SIX NEWS plus June '06
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Montenegro, 'a new one' soon.
 これまで,セルビア・モンテネグロ (4N,4O) として国家を形成していたモンテネグロ
が6月3日夜に公式に独立宣言した。 この後,モンテネグロが国際連合に加盟すれば,
ITU から新たなプリフィックスが割り当てられ,DXCC には "New One" となる可能性が
ある。 Ranko:YT6A によると,モンテネグロが DXCC の "New" になれば,大規模な運用
が行われるだろうと語った。

*Hungarian callsigns.
 ハンガリー (HA, HG) のコールサインの数字は,これまでその局が位置するエリアを
示すものであったが,このほどその扱いがなくなったとのこと。

*Iceland, TF/IW5DCE.
 Fabio:IW5DCE は,6月8日から少なくとも半年間アイスランドに滞在する。 彼は 
TF/IW5DCE のコールサインで空き時間に HF+50MHz を運用する予定。 QSL はホーム
コール宛。

*France, TM6ACO.
 ル・マンの 24時間耐久レースの開催を記念して,6月4〜18日に TM6ACO が
HF+VHF+50MHz で運用される。 QSL はビューロー経由または F6KFI (BP22088
le Mans , France) 宛へ。 ウェブサイトは http://asso.proxiland.fr/aras72/
に準備している。
(註:さて TM6ACO も「24時間耐久」運用でしょうか?)

*Portugal, CS25M.
 Jose:CT1EHX, Toze:CT1GFK, Goncalo:CT1GPQ, Miguel:CT1IUA, Rui:CT2IHP そして
Antonio:CT2IOU は,ポルトガル南部の Faro で開催される国際モーターサイクル・
ラリーを記念して,6月17〜23日に CS25M のコールサインで 3.5-50MHz を運用する。
QSL は CT1EHX 宛へダイレクトまたはビューロー経由で。

*Andorra, C31BO.
 Max:DK1MAX によると,最近アンドラから Archie:C31BO が 50MHz にアクティブに QRV
している。 C31BO の初 QSO はポーランドの局とのことで,現在はロングワイヤー・アン
テナを使っているが,近々ダイポールに変更するとのこと。 Archie のロケーションは
谷間で日頃は QSO が難しい模様。 Archie は,www.on4kst.com の 6m-chat にしばしば 
"QRV" している。

*Afghanistan, T61AA.
 この2年間キルギスタンに滞在していた Ross:EX1UN/4W6UN は,現在アフガニスタン
の Kabul で国連の税関・貿易近代化プロジェクトのコーディネータとして滞在している。
Ross が Kan:JA1BK に語ったところによると,彼はアフガニスタンで最初の公式アマ
チュア局として T61AA のコールサインを取得した。 アフガニスタンではアマチュア局
に対して今後 T6 のプリフィックスを発給し,YA は使わないとのこと。 Ross は
手始めにロングワイヤー・アンテナを張ったが,漸次アンテナの改善などをしていく
予定。 また設備も十分でないため,7月に FT-100 または IC-706mkIIG を入手したい
意向。

*Mali TZ9A, Ivory Coast TU5AX, Gabon TR8SA.
 2005年3月以来,マリからアクティブな Chris:TZ9A は,この8月下旬にマリを
離れることになった。 彼はマリから 3.5-50MHz で既に 45,000 QSOs を記録して
いる。 QSL は qrz.com の住所宛へダイレクトで。
 9月以降は,アフリカの幾つかの国からの運用を計画しており,ガボンの TR8SA
と,アイボリー・コーストの TU5AX は既に取得済みとのこと。

【ペディション関連】
*Scotland, MM0CWJ.
 4月号でお知らせしていた Scotland の Rockall島 (EU-189) へのペディション
は,資金不足により中止となった。 詳細は http://www.dxpedition.org/ を
見られたし。

*Estonia, ES/DK2ZF.  
 Rolf は,7月21日〜8月3日に Saaremaa島 (KO08) から 50/144/432MHz を運用する。

*St. Kitts, V47KV. Update.
 Jimmy:W6JKV によると,4月号でお伝えした W6JKV による St.Kitts からの運用は,
予定どおり 6月21日〜7月2日に行われ,コールサインは V47KV を取得した。 運用
周波数などは後刻ウェブサイトなどで発表するとのこと。

*Bermuda, VP9/N0JK. cancelled.
 2月号でお知らせした Jon:N0JK が 6月8〜12日に計画していた Bermuda からのペディ
ションは,彼の仕事上の事情により中止となった。

*Svalbard, JW/DJ3KR.
 Juergen:DJ3KR は 6月2〜18日に JW/DJ3KR のコールサインで Svalbard島から
HF+50MHz の CW を運用する。

*Mariana Islands, NA8O/KH0, KG8RP/KH0, N1KU/KH0.
 Nao:JK1FNL, Jim:7K4QOK と Takky:JE1KUC は,7月7〜10日に Saipan島 (OC-086)
から,それぞれ NA8O/KH0(JK1FNL), KG8RP/KH0(7K4QOK) 及び N1KU/KH0(JE1KUC) の
コールサインで 3.5-50MHz を運用する。 滞在期間中の IARU HF World Championship
にも参加の予定。 QSL はそれぞれの JA コールアドレス宛へ。

*Spratly Islands, 9M0/9M2TO.
 Tex:9M2TO は,6月9日1200z 〜 12日2200z に Spratly諸島の Layang Layang島
(AS-051) から 9M0/9M2TO で WARC バンドを含む 3.5-50MHz の CW を運用する。
このペディションに必要な書類や手続きは全て整っているとのこと。 運用設備は,
島までの飛行機の重量制限があることから FT-847+G5RV(HF) と F9FT(50MHz) を
持ち込む。 この運用に関する QSL は JA0DMV 宛へビューロー経由または 9M2TO
宛にダイレクト(Tex Izumo, 2C-10-03 Mutiara Apt, Jalan Sungai Emas, 11100 
Batu Ferringhi, Penang Is, Malaysia) で。

*U.S. Virgin Islands, KP2AA. 
 Yaesu の Chip:K7JA と Pina Colada Contest Club のメンバー達は,6月24〜25日
に U.S. Virgin諸島の St.Croix島から ARRL Field Day コンテストへの参加を目的に
3.5-50MHz の CW/SSB と衛星モードを KP2AA のコールサインで運用する。
50MHz は 100W+6el を持ち込み,ヨーロッパとの更新を目指す。 QSL は K7JA 宛へ。

*Azores, CU8F, CU8T.
 11人から成る国際チーム:CT1AGF,CT1EPV,CT1GFK,CT3FN,CU2HJA,DF6QV,DJ2VO,DL3MK,
F6HMJ,G3KHZ,HB9FMU そして VA2AM は,7月29日〜8月8日に Azores諸島の Flores島
(HM49jm, IOTA:EU-089) から 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31 に QRV する。 7月
29〜30日のIOTA コンテストには CU8T のコールサインで参加するが,それ以外では 
CU8F のコールサインで,Albarnaz灯台から運用する。 50MHz では 50.113MHz で
CU8F のビーコンを発射する予定。 CU8T, CU8F 共に QSL は CT1GFK 宛へ
ダイレクトまたはビューロー経由で。 このペディションに関するウェブサイトは
http://www.to-mk.com/azores/ に準備している。

*Antigua, V2/G0VJG.
 Tony:I0JX によると,Nobby:G0VJG は,スポラディックE最盛期の 6月26日〜
7月7日にアンティグアからの運用を計画している。 50MHz は 1500W+5el を
持ち込む予定。 Nobby は HF のオペレータだが,50MHz も必ず運用するとの
こと。

*Azores, CU7X, CU6X, CU5X.
 Marq:CT1BWW(チームリーダー)と,Juan Carlos:EA2RC そして John:EA3GHZ は,
2006年7月に Azores諸島の3つの島から以下のスケジュールで QRV する。
 7月10〜16日:Faial島からコールサイン:CU7X
 7月17〜21日:Pico島からコールサイン:CU6X
 7月21〜25日:Sao Jorge島からコールサイン:CU5X
一行は2セットの設備を準備し,2バンド同時運用で SSB をメインに CW/RTTY にも
QRV する。 QSL マネージャは EA3GHZ,www.qrz.com の住所宛へ。 ビューロー経由
では 100% 発行する。
 このペディションの詳報は http://www.geocities.com/carlesrapita を参照されたし。

【ビーコン関連】
*Crete, SZ2DS "beacon" Off the Air
 Costas:SV1DH によると,50.521MHz で Heraklion Crete (SV9) から高出力(ERP 数kW?)
で電波を出していた SZ2DS は,送信系のトラブルにより,この夏の期間は停波するとの
こと。

【その他】
*New International Reply Coupon.
 IRC (International Reply Coupon:国際返信切手券)の新しいデザインが UPU
(Universal Postal Union:万国郵便連合) により決定された。 2006年7月1日から
使用可能となり,2009年12月31日まで有効となる見込み。 このデザインの画像は
http://www.dailydx.com/2007irc.jpg で見ることができる。
 これまでの IRC (http://www.upu.int/irc/en/2002_version.html) は,有効期間
が 2006年12月31日までとなるので,注意されたし。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]