SIX NEWS plus July'02
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*North Korea, P5/4L4FN. Update(北朝鮮)
 Bruce:KK5DO からの情報によると,彼は北朝鮮の Ed:P5/4L4FN 宛に AO-40 サテライト
運用のための設備や,既存のバターナットアンテナへの 18/24/50MHz 付加キットなどを
送った。 Ed は6月下旬まで Beijing(北京)に滞在し,これらの設備を入手して北朝鮮
に戻った模様。 50MHz では設備の改善が期待される。

*Iraq, YI9OM(イラク)
 Peter:YI9OM は 2002年11月までイラクの首都 Bagdad に滞在する予定。 Peter は
シリア(YK) やイラン(EP) などからの運用も計画しているとのこと。 しかし,これらの
国々では TV の Ch.2 が放送を続けていることから,50MHz の運用の可能性は現時点では
不明。 Peter の現在の設備は IC706(100W)+MFJ969+ 4el八木。 QSLマネージャは OM6TX。

*D.R.Congo, 9Q1YL & 9Q1A(コンゴ民主共和国:アフリカ中西部)
 コンゴ民主共和国のアマチュア無線は「現在進行」中。 通信当局 (PTT) は,2002年
7月1日付けで,9Q0AR:ARAC(コンゴのアマチュア連盟か?), 9Q1YL:Nicole, 9Q1MM:
Jean Philippe, 9Q1KS:Cyprien そして 9Q1A:Pat の5局の免許を口頭で許可した。
9Q5BQ が7月上旬にリポートされているが,この局は首都の Kinshasa からの運用では
ない模様で,またこの局のライセンスは通信当局でもコンゴのアマチュアの間でも,誰が
発給したのか判らない状況。 Nicole:9Q1YL と Patrick:9Q1A は現在 7/14/18/21/24/
28/50MHz を運用しているが,この他の特にローバンドはアンテナの敷地が限られている
ため,QRV は考えていない。 しかし,3.8MHz にはなんとか QRV したいとのこと。
Nicole は平日午後,Patrick は平日夕刻以降と週末に主に運用するので注意が必要。
9Q1MM と 9Q1KS は現時点ではアクティブに運用していない。 9Q0AR は ARAC のメンバー
によって運用されている。 コンゴにおけるアマチュア無線の広報と紹介のために 9Q0AR
はビジターによる運用も可能としている。 運用申請書は ARAC で準備しており,有効な
外国のアマチュア免許に基づいて運用可能。 オペレータは ARAC への加入と 100% 責任
を持って QSL を発行し,ログのコピーを ARAC に1部提出すること。 詳報は E-mail で
ARAC 宛:gckin@ic.cd または Nicole:9Q1YL への電話 (00 243) 99 43 838 で。
URL:http://www.qsl.net/f6blq/9q%20news.htm にも情報あり。
 なお,Gus:SM5DIC/9U5D が7月下旬に Kinshasa 入りし,8月31日まで 9Q0AR の運用許
可を得た。 この期間中の SM5DIC のオペレートよる 9Q0AR の QSL は SM5BFJ が,ダイレ
クトのみで扱う。 宛先は Mr.Leif Hammarstrom, Lerklockan 4, 73091 Riddarhyttan, 
Sweden

【ペディション関連】
*Croatia, 9A/S52SK, JN83/JN73(クロアチア)
 Marco:S52SK は,8月3〜18日にクロアチアの JN83dt から 9A/S52SK のコールサイン
で 50MHz を運用する。 モービル運用で JN73 からの QRV も計画する。

*Benin, TY7Z, TY9F, TY4DX, TY4FB. Update(ベニン:アフリカ西部)
 F8OP 及び DL7AV からの情報では,F5MOO, F5CWU, F5AOV, F1PJB は7月18日に現地に
到着し,7月19日〜8月12日の予定で Ouidah beach (JJ06) から運用している。 50MHz
の周波数は 50.120MHz,ビーコンは 50.100MHz で運用,設備は 100W+6el八木。 情報や
ログサーチは http://perso.wanadoo.fr/f5cwu/html/benin02.htm を見られたし。

*Marianas, KH0R(サイパン島)
 JE6DND はサイパンから9月7〜10日に HF+50MHz を運用する。 QSL は CBA へ。

*The Gambia, C5 (ガンビア:アフリカ西部)
 Juha Valimaki:OH9MM は,彼の30歳の誕生日を記念して,2002年11月に他の10人と共に
ガンビアに向かう。 Juha は Banjul の近く (IK13) からの運用を計画しており,11月
最終週末の CQ WW CW コンテストにマルチop/マルチtx またはマルチop/シングルtx での
参加する予定。 このコンテスト前後に 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 で QRV する。
Juha と共にガンビアからの運用に興味がある方は oh9mm@sral.fi 宛 E-mail で連絡され
たし。
(註:30歳の誕生日にアフリカからペディションとは,洒落た嗜好ですなぁ)

*Argentina, AY4EJ/D and AY3DTD/D. Confirmation(アルゼンチン)
 Mariano Viva:LU4EJ と Daniel Vicencio:LU3DTD は, 2002年10月4〜6日に ARIADNA 
島 (IOTA:SA-021) から史上初めて AY4EJ/D 及び AY3DTD/D のコールサインで運用する。
この運用は IOTA アワードに有効で,Bahia Blanca の南東沖約70kmの大西洋上に位置する
島。 設備は FT-817(QRP) と 150W のアンプ,アンテナは9本の GP を組み合わせた 14/
21/28MHz 用の AV3 と 3.5/7MHz はダイポールを使用する。 SSB の運用周波数は 3680,
7090,14260,14200,21260,21300,28560,28460 の各kHz と 50.110MHz。 ローバンドは CW 
で 3520 及び 7020kHz +/- を 2100z 以降に運用する。 あまり早い CW は受信できない
ので要注意。 問い合わせは lu4ej@hotmail.com まで。 QSL は,LU4EJ 及び LU3DTD 
の CBA までダイレクトまたはビューローで。

*Azores, CU7BC(アゾレス島:アフリカ北西部沖)
 Marco Dutra:CU7BC は7月18日〜8月25日に, アゾレス諸島の Pico 島 (HM58rl) から
50MHz 以上の周波数で運用する。

*U S A, K8B in grid EN67(アメリカ合衆国)
 The North Side Contesters Club は,9月21〜23日にミシガン州,Keweenaw カウンティ
の Brockway Mountain(EN67) から K8B のコールサインで HF/50/144/432MHz を運用する。
QSL マネージャは NV8V。 V/UHF では各周波数帯の SSB 呼び出し周波数 (50MHz では
DX向け:50.110MHz,アメリカ国内向け:50.125MHz)またはその 10kHz 上に注意のこと。
オペレータとして NV8V, N9RK, W8UFO, AB8KO, KA8FFM 及び N9SSN が参加の予定。 

*Miquelon, FP/K9OT and FP/KB9LIE. Update(ミケロン島:北米東部沖)
 Paul:K9OT と Peg:KB9LIE が8月11〜19日に行うミケロン島へのペディション情報は,
http://www.mhtc.net/~k9ot で最新情報が得られる。

*East Malaysia, 9M6/GM4DMA(東マレーシア)
 9M6/GM4DMA は9月12〜30日に東マレーシアの Sabah から 100W+5/8ヴァーティカルの
スタックアンテナで運用する。

*Guadeloupe, FG(グアデルーペ:カリブ)
 Project DX Team のメンバーは,8月5〜17日にグアデルーペの Terre de Haut 島 (IOTA: 
NA-114) から HF+50MHz の SSB/RTTY に QRV する。 メンバーは Andrea:FG/IK2XDE, 
Giovanni:FG/IK2JYT, Mario:FG/IK2HAB そして Luigi:FG/IW2MVS ら。 QSL は各ホームコール
宛にビューロー経由で。

【ビーコン関連】
*Jan Mayen, JX7SIX beacon QRV(ヤン・メイヤン島:北海)
 ヤン・メイヤン島から JX7SIX が運用している。 写真などは http://www.qsl.net/la7dfa/
から "JX7SIX beacon" をクリックすると紹介されている。 運用諸元は次のとおり。
 コールサイン  : JX7SIX
 周波数     : 50.079 MHz
 運用地     : Jan Mayen
 グリッドロケータ: IQ50RX
 出力      : 10 W 
 アンテナ    : スローピング・ダイポール
 ビーム方向   : 全方向
 運用モード   : A1A(普通の CW)
 メッセージ   : JX7SIX IQ50RX EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
 運用時間    : 24時間

*Yugoslavia, 4N1ZNI/b(ユーゴスラビア)
 ヨーロッパでは 50.047MHz で 4N1ZNI (KN03wh) のビーコンがリポートされている。
運用諸元等の詳細は不明。

*Kazakhstan, UN7QX, UN7GM(カザフスタン)
 PA4PA 経由の UN7GM からの情報によると,50.024MHz で運用しているカザフスタンの
ビーコン UN1SIX を受信した場合や,同じカザフスタンの UN7QX または UN7GM と 50MHz
で QSO したい場合は,un50mhz@alsi.com 宛に,コールサイン,周波数,モードなどの
リクエストを E-mail で送って欲しい。 シャックにいる限り,即座にリクエストに応じて
電波を出すとのこと。

【その他】
*Viking QSL service.
 なる QSL 転送サービスがお目見えした。 例えば EK6AD の QSL が Leif:SM3DBU 経由で
比較的容易に入手できるなど,主に旧ソ連諸国の QSL コンファームに貢献しそう。 勿論
「無料」ではないので,サービス内容,料金などは 
http://www.algonet.se/~sm7aed/viking-q.jpg を見られたし。

*Useful chat page.
 ベルギーの 50MHz DXer:ON4KST は,チャットなどを含む 50MHz 関連の有益な情報を
盛り込んだ Web Page を立ち上げている。 URL は http://www.on4kst.com/chat。
一度来場されたし!

*Croatia, 10 YEARS OF 9A(クロアチア)
 2002年はクロアチアに 9A にプリフィックスが割り当てられて 10周年になる。
Croatian Amateur Radio Association (http://www.hamradio.hr) は,今年の7月5日〜
12月31日に HF,VHF または 50MHz での 9A との交信に対し,特別アワードを発行する。
SWL 向けの受信アワードも準備している。 詳細は Denis Vincek:9A3Z (9a3z@hamradio.hr)
宛,E-mail で問い合わせのこと。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]