SIX NEWS plus April '03
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
HS0/JF6DEA es KE1EO/XU7ACD/XY5D/XY6J
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Niger, 5U7JB & 5U7WP(ニジェール:アフリカ中北部)
 5U7JB は FT920 とクワッドアンテナで 50MHz を運用している。 Fred (G4BWP, 
XT2WP etc) も近々 5U7WP のコールサインで運用を始める予定。

*Nigeria, 5N6NDP/9(ナイジェリア:アフリカ西部)
 5N6NDP/9 がグリッド JK30 からの QRV している模様。 3月上旬以降,ヨーロ
ッパで入感している。

*Sierra Leone, 9L1BTB. Update(シェラレオネ:アフリカ西部)
 Zbig:9L1BTB は IC-706+5el を上げ,3月1日には ON, F, G など 19局のヨーロ
ッパと QSO した。 QSL は via SP7BTB 宛へ。 http://www.qsl.net/9l1btb の
サイトも見られたし。

【ペディション関連】
*Guam, K1HP/KH2(グアム)
 Yoshi:JE2EHP は4月11〜14日にグアムから K1HP/KH2 のコールサインで 3.5-50
MHzの CW/SSB を運用する。 QSL はビューロー経由で JE2EHP 宛へ。

*Andorra, C37URA(アンドラ:ヨーロッパ)
 6月18〜23日にアンドラからの運用を計画している Johan:ON4ANT は C37URA の
コールサインの発給を受け,50MHz EME の許可も得た。 アンドラ政府は今年の5月
1日までに 50MHz を解禁する予定で,Joan:C31US が続報を知らせてくれるとのこと。 

*Christmas Island, VK9XI(クリスマス島:インド洋)
 SIX NEWS plus 2月号でお伝えしたとおり,Steve:VK3OT(ex-VK3SIX) は,4月7
〜21日にクリスマス島から VK9XI で QRV する。 Steve は主に 50.115MHz を 10-
15z 及び 24z にワッチ,また 28.885MHz も昼間はワッチする。 パイロット局は
VK2QF と VK3AKK に加え,W7XC も務めることになった。 QSL は VK3OT 宛のダイレ
クト (Steve Gregory, P.O.Box 622 Hamilton, Victoria 3300, AUSTRALIA) のみ。
オンラインログは http://www.qsl.net/vk4cp/vk9xi/logbook.htm を,
更報は http://members.datafast.net.au/electronics/vk9x.htm を,そして
期間中のコンディション予想は 
http://members.datafast.net.au/electronics/vk9xi.htm をそれぞれチェックされ
たし。

*Christmas Island, VK9X-(クリスマス島:インド洋)
 大和アマチュア無線クラブ JA1ZEK のメンバー4人が4月26日〜5月2日にクリス
マス島から運用する。 Karl:JA3MCA/VK9XC, Kuni:JA8VE/VK9XE, Sasi:JA1KJW/VK9XK,
そして MAt:JA1JQY/VK9XY は,4台のリグと 400W のアンプ2台を持ち込み,1.8-50
MHz の CW/SSB/RTTY で QRV する予定。 運用周波数は,
CW:   1822/3507/7007/10007/14007/18077/21007/24897/28007kHz 及び 50.110MHz, 
SSB:  3799/7080/14170/18130/21270/24940/28470kHz 及び 50.110MHz,
RTTY: 14080/21080kHz。  50MHz では 50.110MHz でビーコンを発射する予定。
QSL はそれぞれのホームコール宛へ。
JA3MCA -Tachibana Kaoru, 1-7-5-403 Tsukimino, Yamato, 242-0002 Japan.
    (タチバナカオル:〒242-0002 神奈川県大和市つきみ野1-7-5-403)
JA8VE - Saito Kunio, 2-26-5-554 Nishitsuruma, Yamato, 242-0005 Japan.
    (サイトウクニオ:〒242-0005 神奈川県大和市西鶴間2-26-5-554)
JA1KJW - Nakayama Hisashi, 1-17-8 Shibuya, Yamato, 242-0023 Japan. 
    (ナカヤマヒサシ:〒242-0023 神奈川県大和市渋谷1-17-8)
JA1JQY - Matsui Shigeo, 2-31-10 Shimoseya, Seya, Yokohama, 246-0035 Japan. 
    (マツイシゲオ:〒242-0023 神奈川県横浜市瀬谷区下瀬谷3-31-10)

*Italy, IE9/I----(イタリア)
 Andrea:IK2XDE, Giovanni:IK2JYT, Antonio:IK2ZJR 及び Dario:IK4MEDは,Ustica
Islands (IE9, JM68or, IOTA:EU-051) から3月26日〜4月1日に 3.5-28MHz と 50
MHz 及びサテライトの CW/SSB/RTTY/PSK31/SSTV を運用する。 一行は CQ WPX SSB 
コンテストにも参加するが,コンテスト前後は IE9/ホームコールで運用する予定。
全ての QSL はそれぞれのホームコール宛へダイレクトまたはビューロー経由で。 
ウェブサイトは http://welcome.to/ik2xde に準備している。

*Dominica, J7---(ドミニカ:カリブ)
 Jon:AA1K と Jeanie:AB1P は4月5〜12日にドミニカから 1.8-50MHz,特に WARC
バンドの CW を中心に運用する。 コールサインは未定。 Jon は優れたオペレータ
で,Delaware の自宅からは 1.8MHz を精力的に運用している。 QSL はそれぞれの
ホームコール宛へ。

*Galapagos Isl., HC8N(ガラパゴス)
 ガラパゴスから HC8N が CQ WPX SSB コンテストを中心に QRV する。 オペレータ
は N5KO, XE1KK, NM5M, KI7WX, OH0XX, K5KA 及び LU8ADX。 一行は3月24日から運
用を始め,コンテスト前後には 1.8-50MHz に出る予定。  QSL は via W5UE 宛へ。 

*W. Sahara, SO5X(西サハラ:アフリカ西部)
 Marq:CT1BWW, Fernando:EA1BT, Juan Carlos:EA2RC, Julio:EA5XX, Max:I8NHJ, 
Jordan:KD7RCD, Doug:N6TQS, Hrane:YT1AD それに Miki:YU1AU は,4月16〜21日に
西サハラから S50X のコールサインで 1.8-50MHz を運用する。 QSL は via EA4URE
宛へ。 ログサーチは運用後 http://www.ure.es にアップの予定。 が。 質問や
コメントはパイロット局を務める EA5RM (ea5rm@ure.es) 宛へ。

*Myanmar, XY---(ミャンマー)
 2002年8月にミャンマーから QRV した Frank:DL4KQ が 2003年4月1〜15日に再び
ミャンマーからの QRV を計画している。 スケジュールでは,4月2〜3日が首都の
Yangon から,4月6〜14日が Yangon の西約200km のベンガル湾に面した Chaungtha 
から運用し,Chaungtha 滞在中には沖に浮かぶ島 (IOTA:Yangon/Irrawaddy/Pegu 
Region Group;AS-NEW) からの運用にもトライする。 実際の運用期間は現地の状況に
よる。 400W のアンプと G5RV アンテナとヴァーティカルアンテナで WARC バンドを
含む 3.5-28MHz の CW/SSB を運用,セカンドリグで 50MHz もワッチする予定。
コールサインは未定(彼のウェブサイトでは XY4KQ とアナウンスされている),QSL 
はホームコール宛へダイレクトまたはビューロー経由で。 詳報は
http://www.dx-pedition.de を参照されたし。

Mozambique, C9---(モザンビーク:アフリカ南東部)
 Max:IZ4DPV と Filippo:IK4ZHH は,4月20日〜5月4日にモザンビークの Maputo 
及び Beira から QRV する。 彼らは既に C93 のライセンスを取得しているが,運用
の数日前までは公開しない。 現地では WARC バンドを含む 3.5-28MHz の CW/SSB,
可能であれば RTTY を運用,また 50MHz もワッチする意向。 設備は 100W+TH7 と
ワイヤーアンテナ。 QSL はダイレクトで CBA またはビューロー経由で。 電子メイ
ルによる QSL や eQSL は受け付けない。

*Cayman Isl., ZF2BI(ケイマン:カリブ)
 Jim:K4BI は,3月27日〜4月8日にケイマンから ZF2BI のコールサインで運用
する。 これまでの運用のとおり,50MHz を中心に HF も含めて QRV する。

*Martinique, FM/F5LBG(マルティニーク:カリブ)
 Bernard:F5LBG は,3月13日から1か月程度マルティニーク島 (FK93,IOTA:NA-107)
から FM/F5LBG で 3.5-50MHz の CW を中心に運用する。 QSL はホームコール宛へ
ビューローまたは返信用費用を同封の上ダイレクト (DAUVIER Bernard, 20 chemin 
des Mottes, F26760 BEAUMONT LES VALENCE, FRANCE) で。

*Saipan, N.Marianas, KH0/JA(サイパン)
 サイパンからの運用予定は次のとおり。
 5月13〜16日:JA1TFJ, JH1LWP, JH1MLO, JJ1ENZ, JL1STV 及び JR1FKR のグループ
が KH0/ホームコールで HF+50MHz を運用,QSL はホームコール宛へ。
 JH0MGJ は5月23〜27日に AL5A/KH0 のコールサインで HF+50MHz を運用。
 JA5GSG は6月5〜11日に HF+50MHz を運用,QSL はホームコール宛へ。
 JA3HD と JH3VZW は KH0/ホームコールで8月11〜16日に HF+50MHz を運用,QSL は
ホームコール宛へ。

*Turks & Caicos Islands, VP5/W----(タークス&カイコス:カリブ)
 W2RZS Radio Club の Mike:WA2VQW と Rob:WB2NVR は,CQ WPX SSB コンテスト
に併せてタークス&カイコスの Providenciales (IOTA:NA-002) から3月27日〜
4月1日に運用する。 コンテストでは VP5RZS を,またその前後では VP5/W5RZS
及び VP5/WA2VQW, VP5/WB2NVR のコールサインを使用し,WARC バンドを含む 1.8-
28MHz と 50MHz を運用する。 QSL はホームコール宛へダイレクトまたはビューロ
ー経由で。 ダイレクトの場合は SASE を忘れることなく,また WA2NVR は切手の
収集に興味を持っているので,数枚の切手を入れるといいかもしれない。

*Aland, OH0/D----(アランド島:ヨーロッパ北部)
 ドイツの Claus:DF8QJ, Marvin:DL2VB, Mike:DK6QW, DG1YTF と Reinhard:DL6YFB
は4月19〜25日にアランド島から OH0/DF8QJ, OH0/DL2VB, OH0/DK6QW, OH0/DG1YTF 
及び OH0/DL6YFB のコールサインで,WARC バンドを含む 3.5-144MHz の CW/SSB/
RTTY を運用する。 QSL はホームコール宛へ。

*Djibouti, J20LA. Update(ジプチ:アフリカ東部)
 Karsten:DL2LAH によると,ジプチでのコールサインは J20LA の見込み。 現地で
は,インターネットのアクセスは極めて悪いため,E-mail は週に1〜2度しかチェッ
クできそうにない。 アンプは持ち込まないので,100W での運用となる。

*Namibia, V5/ZS4NS(ナミビア:アフリカ南部)
 ZS4NS はナミビアの JG77 から,3月23日〜4月5日に QRV する。 QSL は
via N7RO 宛へ。

*Nepal, 9N7DX(ネパール)
 Dov:4Z4DX は4月21日〜5月15日にネパールから 9N7DX のコールサインで QRV
し,1.8-50MHz と CW 及びデジタルモードを運用する。 QSL はホームコール宛へ。
ウェブサイトは http://www.qsl.net/4z4dx
*Afghanistan, YA4F(アフガニスタン)
 Nick:G4KUX は2月下旬にアフガニスタンの Kabul に戻り,今回は2003年4月まで
滞在する。 Nick は GAP Titan アンテナを上げ,YA4F で 3.5-28MHz のオールバンド
に QRV する。 彼は主に 50MHz に興味を持っているが,バンドがオープンしなければ
HF を運用するとのこと。 Nick によると,アフガニスタンには他に 28MHz で主に運
用している YA1CQ と YA のコールサインを持つフランス人のアマチュアが存在する模
様とのこと。 Nick からのリポートは http://www.xs4all.nl/~gouwelee/ にアップ
されているので,訪問されたし。

【ビーコン関連】
*Diego Garcia, VQ9X/b(チャゴス島:インド洋)
 JA1VOK 及び RSGB などの情報によると,VQ9X/b のビーコンが MI62 から 50.065
MHz で運用されており,JA1VOK/6 が沖縄で受信した。 VQ9X/b のシステムは TS-
570(出力10W)+垂直ダイポールで,Larry:VQ9LA が管理しているとのこと。

*COMING NEW ARCTIC BEACONS(北極圏のビーコン)
 北極圏から2つのビーコンがこの3月下旬頃から運用を始める。
 JW5SIX は 50.046MHz で Hopen Island (KQ26) から 10W+ダイポールアンテナで
運用,Erling:JW5RIA(LA5RIA) が設置する予定。
 また,JW9SIX は 50.049MHz で Bear Island (JQ94) から 10W+ダイポールアンテ
ナで運用,Ronald JW9LAA(LA9LAA) が設置する予定。
 これらのビーコンのプロジェクトはトランシーバを提供した Arvo:ES1CW の発案に
より始まったもので,トランシーバをビーコン用に改造した ES1II,キーヤーを提供
した ES5PC(SM0WCM),そしてアンテナと電源それにクリスタルを提供した SM0KAK な
どの協力によるもの。 詳細は
http://www.lib.utexas.edu/maps/cia00/svalbard_sm00.jpg で紹介している。

【その他】
*Malawi, 7Q7 QSLs.
 Allan:G0IAS は,ダイレクトで 7Q7RM, 7Q7HB 及び 7Q7LA 宛の多くの QSL の請求
を受けているが,未だに返信用の切手または費用が同封されていないものが多数ある
が,これらには返信できない。 Allan はビューロー経由の QSL は受け取ることが
できない。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO/XU7ACD
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]