SIX NEWS plus September '03
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO/XU7ACD
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Iraq, YI/OM2DX, YI2X(イラク)
 Steve:OM3JW が伝えたところによると,彼の息子である Mike:OM2DX は,向こう3
年イラクの首都バクダッドのスロバキア大使館で勤務するため,イラクから 1.8-50
MHz で運用する。 既に YI/OM2DX と,コンテストでの特別コール YI2X のライセン
スは入手している。 設備は TS850SAT と IC706。 L4B アンプはバグダッド向けに
輸送中。 当面は 100W で CW/SSB/RTTY/PSK31 に QRV する。 QSL は彼の父である
OM3JW 宛へ。 詳細は http://www.qsl.net/om2dx のサイトで。

*Bonaire, PJ4/PA2VST(ボネイア島:南米北部沖)
 オランダ領アンティル諸島のボネイア島に滞在している Peter:PJ4/PA2VST (FK52ue)
からのリポートによると,彼の QTH は 600m 離れたところに発電所があり,ノイズレ
ベルが非常に高いとのこと。 7月下旬には W1 と 2 の2局と QSO,コネティカット
州のビーコンも受信した。

*Iraq, YI/ON5NT --> A6(イラク,アラブ首長国連邦)
 イラクに滞在していた Ghis: ON5NT は娘さんの結婚式で一端ベルギーに戻ったが,
その後アラブ首長国連邦に向かい,途中10月下旬〜11月上旬の休暇を挟んで,12月まで
彼地に滞在,彼の誕生日である12月10日に再びベルギーに戻る。
 アラブ首長国連邦では,IOTA:AS-021 の離島からの QRV などを計画している。
彼の運用に対する QSL はダイレクトのみで,宛先は Ghis Penny, P.O.Box 93, BE-9700 
Oudenaarde まで。 彼が運用したイラク (YI) やキプロス (5B4/ON5NT) の QSL は印刷
中で,12月にベルギーの戻った後に返信する。 それまでは,彼の奥さんが「偉大な 
QSL マネージャ」として QSL の返信をするとのこと。

【ペディション関連】
*England, Scilly Islands, G3HTA/p(イングランド:イギリス)
 John:G3HTA は,8月30日〜9月12日に Saint Mary's 島 (IN69,IOTA:EU-011) から 7-
50MHz の CW/SSB を運用する。 QSL は via G3RUV (Adrian T. James, 37 Stratford 
Avenue, Whipton, Exeter EX4 8ES, England) 宛へ。

*Kure Island, KH7K(キュレ島:太平洋中部)
 Kimo:KH7U は,Pat:NH6UY などと共に 10〜15人のオペレータで,10月25〜26日の最終
週末に開催される CQ WW SSBコンテスト期間を中心に Kure島からの運用を計画している。
現地では4〜6局を設置し,HF+50MHz に QRV する予定。 運用期間,コールサイン,
QSL マネージャなど詳報は後刻。 Kimo:KH7U (kh7u@arrl.net) への問い合わせも可との
こと。

*Turks & Caicos Is., VP5/K7BV(タークス&カイコス島:カリブ)
 Dennis:K7BV は9月9〜16日に VP5/K7BV のコールでタークス&カイコス島の VP5JM 
のレンタルシャックから HF+50MHz を運用する。 50MHz は IC756proII に 1kW+5el を
持ち込む予定。 詳細は http://www.qth.com/k7bv/TURKS を参照のこと。

*Sri Lanka, 4S7---(スリランカ)
 9月13〜18日にスリランカから JA のオペレータが3度目の運用を行う。 1.8MHz:
スローパー,3.5/7/10MHz:ダイポール,14/18/21/24/28/50MHz:ビームアンテナと2台の
500W アンプを持ち込み,WARC バンドを含む 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31/SSTV に
QRV する。 南北アメリカ向けに精力的に運用する予定。 コールサインとオペレータは,
4S7AQG(7J3AOZ), 4S7ARG(JA3ARJ), 4S7CHG(JA3CHS), 4S7DBG(JA3DBD), 4S7DUG(JQ3DUE), 
4S7FAG(JH3FAR), 4S7FDG(JA5FDI), 4S7GGG(JA3ART), 4S7GXG(JH3GXF), 4S7JKG(JG3JKG),
4S7LSG(JH3LSS), 4S7OCG(JR3OCS), 4S7QHG(JR3QHQ), 4S7QIG(JN4QIN), 4S7UJG(JA3UJR),
4S7YHG(JA3HXJ) そして 4S7YJG(JM3INF)。 他に JA3AVO, JA3CF, JA3NGW, JE3LFH, 
JE3OGG, JH3PBL, JH3VSR, JI3DST と JA5BM がコールサインの発給を待っている。
スケジュールは JQ3DUE (jq3due@jarl.com) が受け付ける。 QSL は全てそれぞれの
ホームコール宛へ。

*France, TM5GAP(フランス)
 フランスの特別局 TM5GAP が9月6〜14日に運用する。 この局は世界パラシュート
選手権の開催を記念したもので,HF+50/144MHz に QRV する。 QSL はオペレータの指示
に従うこと。

*Market Reef, OJ0LA, OJ0RJ(マーケットリーフ)
 The QLF DX Team は,9月19〜26日に,Market Reef (IOTA:EU-053) から OJ0LA の
コールサインで運用する。 メンバーは LA5UKA, LA6MP, LA8AJA, LA8SDA と LA9VDA。
また,OH0RJ/OJ0RJ もノルウェーのチームに合流する。 オールバンドの CW/SSB/RTTY 
で運用する予定で,運用周波数は
CW :1827.5, 3503, 7003, 10103, 14015, 18085, 21025, 24905, 28015kHz と 50.095MHz,
SSB:1845, 3792, 7052, 14175, 18135, 21275, 24935, 28475kHz と 50.145MHz。
RTTY は 3582, 7032, 14082, 21082 と 28082kHz 付近で QRV する。
 今回は北米と JA 向けの運用に傾注する。 また期間中開催される SAC CW コンテス
トにも参加の予定。 現地は秋口で,天候によるスケジュールの変更を避けるべく,
チームはヘリコプターを使って上陸する。 従って多額の費用を要するため,ドネーシ
ョンを広く募っている。 詳報は http://www.qsl.net/la8aja/oj0la/ を参照されたし。
OJ0LA の QSL は via LA9VDA 宛へ。 ダイレクトには SAE+US$2 または IRC 1枚を同
封すること。 OJ0RJ の QSL は OH0RJ 宛にダイレクトで。

*Chile, 3G2D(チリ)
 Atacama Desert DX group (オペレータ:XQ1IDM, XQ4ZW, CE1URH, CE1RQB, CE1VBH, 
CE1FLS, CA2WUI, CD0906 及び CE6TBN) は,Damas 島から 10月17〜19日に 1.8-50MHz
の CW/SSB/RTTY/PSK で運用する。 QSL マネージャは XQ1IDM が担当する。

*Annobon Isl., 3C0. Update(アナボン島:アフリカ西部)
 9月27日〜10月10日に計画されているアナボン島からのペディションのサイトは
http://www.tabarca.es.mn に開設された。

*Easter Island, CE0Y/SP9PT, CE0Y/SP9EVP(イースター島:チリ)
 チリのイースター島 (IOTA:SA-001) から CE0Y/SP9PT と CE0Y/SP9EVP が 10月17日〜
11月1日に 3.5-50MHz の CW をメインに PSK/RTTY/SSTV などで運用する。 11月1〜
8日にはチリ本土の Atacama 砂漠から CE3/SP9PT/m と CE3/SP9EVP/m で運用する意向。
QSL はホームコール宛へ。

*Mexico, XF1K(メキシコ)
 Ray:N6VR, Jim:N6KZ, David:XE1NTT(N6AN), Roman:XE2ED, Hector:XE2K そして 
Emigdio:XE2ZY は9月4〜7日に,メキシコの Todos Santos島 (IOTA:NA-162) から 
3.5-28MHz と 50MHz/サテライト の CW/SSB を運用する。 QSL は via N6AWD 
(Fred K. Stenger, 6000 Hesketh Dr., Bakersfield, CA 93309, USA) 宛へ。
          
【ビーコン関連】
*Bermuda, VP9DUB/b. FM72(バミューダ島:カリブ)
 Chris:W3CMP によると VP9DUB の 50MHz ビーコンが水平ループアンテナ+25W 出力
で 50.027MHz での運用を始めた。 

*Ethiopia, ET3BN/b(エチオピア:アフリカ東部)
 Claudio IV3VSC からのリポートによると,Peter:ET3BN は,グリッド KJ99ka から
50.034MHz で ET3BN のビーコンを運用している。 詳細後刻。

*Sweden, SK2CP/beacon(スウェーデン)
 Rick:SM7SCJ によると,スウェーデン北部の Kiruna/Esrange:KP07mu の標高 478m 
の地点から,新たに SK2CP のビーコンが 50.052kHz +/- 1Hz の高精度で運用を始めた。
極地越えの伝搬調査が目的で,EIRP:100W で運用している。 近い将来 EIRP:500W に
増力の予定。 アンテナは北東向けの 5el で,モードは A1,24時間運用。

【その他】
*Need cheap parts for a PA?
 Alex:UR4LL は,ウクライナに新たな 50MHz ビーコンの必要性について広く意見を
求めている。 意見は alex@zcrb.kharkov.ua 宛へ。
 また,Alex はリニアアンプ用の送信管,リレー,コンデンサなどを所有しており,
必要なハムには提供するとのこと。 興味ある方は問い合わせてみて下さい。

*Netherlands, New Prefixes(オランダ)
 オランダ通信当局は,8月4日にオランダのアマチュア無線に対する割当コールサイ
ンの拡張を発表した。 クラスA(CEPT class I) のライセンス保持者は PA, PB, PC, 
PF と PG が, クラスC(CEPT class II) の免許保持者は PE と PH が,そしてクラス
C(Novice) には PD がそれぞれ割当となる。 プリフィックスの数字は6が特別局用と
して使われ,一般局には割り当てられない。 レピータやビーコンなどに割りあられる 
PI のプリフィックスを含め,詳細情報は http://www.pg7v.net/english/ を参照のこと。

*Canadian Six Meter Group(カナダ)
 Mike:VE2TH の発表によると,このほどカナダの新たな 6m のグループが発足した。
Web Site は http://www.csmg.ca で Allen:VE2QCG (ve2qcg@ve2qcg.com) がウェブマス
タ。 カナダ発の様々なマジックバンドの情報を可能な限り上げていきたいとのこと。 
多くの方々の来訪を歓迎する。

*Italy, IU1L(イタリア)
 イタリアの IU1L の QSL はビューローまたはダイレクトで P.O.Box 1117, 16121, 
Genova, Italy 宛へ。

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA es KE1EO/XU7ACD
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]