SIX NEWS plus March '05
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Spain, more stations on 6M.
 Jose:EH7KW によると,スペインではこのほど 50MHz がノーコード免許者にも開放
され,バンド幅が 50-50.2MHz から 50-51MHz に拡張,また出力上限も従来の 10W 
から 100W になり,EA と EB のプリフィックスのライセンス保持者が運用できるよう
になったとのこと。 とはいえ,バンドは商業局(=TV?)と共用であるため,運用
にあたっては特別申請を必要である。 スペインで外国の免許保持者に 50MHz の運用
が許可されるか否かは判らない。

【ペディション関連】
*Swains Island, KH8SI.
 Swains Island DXpedition からのニュースリリース。 American Samoa Amateur 
Radio Association (ASARA) に発表によると,次のスケジュールで American Samoa 
の Swains島から運用を行う。
 コールサイン:KH8SI
 運用期間  :2005年3月2〜6日
 運用周波数 :1.8-50MHz の DX/IOTA 周波数
 運用モード :CW/SSB/RTTY
 オペレータ :JA1BK, K1ER/KH6, JH1JGX/AH7C, JR2KDN, F6EXV, N9TK, W0MY, 
              KB6NAN 及び W9IXX
 QSLマネージャ:VE3HO, Garth Allistair Hamilton, P. O. Box 1156, FONTHILL, 
            ON L0S 1E0, CANADA 
 パイロット局:AH8LG, WA2MOE, JE2EHP and KH6BZF
 運用予定周波数
  C W: 1822.5/3505/7005/10107/14025/18073/21025/24895/28025kHz 及び 
     50.110MHz
    SSB: 3795/7080/14195/18140/21295/24930/28495kHz 及び 50.110MHz
 ウェブサイト:http://www.swains-island.org/
ここからの運用は,DXCC 上のニューエンティティになる可能性があるとのこと。
(註:ウェブサイトからの3月5日現在の情報によると,海が荒れているので島への
   上陸が遅れているとのことです。)

*Glorioso Island, TO4G. Update.
 2004年11月号でお知らせした Glorioso 島からの運用の続報。 目下5月15日〜
6月1日に QRV するスケジュールで進行しており,1.8-50MHz の CW/SSB/デジタル
モードを運用する。 50MHz 帯は 50.200MHz 以上でしか運用できないことに注意。
オペレータは,Didier:F5OGL をはじめ Christian:TZ6SA, Dany:F5CW, Eric:FM5JC/
F5JKK, Pascal:F5PTM, Freddy:F5IRO, Yves:F5MSR, Vincent:F8UNF, Luc:FR5IZ, 
Jean-Luc:F5AEP, Olivier:F1AKK, David:F0CRS など。
ウェブサイトは,日本語も含めた各国語版を http://glorieuses2005.free.fr/ に
準備している。
 3月3日の情報では,島までの渡航手段として確保していた軍艦を利用できなく
なったので,新たな渡航手段を確保しなければならないとのこと。

*St. Pierre & Miquelon, FP/K9OT, FP/KB9LIE.
 Paul:K9OT と Peg:KB9LIE は7月29日〜8月7日に St.Pierre & Miquelon (IOTA:
NA-132) から FP/homecall で3.5/7/10MHz の CW, 7/14/18MHz の SSB を中心に 100W 
で運用する。 コンディションによっては 1.8MHz 及び 21MHz より上の周波数でも 
QRV する。 滞在期間中,RSGB の IOTA コンテストにシングルOp で参加する。 
QSL は QRZ.com などの住所宛にグリーンスタンプ,ユーロまたは新旧の IRC を添え
てダイレクトで。 ビューロー経由でも可,しかし e-QSL は受け付けない予定。 
ウェブサイトは http://www.mhtc.net/~k9ot に準備。

*Guadeloupe, FG/F5CWU.
 Flo:F5CWU は Guadeloupe (IOTA:NA-102) から3月2〜10日に FG/F5CWU で QRV,
1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK などを運用する。 滞在期間中の ARRL DX SSB 
コンテストにも参加の予定。

*Sable Island, CY0--.
 Joe:W8GEX, Wayne:K8LEE 及び Phil:W9IXX は,7月26日〜8月1日に Sable島 
(IOTA:NA-063) から 1.8-50MHz の CW/SSB/PSK/RTTY を運用する。 コールサイン
は後刻発表。 QSL やドネーションなどは全て K8LEE が扱う。

*Italy, IC8/I----.
 Achille:IZ8CKS, Salvatore:IK8NTN と Andrea:IK8GDA は,IC8/ホームコールで3
月12〜13日にVivara 島(IOTA:EU-031)から 7-50MHz の SSB を中心に QRV する。 
QSL はそれぞれのホームコール宛,ダイレクトまたはビューロー経由で

*Belize, V31IV. Update.
 Jimmy:W6JKV は6月23日〜7月6日にベリゼから 50MHz を運用する。 計画では
海岸の別荘の4階から運用し,ブーム長68フィート(約20m)の M2 社 6MJKV と
アンプを持ち込んでベリゼから初のヨーロッパとの交信を目指す。

*Bonaire Island, PJ4/PA3CNX.
 Peter:PA3CNX はオランダ領 Antilles諸島 (IOTA:SA-006) の Bonaire島から2月
23日〜3月14日に 3.5-50MHz の CW/SSB に QRV する。 QSL は via PA3CNX 宛へ。

*St. Lucia, J68AR, J68AS.
 Mark:WB9CIF, Jack:K9JE/J68AR 及び Scott:N9AG/J68AS は6月下旬〜7月上旬に
St.Lucia に行き,600W のアンプと 6M7JHV(M2 の 7el)でグリッド FK94mc から
運用する。 運用地は海抜 100m の高台で,北米とヨーロッパ方向には抜群のロケ
ーション。 コンディションが良ければ,グリッド FK93 からも移動して運用する。
現時点でのスケジュールは,6月28日〜7月7日を予定しているが,飛行機の便次第
では日程が前後する可能性あり。 ロケーションに関する詳報は 
http://www.islandtrips.com/villas/stlucia79.htm を参照されたい。

*Hawaii, K1HP/KH6.
 Yoshi:JE2EHP は K1HP/KH6 のコールサインでハワイの Oahu島から3月25〜28日に
3.5-50MHz を運用する。 QSL は JE2EHP 宛にビューロー経由で。

*Ascension Island. ZD8AD.
 Andy:G0JLX は2月24日〜3月21日に Ascension島 (II22, IOTA:AF-003) から ZD8AD 
のコールサインで週末を中心に HF と 50MHz を運用する。 Andy は FT-897D (100W) 
と HF 及び 50MHz 用には G5RV アンテナを持ち込む。 QSL はホームコール宛へ。

*Austria, OE7XBH/WM05.
 特別局 OE7XBH/WM05(WM は"Weltmeisterschaft" すなわち "World Championship" の
略)が Biathlon World Championship を記念して Austrian Military Radio Society 
(AMRS) により3月3〜13日に 1.8-144MHz の CW/SSB/FM とSSTV などを運用する。 
QSL は OE7SPI 宛にビューロー経由で。

*Scotland, MM0BQI/P
 Jim:MM0BQI はスコットランドの The uninhabited Treshnish諸島の Lunga 島 (IOTA:
EU-108) から MM0BQI/P のコールサインで6月2〜5日に,ヴァーティカル・アンテナと
ダイポールを使って 3.5-50MHz の CW/SSB/RTTY を運用する。 QSL は via MM0BQI 宛に
ダイレクト (Jim Martin, 3 Lismore Avenue, Edinburgh, EH8 7DW, Scotland, UK) また
はビューロー経由で。 ダイレクトによる QSL 処理の余剰は,島の管理を行い,今回の
上陸を快く許可してくれた Hebridean Trust に寄付する。

*Jersey Isl., MJ/K8PT & MJ/K3PLV.
 Pete:K8PT と Craig:K3PLV は,再び Jersey島 (IOTA:EU-013) に向かい,3月9〜16
日に 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 に QRV する。 今回はアンプを持ち込み,少なく
とも 1.8MHz と 3.5MHz では終夜運用の予定。 スケジュールの申し込みは CW/RTTY は 
K8PT(at)chartermi.net で,また SSB/PSK-31 は crahill(at)adelphia.net で受け付
ける。 コールサインは MJ/K8PT 及び MJ/K3PLV になる予定で,QSL はホームコール宛,
詳細は http://www.qrz.com/k8pt で。

*Miquelon, FP/VE7SV, QSL.
 Paul:VE7AV によると「自分たちがコントロールできない状況により,2004年10〜11月
に運用した FP/VE7AV の QSL 発行が遅れている。 この問題を解決すべく努力中であり,
迷惑をかけたことをお詫びする」とのこと。 
 詳報は http://www.bcdxc.org/fpve7sv_qsl_informatin.htm を参照されたし。

【ビーコン関連】
*Kazakhstan, UN1SIX beacon.
 Mikhail:UN8GC によると UN1SIX のビーコンが 50.0214MHz で運用を再開した。 運用地
のグリッドは MN83ke。 この夏,スポラディックEシーズンの西アジア方面の伝搬把握に
期待できる。

【その他】
*OZ-ZL on 6M.
 Lance:W7GJ によると,2月14日の朝(どこの時間の「朝」かは不明) OZ4VV と ZL3NW
の間で 50MHz 初の OZ-ZL EME QSO(大圏距離は 18,102km)が記録された。 両局とも
グラウンド・リフレクション(大地反射)を効果的に活用し,新しいモードの JT65A を
使ったとのこと。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]