SIX NEWS plus November '02
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO/XU7ACD
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Iraq, YI9OM. Update(イラク)
 Peter:YI9OM は,このほど Bagdad のスロバキア大使館勤務を終えた。 彼の
後任として Mike:OM2DX (OM3JW の息子さん) が赴任の予定で,近日中にコール
サインを得る予定。 QSL は OM3JW 宛へ。 なお,YI9OM 宛の QSL は OM6TX
宛へ。

*N Korea, P5/4L4FN(北朝鮮)
 P5/4L4FN の Web Page : http://www.amsatnet.com/p5.html によると,Ed:
P5/4L4FN は QRT を余儀なくされ,設備一式国外持出処分を受けたとのこと。

*D. R. of Congo, 9Q1A(コンゴ)
 Pat:9Q1A は,Kinshasa から FT920+5el(8mH) で 50MHz への運用を再開して
いる。 9Q1A と 9Q1YL は 12月下旬に Kinshasa から Matadi(JI64) へ移転す
るため,12月15〜20日頃は運用を一時停止する見込み。 来年1月上旬から本格
的に運用を再開する意向。
 Pat のコメントによると,ヨーロッパで 3C の TV映像や TR0/b が入っている
時は,ヨーロッパ〜9Q のパスは無い。 しかしヨーロッパから ZS に
パスがある時には,その1〜2時間後にヨーロッパ〜9Q のオープンが期待され
る。 ベストタイムは 20-21z 頃だろうとのこと。 なお,SM7AED によると,
彼は 1989年11月5日に 9Q5EE と 1135z に QSO していることから,11-13z に
もパスがあるだろうとコメントしている。

*Belize, V31JP(ベリゼ:中央アメリカ)
 Joe Pontek:K8JP は,11月20日〜2003年4月までベリゼに滞在する。 彼は
V31JP のコールサインで 1.8-50MHz の CW を中心に運用,SSB や RTTY などに
も QRV する見込み。 QSL はダイレクトで KA9WON 宛へ。 彼の Web Page
http://mywebpage.netscape.com/v31jp/homepage.html に準備している。

*Iran(イラン)
 Massoud:EP2ES から SM7FJE に届いた情報によると,イランでは 50MHz の
運用は許可されていないとのこと。

*Sri Lanka, 4S7AB(スリランカ)
 Nick:5B4FL によると,スリランカの 4S7AB は自作 6el で 50MHz に QRV 
できる状況にあるとのこと。

*Guam, KG6DX(グアム)
 Joe:KG6DX はグアムに戻り,高さ20フィート (6m) の 5el で 50MHz の運用を
再開しているとのこと。

*S. Africa, ZS02AM(南アフリカ)
 Rudi:ZS6DX は,11月30日〜12月31日に特別局 ZS02AM (AM は African Moment
の意味) を運用する。  この局の最初の「イベント」は,12月4日の皆既日食を
記念するものになる。 Rudi は 1.8-50MHz の CW/SSB を運用する予定。 QSL 
は via ZS6DX 宛へ。

*Aruba, P49MR(アルーバ:カリブ)
 Martin:VE3MR は,アルーバから P49MR で 2003年4月まで 50MHz と 18/24MHz
を運用する。 QSL は VE3MR 宛へ。

【ペディション関連】
*Nepal, 9N7AS, 9N7WU(ネパール)
 Kiyo:JH3PAS は 12月23〜30日に首都の Kathmandu から 9N7AS で運用する。
引続き12月30日〜2003年1月6日には,JA8MWU が同じ Kathmandu から 9N7WU で
QRV する。 2局とも 1.8-50MHz の運用を予定しており,9N7AS は CW/SSB/RTTY
及び PSK-31 を,9N7WU は SSB のみを運用する。 QSL は JARL ビューローまた
はダイレクトでそれぞれのホームコール宛へ。
9N7AS -> JH3PAS - Kiyotaka Ichikawa, 1-74-3 Issiki-Nishi Hiraoka, 
    Kakogawa, 675-0117 JAPAN.
  (〒675-0117 兵庫県加古川市平岡町一色西 1-74-3 イチカワキヨタカ様宛)
9N7WU ->JA8MWU - Kazunori Abe, 12-5-9, 7-Jyo, Kagura, Asahikawa, 070-8007 
    JAPAN.
   (〒070-8007 北海道旭川市神楽七条 12-5-9  アベカズノリ様宛) 

*Ascension Island, ZD8Z(アセンション島:大西洋中部)
 Jim Niger:N6TJ/ZD8Z は12月6〜17日にアセンションから ZD8Z のコールサイ
ンで運用し,Bob:K6QXY から提供を受けた Alinco DX-70(100W) と Chip:N6CA 
の提供によるチューナーで 50MHz にも QRV する予定。 50.110MHz などの DX
ウィンドウに注意のこと。 Jim はパイルアップも大好きで,CW の腕もピカイ
チ! QSL は via VE3HO 宛へ。
(註:Jim:N6TJ は,このところほぼ毎年アセンションから ZD8Z で CQ WW コン
   テストなどに参加し,世界のトップスコアを維持しているスーパーオペ
   レータです。)

*Alaska, KG0VL(アラスカ)
 Jeffrey:KG0VL は,11月27日〜12月7日にオーロラの研究のためにアラスカ
北東部 (BP75) に滞在し,50MHz を運用する。 ビーコンは 100W で 50.065MHz
で運用,現地で1日22時間半の「夜間」は 6el+400W で 50.125MHz をワッチ
している。 28.885MHz はモニターできないが,部分的にインターネットが
使用できる。

*HAITI, HH2/DL7CM and HH2/DM2AYO(ハイチ:カリブ)
 Hans:DL7CM と Sid:DM2AYO は,2003年1月30日〜2月16日にハイチから
HH2/DL7CM 及び HH2/DM2AYO のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY で
運用し,主にローバンドと 50MHz 及び RTTY に傾注する。 彼らは残念ながら
4V のスペシャルコールは貰えなかったとのこと。

*East Malaysia, 9M6/GM4DMA(東マレーシア)
 Laurence Flo:9M6/G4DMA によると,彼は 12月12日から1週間,東マレーシア
の Sabah (OJ85bw) から 9M6/GM4DMA のコールサインで 50MHz を運用する。

*Guadeloupe, TO2FG(グアデルーペ:カリブ)
 Jack:F6HMJ は,12月16日〜2003年1月14日までグアデルーペから特別コール
サイン TO2FG で 50MHz を含むオールバンドで QRV する。

*Mexico, XE1/G3SVD(メキシコ)
 Andy:G3SVD はメキシコの EK09 から12月12日〜2003年1月1日に XE1/G3SVD 
のコールサインで運用する。 いつものとおり,家(シャック)にいる時は
50.102MHz で,リグの前にいる時は 50.110MHz でキーヤー(ビーコン?)を
運用する。

【ビーコン関連】
*Australia, VK6RSX beacon(オーストラリア)
 VK6RSX/B(OG89) が Perth での送信機の修理を終えて,11月10日に 50.304MHz
で運用を再開した。 既に M/S 伝搬で 1200km 離れた地からのリポートも上がっ
ており,順調に動作している模様。

*New Caledonia, FK8HA beacon(ニューカレドニア)
 FK8HA/b ビーコンが 50.080MHz で運用を再開している。 現地の夕方(ヨーロ
ッパの朝)の時間帯にはヨーロッパビームで運用している。 受信リポートは
lefdup@offratel.nc 宛へ。

【その他】
*KL7Y SK
 アラスカから 50MHz や各種 DX コンテストにアクティブであった Mr.Daniel K
Robbins:KL7Y が,10月下旬の CQ WW SSB コンテストをハワイの KH7R で M/M
(マルチトランスミッター/マルチオペレータ)運用後,バイク走行中に事故に遭
い,他界したとのこと。 50MHz では昨年の大晦日に JA に入感,QSO が記録され
ているようです。 http://www.kl7g.org/kl9a/pics/KL7Y_10m.jpg で 2001年の
CQ WW CW の彼の様子を見ることができます。 ご冥福をお祈りします

*The Gambia, C56RF ...-.- 
 Laurie Margolis:G3UML(BBC特派員)によると,Mr.Ronald Ford:C56RF がガン
ビアで殺害され,他界した。 享年66歳。 英国の Portsmouth から来ていた 
Ronald は,過去に訪れたことがあるこの西アフリカのガンビアで彼の休暇を過ご
していた。 彼の遺体は11月1日に発見され,ガンビア外交当局によると,殺人に
関わったとされる4人が身柄を拘束されている。 Ronald は非常に熱心なアマチュ
ア無線家でガンビアにも設備を持ち込んでいた。 Ronald の冥福をお祈りします。
 
*European postages(ヨーロッパの郵便料金)
 2003年1月から,
 (1)スウェーデン,ポルトガル,ノルウェーからのヨーロッパ域内向け
 (2)スウェーデン,ポルトガル,ノルウェー,スイス,ドイツ,オーストリア,
   英国からヨーロッパ域外向け
の重さ 20g の "Prioritaire" 扱いの郵便物が,1ユーロまたは US$1 以上の料金
になるとのこと。 SASE の同封 IRC に留意が必要。

*Condx expectation
 最新の太陽観測予想データによると,このところの Solar Flux は1年前よりも
44ポイント下回っており,次の太陽活動最低期は,Solar Flux が 2006年9月〜
2007年4月頃,サンスポット最低となるボトムは 2006年12月〜2007年1月頃と
のこと。

*Dodecanese, SV5BYR.
 Mike:SV5BYR は,このところメチャクチャに忙しく,この6月の QSO の QSL 発
送が遅れていることをお詫びするとのこと。 QSL は近日中に発送するとのこと。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO/XU7ACD
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]