SIX NEWS plus April '06
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Hungary, HA50MHZ.
 Chris:HA5X は,今年一杯特別コールサインの HA50MHZ を使って運用する。 この局との
交信を含めたアワードも計画中。 QSL は via HA5X 宛へダイレクトまたはビューロー経由で。
LOTW (The Logbook of the World) や eQSL も受け付ける。

*Monaco, New frequencies allocations.
 モナコの 3A2LF からの情報によると,2006年1月26日から新しい周波数が以下のとおり
の割り当てとなった。
 50MHz帯:50.000 - 52.000MHz
   50.000 - 51.200MHz
   51.200 - 52.000MHz(二次割当)
 1.8MHz帯:1.850 - 2.000MHz
   1.810 - 1.850MHz(一次割当)
   1.850 - 2.000MHz(二次割当)
 70MHz帯:70.000 - 70.500MHz
   70.000 - 70.500MHz(二次割当)

*Croatia, 9A1CCY, 9A5CY. 
 9A1CCY (コンテストでは 9A5Y で QRV) のメンバーは,クラブ局 "JAN HUS" の創立35
周年を記念して,2006年一杯 9A35Y (NINE-ALFA-TREE-FIVE-YENKEE) のコールサインで 
1.8-28MHz と 50/144MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 QSL は 9A5CY 宛へ。
9A1CCY, R.K. "JAN HUS", P.O. BOX 87, 43500 DARUVAR,  CROATIA 
9A5CY, DEAN MILDE, P.Preradovica 15, HR-43500 DARUVAR, CROATIA 

*Hungary again on 50 MHz March 29th.
 ハンガリーの官報は2006年3月29日付で,二次使用で他に障害を及ぼさないことを条件
にハンガリーのアマチュア局に 50-52MHz を新しい周波数として割り当てることを発表
した。 同じく 7100-7200kHz も割当になることを発表した。
 50MHz は,出力 10W ERP に制限されているが,帯域 12kHz 以内の全ての電波形式が
許可されている。 アンテナや偏波面の制限は無い。 50MHz 用の特別免許は必要なく,
CEPT ライセンスと同等であれば運用可能だが,移動運用は禁止されている。 ただ,
ハンガリーでは現在でも2つのテレビ局が 50MHz 近傍で放送を続けている。

*Philippines, DU7/PA0HIP.
 オランダからアクティブな Willem:PA0HIP は,2006年10月までフィリピンの Cebu
(PK10wh) に滞在し,DU7/PA0HIP のコールサインで IC-746 を使って QRV する。
アンテナは今のところワイヤーアンテナであるが,近いうちにグレードアップしたい。

【ペディション関連】
*Samoa, 5W0TR a.o.
 W8 のグループが 7月25日〜8月10日にサモアの Upolu からの運用を計画している。 
メンバーは Ted:5W0TR/K8AQM, Jeff:5W0JB/N8CC, Brian:5W0BS/KG8CO, Dennis:5W0DW/KT8X
そして日本からも Kirk:5W0KI/JF3MYU が参加する。 運用は 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY 
と 144/430MHz のサテライトを計画しており,現地には3局をセットする予定。 運用
予定周波数は
 C W - 1821/1827/3503/7001/10104/14024/18074/21024/24894/28024kHz 及び 50.115MHz
 SSB - 7085/14195/18145/21295/24945/28480kHz 及び 50.115MHz
 RTTY - 14088/21088/28088kHz
このペディションに関するサイトは http://www.geocities.jp/jm3uml/samoa2006/index.html
に準備している。 QSL はそれぞれのホームコール宛へ。
 
*Spain, EH7AH/p in rare grid IM96.
 Manuel:EA7AH/EA7AHS は,2006年6月にグリッド IM96bw から 50MHz で EH7AH/p などの
コールサインで HF, 144, 432, 1200MHz を含めて運用を計画している。 QSL はビューロー
経由で EA7AH 宛へ。

*St. Kitts & Nevis, V4/W6JKV.
 Jimmy:W6JKV は,6月21日〜7月2日頃にセイント・キッツから運用する計画がある。

*Andaman Islands, VU4---.
 Frank:DL4KQ によると,彼は10人のオペレータで VU4:Andaman島からの運用を計画して
いる。 現在のメンバーは VU3FRK/DL4KQ, VU3RSB, DL5OAB, K3LP, N6TQS, VU3TLY/IK1PMR,
VU3PLM/K2LEO, F4RGD, F5CWU それに VU3JLW/AA4NN。 現地では 3〜4局を設置し,CW/SSB
とデジタルモードに QRV する。 運用期間は VU4 Ham-Fest が開催される 4月18〜19日から
5月25日までを予定しており,1.8-50MHz を運用する。 ペディションに関するサイトは 
http://www.niar.org/hamfest/participants.html に準備している。 また,このペディ
ションに関するメイリング・リストを Yahoo に準備した。 興味ある方は 
http://groups.yahoo.com/group/VU-CHAT を参照されたし。 このグループの E-mail 
アドレスは VU-CHAT(at)yahoogroups.com
*Aves Island, YX0A.
 ヴェネズエラのアマチュア無線団体 (ARV) と Caracas の DX グループは, 2006年の 
Aves島からのDX ペディションの計画を発表した。 チームは,2006年4月17日に Caracas
北部の La Guaira から出港し, 4月19日には島から電波を出した意向。 4月22/23日の週末
は島に滞在し,YX0A のコールサインで 1.8-50MHz の CW/SSB に QRV する。 特にロー
バンドには力を入れるとのこと。 運用予定周波数や QSL ルートは近日中に発表する。
このペディションに関するサイトは http://www.yv0.info/ を参照されたし。
 150m×30m ほどの小さな島である Aves島は自然保護エリアで,上陸や滞在は軍による
特別許可が必要で,ヴェネズエラの国民に限られているとのこと。

*Scotland, GM----. EU-189.
 スコットランドの Isle of Rockall (IO37, IOTA:EU-189) から 6月16〜28日に SP5DRH, 
MM0CWJ, SP3LCC, LA3OHA などが運用を計画している。 LA3OHA は更にオペレータを募集
し,12人ほどで運用したい意向。 更報は http://www.dxpedition.org で。

*Italy, IB0/IQ2LB. EU-045.
 IK2DUW, IK2GPQ, IK2WFE, IK8UHA と IW2OAZ は,4月22〜24日にイタリアの Ventotene 
Island (EU-045) から 1.8/3.5/7/14/21/50/144MHz を IB0/IQ2LB のコールサインで運用
する。 QSL はビューロー経由で。

*Haiti, HH4/W3CMP.
 Chris Patterson:W3CMP は,6月17〜28日にハイチ北岸の St. Louis du Nord (FK39) 
から HH4/W3CMP で,50/144MHz の運用を計画している。 今回 50MHz ではマルチホップの
スポラディックE,144MHz では流星散乱とスポラディックEによる異常伝搬を期待する。
Chris によると,ハイチからはここ数年 50MHz へのアクティビティが殆ど無かったことから,
今回の運用で多くの局にハイチとの交信の機会を提供したいとのこと。 現地には 200W の
アンプと 5-6el のビームアンテナを持ち込みたい意向。

*Puerto Rico, KP4/K3TRM.
 Frank:K3TRM は,4月8〜17日にプエルトリコから KP4/K3TRM のコールサインで 3.5-50MHz
の CW/SSB/RTTY/PSK31 と WARC バンドに QRV する。 QSL はホームコール宛にダイレクト
またはビューロー経由で。 更報は http://www.k3trm.com/ に準備している。

*Gloriso, TO4G (FR/G).
 昨年から決行が延期されてきている Glorioso 島へのペディションであるが,一行はこの
ほど,レユニオン当局から条件付きの許可を得た。 しかしながら,インド洋一帯に流行して
いるチクングンヤ熱(蚊が媒体となって流行する伝染病,ワクチンや治療法はまだ見つかって
ないとのこと)のため,10月〜11月頃にペディションを再び延期するとのこと。 詳報は 
http://glorieuses2005.free.fr/ に発表する。

*Norfolk Island, VI9NI.
 ODXG:The Oceania Amateur Radio DX Group Inc は,5月25日〜6月20日に Norfolk島から
の運用を計画している。 コールサインは VI9NI で 1.9-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。
この運用に向けて,多くのオペレータを募集している。 興味ある方は ODXG の E-mail アド
レス(vi9ni(at)westnet.com.au) までコンタクトされたし。 また,この運用のための機器を
島に運搬すべくドネーションも広く募っている。 詳報は http://odxg.org/ を見られたし。

*Mozambique, C9.
 Frosty:K5LBU, Wayne:W5KDJ と Tom:WW5L は,2006年6月29日〜7月13日にモザンビークの
Bilene から HF と EME を含む 50MHz 及び 144MHz のオールモードを運用する。 設備は
  * IC-756 + IC-2KL アンプ
  * FT-1000MP + 東京ハイパワーの 1KW アンプ
  * EME 用に IC-746 Pro
  * 50/144MHz の EME 用アンプ
  * T8 ログぺりアンテナ 2セット
  * 1.8/3.5/10MHz用 22m ヴァーティカル・アンテナ
  * 7/10MHz用の4方向ダイポール・アンテナ
 一行は更なるメンバーを求めている。 興味があれば,K5LBU (frosty1(at)pdq.net) に
コンタクトされたし。 詳報は http://www.tdxs.net/C9.html に準備している。

【ビーコン関連】
*Argentina, LU1DMA/b.
 アルゼンチンの LU1DMA/b は,このほど 50.008MHz に周波数を変更して GF05xi から
出力 10W で運用している。

*Argentina, new 6M beacon, LU4HH/b.
 アルゼンチンの Cordoba (FF78up) から 50.060MHz で LU4HH/b が出力 1W で運用を
始めた。 アンテナは地上高 36m の全方向性ヴァーティカルアンテナ。

*Ireland, EI0SIX/beacon.
 Tony:EI7BMB によると,アイルランドから初のビーコンが,歴史的な "Allen の丘" から
EI0SIX のコールサイン,周波数 50.052MHz で近々運用を始める見通し。 

【その他】
*Argentina on 50 MHz.
 Gustavo A. Andrada:LW3EWZ は,彼のサイトにアルゼンチンの局の地図をアップしている。
この地図は Google Earth ソフトウェアにより表示され,LU/LW の局とビーコン局を表示
するとのこと。 この地図は http://www.lw3ewz.com.ar/mapa6/index.html で閲覧可能。

*GERMAN HAMRADIO (2006 Friedrichshafen).
 Frank:DL4KQ からの情報によると,ドイツ南部の Friedrichshafen で 6月23〜25日に開催
される恒例のハムフェスティバルで,German DX Foundation (GDXF) の創立10周年を記念して
DX ペディションに関するプレゼンテーションを行う。 スケジュールは 6月24日(土)の
16:00 から。 発表項目は,
     1. 3Y0X - ピーターT世島
     2. K7C  - Kure島
     3. GDXF DX ペディションアワードについて

*Results of 50MHz IARU Contest 2005.
 Tom:SP5XMU によると,50MHz IARU 2005 の結果は SP-VHF-C のホームページ:
http://www.pk-ukf.org.pl に掲載しているとのこと。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]