響を考慮して,出力は 10W
に抑えている。

【その他】
*JT44 Brings New Magic to the 6m Band.
 W7GJ が新しいデジタルモード JT44 に関する面白い話題(英文)を紹介している。 
興味ある方は
     http://www.bigskyspaces.com/w7gj/jt44.htm
を参照のこと。 また,K1JT のリンクは,
     http://www.qsl.net/pa2vst
にある。

*ARRL June VHF QSO Party(アメリカ・カナダ)
 日本の 6m & Down コンテストに相当するアメリカの ARRL June VHF QSO Party は,
50MHz 以上のバンドで,今年は6月の第2週末,8日1800z 〜10日0300z に開催。 
アメリカ,カナダとの交信が有効,多くの局があちこちのグリッドから QRV する。 
50MHz では1点/QSO。

*The computer virus W32.Klez.(コンピュータウィルス W32.Klez)
 ここを見ている多くの方が W32.Klez 付きのメイルを受け取ったことがあるのでは?
このウィルスは極めて悪質で,他のコンピュータにも感染するもの,知らないウチに
感染していることさえあり得る。 Symantec社は,このウィルスの検知と駆除のソフト
を無料で配布しているので,http://securityrespons.symantec.com のサイトを是非と
も見られたし。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]