SIX NEWS plus July '06
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Morocco, 5F50IG.
5F50IG (CN8IG) now active on 6M from IM75HN. QSL via EA7FTR.
 モロッコから 5F50IG が IM75hn から 50MHz でアクティブに出ている。 オペ
レータは CN8IG,QSL は via EA7FTR 宛へ。

*Iceland, TF/IW5DCE.
 Fabio:IW5DCE は 6月8日からアイスランドに少なくとも半年間滞在し,TF/IW5DCE 
のコールサインで 50MHz と HF の SSB とデジタルモードを運用する。 QSL は
ホームコール宛へ。

*Afghanistan, T61AA. Update.
 Ross:T61AA は,このほど Cushcraft R8(HF のマルチバンド・ヴァーティカル・
アンテナ)を受け取った。 近日中に東京ハイパワーの HL-1.5Kfx アンプや 50MHz
用の 3el 八木,小型ローテータなどを入手する予定。

*Greece. CEPT licensees OK on 50 MHz for forigners.
 Costas:SV1DH によると,ギリシャでは 2006年5月26日から 50MHz帯 (50-52MHz) 
と 70MHz帯 (70.20-70.25MHz) がギリシャのアマチュア局と CEPT のライセンス保持
者に,実験目的で開放された。 出力は 100W までで,モードはナローバンドのみ
(FM は運用付加)で,HAREC のレベルA の免許保持者が運用できる。

*France, some notices.
 Grand Prix de FRANCE - フォーミュラ1のフランス・グランプリ開催を記念して,
F5KCH のメンバーにより 7月16日まで TM0GP が運用される。 QSL は via F5KCH 宛
へ。 SWL リポートも歓迎する。
 Tour de France. フランス南西端に近い Issarbe (IN93oa) から TM0TDF が,HF/
VHF/UHF/SHF の各バンドで 7月12日に運用される。 QSL はオペレータの指示に従う
こと。

*Svalbard, JW0HZ. QRV also on 6M.
 Miro:SP7JKW は 7月15日まで 5mH の 4el+100W で JW0HZ (JQ77) から QRV する。
QSL は SQ5TA 宛にビューロー経由またはダイレクトで。

*Spain, Foreigners allowed to use 6M.
 スペインの無線連盟:URE は,全ての IARU 加盟団体に以下のメッセージを伝える。
スペイン政府は,2006年6月10日からスペインの全てのアマチュア局と CEPT ライセ
ンスを保持する訪問客に 50-51MHz を開放することと,これまで存在したスペインの
3つのライセンスクラス:General-EA, Restricted-EB と Novice-EC の消滅を決定
した。 これからは HF や 50MHz でも EA/EB/EC のプリフィックスが聞かれることに
なろう。 50MHz帯は CEPT ライセンス保持者以外でも,暫定免許が発給されるケース
もある。 但しスペイン中央部では,テレビ局の送信により 50MHz の運用が制限され
ているところもある。 今回の法令改正のスペイン語版は
  http://www.ure.es/ureinforma/Reglamento_Radioaficionados.pdf  
を参照されたし。

*Montenegro, Update.
 セルビアからの独立を宣言したモンテネグロは,国連への加盟手続きも終了したこと
から,ITU による新プリフィックス割当を待つばかりになっている。 一連の手続きの
完了により,ARRL の DXCC デスクは,2006年6月28日以降の交信について,モンテ
ネグロを DXCC のニューエンティティとしてリストに追加した。 モンテネグロの局
は,ITU から新たなプリフィックスが割り当てられるまでは,現状のプリフィックス:
4O3, 4O6, YT3, YT6, YU3, YU6, YZ3, YZ6 の使用が認められ,DXCC もこの運用を認め
ることになる。 但しモンテネグロは CEPT メンバーに加盟していないので,国外の
オペレータによる,例えば YU6/ホームコールなどでの運用は,現時点では必ずしも
自動的に認められないので注意が必要。
 現時点でモンテネグロから 50MHz にもアクティブな局は
YU6AO(JN92pl): Gojko Mitrovic, Crnojevica 4, 81000 Podgorica, Montenegro. 
YU6DZ(JN92nc): Radulovic Miodrag, Bjelisi 75, 85000 Bar, Montenegro
など。

【ペディション関連】
*Montserrat, VP2MDY.
 Art Blank:WA7NB(かつての N2NB)は,Montserrat から 10月25〜31日に VP2MDY
のコールサインで 1.8〜50MHz の CW/SSB/PSK31 を運用する。 滞在期間中の CQ WW
SSB コンテストに参加の予定。 QSL は via WA7NB 宛へ。

*Ireland, Aran Islands EU-006, IO53fb.
 Dave:EJ3IO は,7月27日〜8月1日にアイルランドの Aran島 (IO53fb, IOTA:EU-006)
から, EJ3IO のコールサインで運用する。 QSL は EI3IO の QRZ.com の宛先へ。

*Bahamas, C6---.
 Gary:W2VQ と彼の14歳の息子 Paul:KC2NMZ は,バハマの Abaco島 (IOTA:NA-080)
の Treasure Cay に向かい,7月23〜31日に 3.5-50MHz の CW/SSB/RTTYを運用する。
現時点では未定だが,各々のコールサインを得る予定。 QSL は via KC2NMZ 宛へ。
  
*Palau, T88DJ, T80W & T88OR.
 Hide:JM1LJS/T80W, Taka:JO2JDJ/T88DJ と Ryo:JG3DOR/T88OR は,7月14〜18日に
パラオから 7-50MHz の CW/SSB に QRV する。 QSL はそれぞれのホームコール宛へ。
詳報は http://radio-dream.com/t80w/ を参照のこと。

*Libya, 5A7.
 リビアから国際チームが大規模なペディションを行う。 11月14〜28日に WARC 
バンドを含む HF と 50/144MHz の CW/SSB/RTTY/SSTV/PSK などに 5A7A のコール
サインで QRV,期間中の CQ WW CW コンテストにはマルチオペレータ/マルチ
トランスミッター部門に参加する。 メンバーは,チーム・コーディネーターの 
Andy:DJ7IK をはじめ,Mustapha:DL1BDF, Dominik:DL5EBE, Gunter:DJ9CB, Ruth:
IT9ESZ (YL), David:K3LP, Manfred:DK1BT, Volkmar:DF2SS, Andy:DL5CW, Andi:
DL9USA, Markus:DJ7EO, Jan:DJ8NK, Franz:DF6QV, Rein:PA0R, Willy:HB9AHL, 
Franz:DK1II, Pirmin:HB9DTE, Jurgen:DJ2VO, Dieter:DL3KDV, Frank:DL8YHR, 
Andy:DL5CW, Rudi:DK7PE, Mitch:VE6OH, Krassy:K1LZ 及びリビア地元の Haytem:
5A1HA(ASSAKR クラブ・コーディネーター)と Tarek:5A1TA の大所帯。 QSL は 
DL9USA が扱う。 ダイレクトの宛先は Andreas Glaeser, PF 100 246, D-03122 
Spremberg, Germany.  ビューロー経由は,ダイレクトの送付が一段落して送付
するので,到着が遅れる見込み。 更報は http://5a7a.gmxhome.de のサイトを
参照されたし。

*Norway, LA/SM6CMU. Sweden, SM6CMU/2, SM6CMU/3.
 SM6CMU は,1985年以来毎年のように行っているノルウェー〜スウェーデン北部
の Lofoten 地方から,この夏も 50/144/430MHz で QRV する。 計画では 7月27日
に車で出発し,JP62 または 72, JP63, JP74, JP95, JP86 及び JP67/68 と JP79 
などから 8月13日まで運用する予定。 50MHz は常時ワッチし,バンドがオープン
すれば 3el を上げて QRV する。 144MHz は 9el+170W,430MHz は 17 または 19el
に 130W のアンプを準備する。

*France, TM7C EU-064.  
 Provins ARC:F6KOP と Fontainebleau ARS:F8KTH のメンバーは,7月29〜30日の
IOTA コンテスト前後に,フランス西部の Noirmoutier島 (IOTA:EU-064) から TM7C
のコールサインで運用する。 メンバーは Bernard:F9IE, Serge:F6AML, Pascal:
F5JSD, John:F5VHQ それに Frank:F4AJQ。 コンテスト前後には,ホームコール宛/p 
などのコールサインで 50/144MHz の CW/SSB とデジタルモードにもQRV の予定。 
QSL は via F4AJQ 宛へ。

*Cyprus, 5B/WB2REM.
 Jim:WB2REM は,7月7〜13日にキプロスから 5B/WB2REM のコールサインで 7-50MHz 
の CW/SSB を運用する。 QSL はホームコール宛にビューロー経由またはダイレクト
で。 ダイレクトには適切な返信用の費用相当を同封のこと。

*Turks & Caicos, VP5/W5SJ.
 Bill:W5SJ は,VP5JM のロケーションから 7月5〜11日に VP5/W5SJ のコールサイン
で QRV する。 100W+7el を準備する 50MHz を中心に,3.5-28MHz の CW を運用する。
50MHz では 50.102MHz で「ビーコンCQ」を出す予定。 QSL は via W5FO 宛へ。

*Galapagos Isl., HC8N.
 Steve:KA6W は,7月8〜9日の IARU コンテストを中心に,ガラパゴス島に10日間程
滞在し,HC8N を運用する。 ガラパゴスは,ヨーロッパからのスポラディックE伝搬
では,カリブ東部よりも1〜2ホップ遠いところに位置するが,今年はスポラディック
Eのコンディションがいいことから,交信できる可能性は否定できない。 Steve は
6月29日現在で,TI8CBT 及び TG9ANF との QSO を記録している。

*Canada, FN89, VE2QRA/p.
 Guy:VE2QRA は,VE2QRA/p のコールサインで Anticosti島 (FN89, IOTA:NA-077) 
から 8月13〜18日に 3.5〜50MHz の SSB を中心に運用する。 QSL はダイレクトで
VE2QRZ: Guy Bouchard, 1108 Daphne, Quebec, G3K 1W6, Canada 宛へ。
カナダから日本宛には,US$2 相当以上の郵便料金が必要とのこと。 このペディ
ションの情報は http://pages.videotron.com/ve2qra/anticosti.html に掲載
している。

*England, G4BUO, G4TSH, G0FDZ, G0VJG, G7GLW, & M3CVN. EU-011.
 2005年12月号でお伝えした Cray Valley チームの今年の IOTA ペディションは,
7月26日〜8月2日に St.Mary's島 (IOTA:EU-011) から G4BUO, G4TSH, G0FDZ, G0VJG, 
G7GLW, M3CVN らによって行われる。 一行は 7月29〜30日の IOTA コンテストに 
M8C のコールサインで参加するが,その前後にはクラブコール G3RCV/p またはそれ
ぞれのホームコール/p を使って WARC バンドと 50MHz を優先的に運用する。 
QSL は M8C 及びクラブ局のマネージャである G4DFI 宛へ。

*Macedonia, Z38R.
 Laci:HA1RS は,6月24日〜7月14日にマケドニアの Scopje に住む Zoli:Z38C/HA1CA
を訪問する。 Laci は訪問期間中,Z38R のコールサインで HF+50MHz+V/UHF を運用,
50MHz は 5el+500W を準備する予定。 Z38R 及び Z38C の QSL は共にハンガリー
のビューロー経由または QRZ.com のアドレス宛で HA1RS 宛へ。 QSL は8月下旬に
準備する予定とのこと。

【その他】
*New IRCs available.
 新しい IRC(International Reply Coupon:国際返信切手券)が 7月1日からお目見え
した。 この新IRC は 2009年12月31日まで有効なもの。 現在で回っている IRC の有効
期限は2006年12月31日となっている。(実質的には,窓口の担当者によるだろうが)
 IRC の制度は,1907年11月1日に最初の IRC が発行されて,来年で100周年を迎える。 

*New e-mail address to SM7AED.
 Arne:SM7AED は,この程彼の E-mail アドレスを変更した。 新アドレスは
彼のコールサイン@telia.com。 Arne は 50MHz の幅広い情報を求めている。

==============================================================================

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 福岡
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]