SIX NEWS plus December '03
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO/XU7ACD
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Togo, 5V7BR(トーゴ:アフリカ西部)
 F8OP からの情報によると,トーゴの Robert:5V7BR は Sokode (JJ08) から
FT-897(100W)+5el(12m高) で 50MHz の運用を始めた。 QSL はダイレクトで 
Robert BONNAFOUS - B.P. 333 SOKODE, Togo 宛へ。

*Congo, TN3S(コンゴ:アフリカ中西部)
 Sal:TN3S は 2005年10月までコンゴから 3.5-50MHz を運用する。 彼はよく
2130z (0630JST) 頃に SSB で 21185kHz(アメリカンフォーンバンドの下では
あるが)に  QRV している。 QSL は CT3HK, Walsker Salgueiro, via Madeira 
Team, P.O.Box 19, 9001-901 Funchal, Ilha da Madeira 宛へ。
(註:21MHz のアメリカンフォーンバンド(アメリカで SSB に出られる周波数)
   は,21200 より上です。)

【ペディション関連】
*Malta, 9H3WW(マルタ)
 Ingo:DJ5CL によると,ドイツのグループが CQ WW CW コンテストにマルタか
ら 9H3WW で参加し,その前後の11月26日〜12月6日に 1.8-50MHz を運用する。
QSL は via DJ5CL 宛へ。

*Tobago, 9Y4/DL7AFS, 9Y4/DJ7ZG(トリニダード・ドバゴ:カリブ)
 Babs:9Y4/DL7AFS と Lot:9Y4/DJ7ZG は,12月6日までトリニダード・ドバゴ
の Tobago島 (IOTA:SA-009) から 3.5-50MHz の SSB/RTTY/PSK に QRV する。
更報は http://www.qsl.net\dl7afs のウェブサイトを見られたし。 QSL は 
via DL7AFS 宛に DARC ビューロー経由またはダイレクトで Baerbel Linge, 
Eichwaldstrasse 86, D-34123 Kassel, Germany 宛へ。

*Norfolk and Lord Howe Islands, VK9N & VK9L
             (ノーフォーク・ロードハウ:オーストラリア)
 Babs:DL7AFS と Lot:DJ7ZG は 2004年にオーストラリアの Norfolk (VK9N)と 
Lord Howe島 (VK9L) から運用の計画がある。 まずは2月16〜27日に Lord
Howe島から,その後2月29日〜3月13日に Norfork島から,それぞれ 3.5-50MHz
の SSB/RTTY/PSK を運用する。 コールサインは後刻発表,詳報は彼らのウェブ
サイト http://www.qsl.net\dl7afs で。 QSL は via DL7AFS 宛へ。

*Barbados, 8P9AP(バルバドス:カリブ)
 Steve:K2WE は 12月2〜8日にバルバドスから 8P9AP で 3.5-28MHz と 50MHz 
の CW/SSB を 100W で運用する。 QSL は via K2WE 宛へ。

*Netherlands Antillies, PJ4/PA3CNX(オランダ領アンティル:カリブ)
 Peter:PA3CNX は11月20日〜12月15日に,Bonaire島 (FK52) から PJ4/PA3CNX 
で 3790/7070/14210/28440/29580(FM)kHz の各周波数と 14328kHz(母国とのス
ケジュール用)を中心とした HF と 50MHz を運用する。 50MHz がオープンし
たら 50.110MHz に QRV する。 QSL は via PA3CNX 宛にビューロー経由または
qrz.com の住所宛にダイレクトで。

*US Virgin Islands, (KP2), N4Z(米領ヴァージン島:カリブ)
 Mark:K4MCE と Dave:N4KZ は US ヴァージン諸島の St.Croix (FK78) から特
別コールサイン N4Z を使って 12月30日〜2004年1月5日 に 1.8-50MHz の CW/
SSB に QRV する。 QSL は via N4KZ 宛へ。

*Aves Island, YV0(アヴェス島:ヴェネズエラ)
 RCV(Radio Club Venezolano) 創立70周年を記念して,ヴェネズエラの Aves島
(YV0) から 2004年1月下旬〜2月にペディションが計画されている。 オール
バンド・オールモード+50MHz, サテライト,RTTY/PSK/SSTV などのデジタルモ
ードで運用,可能であれば EME にもトライしたい。 YL オペレータも最低一人
参加するので,YL DXCC を追いかけている人には朗報。 ライセンスは10月下旬
に発給予定,コールサインは後刻発表する。 このペディションに対するスポン
サーやドネーションを広く募る。 ウェブサイトは現在準備中。 詳報は 
e-mail:yv5aj-rcv@cantv.net で RCV へ。 詳報後刻。
 
*Banaba Isl., T33C. Update(バナバ島:太平洋中部)
 2004年3〜4月に計画している Banaba島からの運用に対し,T33C のコールサ
インが発給された。 7局を設置して24時間運用し,1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY
/PSK/SSTV と AO-40 にも QRV する。 3月最終週末の CQ WPX SSB コンテスト
では Tarawa:T30 からの運用も計画中。 このペディションにはかなりの費用が
かかるので,寄付を募っている。 問合せ先は Flo Moudar, F5CWU, 25 Rue du 
Castel Salis, 37100 Tours, FRANCE 宛へ。 詳報は
http://www.dx-pedition.de/banaba2004 を参照されたし。

*Rodriguez Island, 3B9C(ロドリゲス島:インド洋中西部)
 2004年3〜4月の4週間,インド洋の Rodriguez島から 3B9C の運用が計画さ
れている。 期間中,一行はアンプとモノバンドアンテナからなる10局を設置し,
1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY をはじめ,29MHz FM や PSK31, AO-40, EME, SSTV な
どにも QRV する。 現在参加を表明しているオペレータは,Neville:G3NUG, 
Don:G3BJ, John:G3WGV, Tony:G0OPB, Mike:G3SED, Don:G3XTT, Bob:GU4YOX, 
Nigel:G4KIU, Justin:G4TSH, Tim:G4VXE, Kazuo:JA1RJU, Jens:DL7KAC, Paul:
EI5DI, Ivan:G3IZD, Jim:KF7E, John:N7CQQ, Pat:NK7C, Dave:G0MRF, Derek:
G3RAU, Dave:G4FRE, Meg(YL):N2NQI, Maury:W3EF, Jun:JH4RHF, Hilary(YL):
G4JKS, Daniel:M0DXR/M0GMT, Mike:G4IUF, Chris:G3NHL, John:G3WKL など。 
ウェブサイトは http://www.fsdxa.com/3b9c に準備している。

*St. Peter & St. Paul Rocks, ZW0S
        (セイントピーター&ポールロックス島:ブラジル東方海上)
 Joca:PS7JN は12月上旬〜15日にかけて仕事で St.Peter & Paul Rocks に行き,
50MHz を含むオールバンドで QRV する。 コールサインは ZW0S,運用時間は
仕事の合間の 1900z (1000JST) 頃,QSL は via PS7JN 宛へ。

*French St. Martin, FS/---(仏領セイントマーティン:カリブ)
 Ann:W2AZK と Brian:KF2HC は,Gene:K2KJI, Mary Ann:K2RVH, Captain Bob:
W5GJ そして Mike:WA2VUN と共に仏領 St.Martin に行き,12月3〜10日に 1.8-
50MHz の CW/SSB/PSK31 に QRV する。 滞在期間中の ARRL 160m コンテストには
FS/W2JJ で参加,コンテスト以外は FS/ホームコールで QRV する。 QSL は各局
のホームコールにダイレクトまたはビューロー経由で。 詳細は 
http://www.njdxa.org/ のウェブサイトで。

【ビーコン関連】
*Iceland, TF3SIX/beacon(アイスランド)
 Thor:TF3GW によると,アイスランドから 50.057MHz で運用している TF3SIX の
ビーコンは,11月15日から ERP 50W に増力となった。

【その他】
*Saudi Arabia, HZ1MD & 7Z1SJ OK for DXCC(サウジアラビア)
 サウジアラビアから 50MHz で運用実績がある HZ1MD と 7Z1SJ は DXCC にカウ
ントされることになった。

*DXCC news.
 ARRL の DXCC デスク,Wayne:N7NG によると,イラクの YI9OM の QSL は 2002年
11月30日以前の交信に限り DXCC にカウントされることになった。 これ以降の交
信はオリジナルの免許人によるものではないため,DXCC には無効とのこと。

*White grid squares in Spain(スペイン)
 EA4SV によると,スペインのチャンネル2のテレビは,既に3年前に定波したの
で,来年の夏には IM78, 79, 96 と IN81 から「合法的」に 50MHz に QRV できる
見通しとのこと。

*Albania. ZA1A(アルバニア)
 去る11月9日(日)から,アルバニアの通信大臣 Mr.Spartak Poci の後援,IARU
Region 1 の支援,そして Tirana 工科大学の協賛により,アルバニアでアマチュア
無線家の養成コースが始まった。 大学の3年生,4年生,34人が5週間のコース
を受講し,最終的には CEPT ライセンスの試験を受ける。 注目すべきは,RSGB の
教育パッケージを参考に行われるこのコースは,大学の講義の一環として実施される
ことである。
 フィンランド,ドイツ,ハンガリー,イスラエル,日本,マケドニア,スペイン,
スウェーデン,そしてアメリカなどから毎週,アマチュア界を代表する豪華講師陣が
アルバニアに集結し,コンテスターを中心とする総勢50人あまりの現役オペレータが
講義を行う。 主な講師は 4X6KJ, DL6LAU, EA1QF, G3LQP, I2MQP, K7WX, OH2BH, 
OH2PM, ZA1B など。
 この5週間の講義の期間中,アルバニア通信当局や教育担当者,そして受講生への
デモとして ZA1A が各バンド・モードで運用される。 数か所の運用地からヤエスに
より提供された機器を使って同時運用の予定。 このコース終了後は,これらの設備
はアルバニアのアマチュアに提供される。
 このコースの詳細は http://www.za1a.com に紹介している。 ZA1A の QSLは,
OH2BH 宛へ。
(註:このような講義だったら,私も受講してみたいものです:笑)

*Aurora reports from the event the 20th(史上最高のオーロラ伝搬?)
 ヨーロッパ時間11月20日夕方〜夜にオープンしたオーロラ伝搬は,史上最高のコン
ディションを記録したようで,各国から以下のようなリポートが寄せられた。

イタリア:Matteo:IW5DHN からのリポート
『今回のオープンは中部イタリアからは「バカっ開け」で,オーロラ伝搬による信
号を初めてマトモにコピーした。 ヨーロッパ北部の G, EI, OK, F, SP, SM など
の 30局と交信,イタリア北部でもコンディションがよかったようだ。 ビーム方向
は 330〜345度がベストだったね。』

イギリス:Neil:G0JHC からのリポート
『恐らく,自分が経験した中で一番コンディションが良かったオーロラ伝搬だろう。
20日の 17-22z は,バンド中大騒ぎ! 自分は,40局以上イタリア,そして 60局以
上のフランスをはじめ地中海沿岸の JN13/23/33 に至るエリアまでの 24 DXCC,230
局とQSO した。 IO83(G0JHC のグリッド) から聞く限りでは,ここより北の局の
信号は数局の GM 以外殆ど聞こえず,OZ/SM/LA の信号も入らなかった。 フランス
南部やスペイン北部,そして I1/2/3/4/5/6 や 9A, S5 は,ビーム方向80度で 55-
59A("A" はオーロラ伝搬により信号が歪んでいることを示す),どの信号もかなり
歪んでいた。 今回の交信では EH2KU と IK0FTA/IW0GPN が最も南の局だろう。 
イタリアの局でも I4/5/6 は,59+A で非常に歪んだ信号だった。』

スウェーデン:Bo:SM7FJE からのリポート
『50MHz では,経験上最高のオーロラ伝搬で,29 DXCC と QSO した。 KN88,89 の
UT をはじめ,YO, 9A, S5, 4U1ITU, I2/3/4/5 と JN23, 93 を含む多くの F などと
QSO。 ベスト DX は驚くべきことに EH2KP (IN83) で,初めてのオーロラ伝搬に
よる SSB のスペインだった。』

------------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO/XU7ACD
木下司朗 in バンコク
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]