SIX NEWS plus May '05
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Greenland, active stations.
 Bo:OX3LX によると,2005年4月現在のグリーンランドの常駐局は以下のとおり。 Bo は
http://www.ox3lx.geronne.dk/ に Webサイトを準備している。
    
CALLDATEGRIDQTH運用周波数
[MHz]
POWERANTENNA
OX3LX-BoJuly/Aug
2005
HP15eoResident OZ50.1100.1-1kW5 or 7 el
OX3HI-HolgeQRVGP47taSdr. Stromfjord50.110100W/SSB5el
OX3FV-KimQRVGP51Gronnedal50.11010W/CWWhip
OX3HX-ReneQRVGP44Nuuk50.110100W??
OX3NUKQRVGP44deNuuk
(club stn)
50.110100W5el
OX3VHF/beaconQRVGP60xrQaqortoq50.04520WGP 15mASL

*Special prefixes in Sweden.  先月号でお伝えしたノルウェーの局と同様,スウェーデンのアマチュア局は 5月17日〜6月 7日の間,ノルウェーとの連合解消100周年を記念して,通常の SM, SA, SK 及び SL のプリ フィックスをそれぞれ SE,SF,SJ そして SL に置き換えて運用できる。  *United Arab Emirates, A61Q.  Abdullah:A61Q は,0700ー1800z のいろんな時間帯に 50MHz に QRV しているとのこと。 QSL は via EA7FTR 宛へ。 *Chad TT8AMO, TT8M. Update.  チャドに滞在している Pierre:TT8AMO (HB9AMO) と Mike:TT8M (PA5M) は,8月まで滞在 時期が延長になった。 現時点で 1.8MHz の 228,3.5MHz の 1171 を含め,オールバンドで 9000-QSO を記録。 1.8/3.5MHz の運用は終わり,6月中旬から 50MHz の運用に力を入れる。 Mike はデジタルモードのライセンス取得に努力する。 TT8M, TT8AMO のどちらとも QSL は via PA7FM 宛へ。  QSL マネージャの Dennis:PA7FM は,Pierre と Mike の滞在延長は,いくつかのバンドで チャドと交信していない局にチャンスが拡がった果報としている。 元々彼らの滞在は 5月 12日までだったが2か月延長になった。 滞在終了時期は未定だが,8月のいつかの時点にな ろう。 これは勿論,彼らの今後の運用に大きな影響を及ぼす。 上記の情報のとおり, 1.8/3.5MHz の運用は終わったが,50MHz の運用は設備の充実が期待できそう。 Mike:TT8M は 5月12日に一旦仕事を終え1か月の休暇に入り母国に帰るが,Pierre:TT8AMO はチャドに 残る。 この期間チャドからの運用は Pierre の仕事によって制限されるだろう。 Mike は 休暇の後に UKSMG から寄贈された 50MHz の八木を持って 6月中旬にチャドに戻る見込み。  この時期はスポラディックEシーズンの真っ最中であり,また Pierre が1か月の休暇に入る ので,ヨーロッパと 50MHz での交信に期待がもてる。 Mike は,現在 CW/SSB のみのライ センスを得ているが,デジタルモードのライセンス取得を目指す。 現在 Pierre:TT8AMO は CW のみで,Mike:TT8M はオールモードと 50MHz を運用しているとのこと。 *Vatican City, HV0A.  Francesco:IK0FVC によると,新しいローマ法王ベネディクト16世の選出を記念して,4月 20日から HV0A が運用されているとのこと。 【ペディション関連】 *Nepal, 9N7WU & 9N7SZ.  Kazu:JA8MWU と Yoshi:JA9LSZ は,5月2〜8日にネパールに滞在し,それぞれ 9N7WU と 9N7SZ を 7-50MHz で運用する。 9N7WU は SSB,9N7SZ は CW を中心に QRV の予定。  50MHz のオープンを期待して 50.100MHz でビーコンを出す。 QSL はそれぞれのホーム コール宛に。 *Grenada, J3/K5AND. Update.  Dick:K5AND, Arliss:W7XU, Holly:N0QJM そして Johan:ON4IQ のチームは 6月24日〜7月3日 にグレナダ北端から 50MHz をメインに、ヨーロッパとの交信を狙って運用する。 運用開始 は6月24日の見込みで,50.107MHz でビーコンを発射。 アメリカ向け固定の八木とヨーロッパ や他のカントリー向けの回転可能な八木を準備する。 50MHz の運用の他には 144MHz の EME に M2 の 2M9SSB を使って JT65a に QRV する。 EME のコンディションに関しては, http://www.dxers.info/ または http://www.chris.org/cgi-bin/jt65eme のサイトが有用で あろう。 同じ時期にいくつかの 50MHz ペディションが行われるので周波数を 50.107MHz に した。 このペディションの詳細は http://www.eudxers.com/J3/K5AND の Web サイトを参照 のこと。 *Bermuda, VP9/N0JK.  Jon:N0JK によると,彼は CQ WPX CW コンテストに合わせてバミューダから VP9/N0JK を 運用する。 コンテスト以外では 5月28〜31日に 6M5X+100W で 50MHz を運用する。 *Canada, VD2X.  Pete:VE3IKV によると,彼の Zone 2,VO2:Labrador への 50MHz ペディションは,2005年 6月上旬に少なくとも2週間の予定で VD2X の特別コールサインで運用の予定。 今回の ペディションの目的は,磁北極に近い北米の高緯度スポラディックEを把握するもの。  ヨーロッパ向けや北米中部〜西海岸方面のスポラディックEマルチホップにも注意したい。 設備は FT-650 にK6STI デザインのワイドスペースのポータブル5エレ八木 (10dBd) を使う。 QSL は via VE3IKV 宛へ。 *Ecuador, HC1MD.  Rick:NE8Z は,4月25日〜5月11日にエクアドルのTumbaco に滞在し,HC1MD を運用する。 Tumbaco は エクアドルの国際放送局 HCJB の送信所がある Pifo から丘一つ越えたところ。 Rick は TS-850S/SB200 にウィンドムアンテナを使って 3.5-28MHz の CW/SSB を運用。  また FT-857+2elループを使って 50MHz や WARC バンドでも QRV したい。 http://www.octavia.com/qsl/awards.htm で紹介している HC-DX アワードの対象にもなる ので,QSO をお忘れなく。 QSL は via K8LJG, John Kroll, 3528 Craig Drive, Flint, MI 48506 USA 宛へ。 *Netherlands, PA6WAD.  Will:PE1OPM と Jeroen:NL12339 (SWL) は,5月7〜14日に Ameland 島 (IOTA:EU-038) から PA6WAD のコールサインで HF〜430MHz に QRV する。 11日には灯台から運用する予定。 QSL は via オランダのビューローまたはダイレクト P.O. Box 42, 4724 ZG Wouw, The Netherlands 宛へ。 このペディションの関しては http://home.versatel.nl/eu-038/ を見られたし。 *Honduras, HR9/W7AV.  W7AV, K6JEN と KB7TX はホンジュラスの北に浮かぶバイア諸島の Utila 島 (EK66, IOTA: NA-057) から 6月18〜30日に QRV する。 現地では 50MHz をメインに運用し,アメリカ向け に HR9/W7AV のブレーカブル・ビーコンを 50.110MHz で発射,HF では 7-21MHz に QRV する。 QSL はそれぞれのホームコール宛に SASE で。 このペディションに関しては E-mail: w7av(at)olypen.com にコンタクトされたし。 *Denmark, OZ/DL---.  Siggi:DL1AZZ, Peter:DL4AMK, Lutz:DL3ARK をはじめとする何人かの一行は,デンマーク の Mandoe 島 (JO45, IOTA:EU-125) から OZ/ホームコールで 4月30日〜5月7日に 1.8-28MHz と,50MHz を運用する。 5月3日には NAC コンテストに参加のため 144MHz も運用の予定。 QSL はビューロー経由またはダイレクトでそれぞれのホームコール宛へ。 *France, TM0L.  F5NQL の情報によると,Laurent:F5MNK, Eric:F5LOW, Fabrice:F5NBQ, Jacky:F5OIU, Bertrand:F6HKA, Jean Philippe:F4EEK そして Christian:F1SDQ は,フランス南部地中海に 面した Toulon の東に浮かぶ Hyeres 諸島の一つの LEVANT 島 (IOTA:EU-070) から 2005年 5月21〜28日に運用する。 一行は特別コールサイン TMOL (Tango Mike zero Lima) を使用 し,1.8-144MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 に QRV の予定。 QSL は via F5OIU 宛へ。 *CY9SS Updated on April 19th:  Robby:VY2SS によると CY9SS は,6月7日〜7月7日に 50.103MHz に QRV する。 天候に 恵まれることを祈る! *Spratley Islands, DX0K. QRT.  Eddie:DU1EV によると,Gil:4F2KWT は 4月12日に DX0K のアンテナを撤去し,運用を終え た。 今回は最後に 50MHz がオープンし HL/JA と QSO できたので,公式に 1.8-50MHz の ペディションとして成功したとのこと。 50MHz EME は,残念ながらチャンスが無かった。 *The results of OX3LX small EME DXpedtion to GP38NR North West Greenland.  Bo:OX3LX/OZ1DJJ によると,先月号でお伝えしたGreenland からの OX3LX の EME ペディ ションは,グリッド GP38nr から仰角無しの 6M7 + ACOM1000 アンプ (1kW) を使って QRV。 今回は仕事が忙しかったので運用時間が制限されたが,50MHz で 8-QSO,144MHz でも 100W +10el で 1.5ーQSO (?) だったとのこと。  50MHz での QSO 局は W7GJ, K7BV, W1JJ, K6MYC, ES6RQ, ON4IQ, ON4GG, and ZS6NK (1st OX-ZS6)。 JA1RJU は交信に至らず受信のみであった。  Grrenland からは必ず EME でまた QRV するので,次回を期待されたし。  Bo はこの EME に関する Web サイトを http://www.oz1djj.geronne.dk/ox/ox3lxeme.htm に準備している。 【ビーコン関連】 *Argentina, LU5EGY/beacon.  LW3EWZ によると,アルゼンチンから LU5EGY のビーコンが 50.038MHz の CW で運用を始 めた。 ロケーションは Buenos Aires 州の Castelar city の GF05ph 。 出力 17W+12mH の 2el を使って24時間運用。 リポートは Gustavo A Andrada, LW3EWZ, E-mail: lw3ewz(at)speedy.com.ar まで。 Web サイトは http://www.lw3ewz.com.ar に準備している。 【その他】 *Finland, Tampere Six Meters Forum.  今年の Six Meter Forum は,8月13日にフィンランドの Tampere で開催される。 50MHz に興味ある人は誰でも参加を歓迎する。 プログラムは 12日(金)のパーティからスタート, ARRL の機関誌 QST の The World above 50MHz のコラムを担当している Gene Zimmerman: W3ZZ も講演の予定。 この Forum では,第2回 Six Meter Marathon の入賞者の表彰も行う。 Tampere にはイギリスやドイツから格安の航空会社 Ryanair や,SAS(スカンジナビア航空) が Copenhagen や Stockholm から毎日定期便が飛んでいる。 興味ある方は Seppo Sisatto: OH1VR (E-mail: seppo.sisatto(at)uta.fi) または電話+358-50-360 2600 まで。 *The Six Meters Marathon 2005.  OH3AG は,2回目になる世界規模の Six Meter マラソンへの参加を呼びかけている。  このアクティビティは,2005年5月7日00z〜8月7日24z の間にどれだけ多くの DXCC カントリー と交信するかを競うもの。 結果は 8月13日に Tampere で開催される Six Meters Forum で 発表する予定。 ルールの詳細は http://www.50mc.tk に掲載されている。 ==============================================================================  これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず 情報源を明らかにして下さい。   では,また。 FB DX on SIX!! DE JF6DEA/KE1EO 木下司朗 in 福岡 E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]