SIX NEWS plus September '07
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


昨今のコンピューターウィルスによる悪影響を考慮し,本文中及びリンクを
張る E-mail アドレスの "@" は "(at)" と表記します。

【各国短信】
*Afghanistan, T61AA.
 Ross:T61AA(es VK1UN/VK8UUN/EX1UN....etc) は、アフガニスタンから T61AA で再び電波を
出している。 既に8月には 14200kHz での QRV が確認されてる模様。 Ross は、東京ハイ
パワーの 1.5kFx アンプと八木アンテナを持ち込む予定で、近いうちに 50MHz へ QRV する
とのこと。 Ross の QTH は Faizabad (Faizabad Airport = grid:MM57)、QSL は、T61AA, 
P.O.Box99, World Trade Centre, Victoria 8005, Australia に請求のこと。
(註:オーストラリアの Zip-Code(郵便番号)は、アマチュアのプリフィックスに忠実に
   対応しているので、Victoria 州の住所であれば、3000番台の筈です。 ただ、Ross
   の VK のコールサインが VK8:Northern Territory なので、一部不可解なところも
   ありますが・・・。)

*St. Helena, ZD7X.
 Tom:KC0W は、9月5日から数年間 St.Helena に滞在し、9月15日から ZD7X で QRV を始める
見込み。 彼は 1.8-50MHz の設備を準備し、CW/SSB/RTTY/PSK を運用する。 既に 2007年の
CQ WW SSB/CW の両コンテストには、シングルOp/ローパワー部門で参加することを表明して
いる。 QSL は W0MM 宛へ。

【ペディション関連】
*Spain, EA1/EA7TV. EU-080.
 Adolfo:EA7TV は、9月5〜7日に Arosa島 (IOTA:EU-080) から EA1/EA7TV のコールサイン
で、7-28MHz と 50MHz を運用する。 QSL はホームコール宛にビューロー経由またはダイレ
クトで請求のこと。

*St. Brandon, 3B7C. Update.
 St.Brandon (IOTA:AF-015) に向かっている 3B7C の一行は、現地に 9月4日に到着し、運用
開始は UTC で 7日の深夜になる見込み。 50MHz のビーコンは最初に準備し、アンテナと設備
が整い次第電波を出す。 運用周波数は、次のとおり。

         Band       CW       SSB      RTTY     FM       PSK
         ----------------------------------------------------
         160m        1822     1842      -        -        -
         80m         3502     3795     3570      -       3580
         40m         7002     7052     7035      -       7037
         30m        10102      -      10137      -      10140
         20m        14022    14145    14085      -      14071
         17m        18072    18145    18100      -      18100
         15m        21022    21295    21085      -      21071
         12m        24892    24945    24920      -      24920
         10m        28022    28495    28075    29580    28071
         6m         50102    50145      -        -        -
         6m Beacon  50090      -        -        -        -

 現地には、各バンド1設備+3.5/14MHz はサブ設備の、合計12セットを設置する。 現地
には 3b7c(at)g3wgv.com 宛に E-mail を送れば、毎日転送される。 オンラインログは 3B7C
のウェブサイトにアップする予定。
 QSL は G3NUG 宛にビューロー経由またはダイレクトで。 SWL カードは Bob Treacher:
BRS32525 がマネージャを務める。 このペディションの全情報は、http://3b7c.com の
ウェブサイトを訪問されたし。

*Crete, SV9/DK5YA.
 Udo:DK5YA は、9月9日までギリシャの Crete (KM35) に滞在し、天候と奥さまのご機嫌次第
(笑!)で、50/144MHz を運用する。

*Venezuela, YX5IOTA. SA-044.
 The DX 4M5DX のメンバーは、9月24〜30日にベネズエラの Tortuga 島 (IOTA:SA-044) から
WARC バンドを含む 1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY/BPSK と 14MHz では SSTV を運用する。 
コールサインは YX5IOTA、運用クルーは YV5ANT をはじめ、YV5KAJ,YV5WW(OH0XX),YV5TX,YV5MSG,
YY5RED,YY1RDX,YV1FM,YV5SSB,YY5HBO,YY1ALE,YV1CTE,YV5OHW,YY4MP など。 QSL マネージャは
IT9DAA で、ビューロー経由またはダイレクト(QRZ.com の住所に)で受け付ける。 ウェブサイト
は http://www.4m5dx.org/html/yx5iota.html に準備している。

*Indonesia, YB9/PA0RRS.
 Rich:PA0RRS は、インドネシアの Bali島 (IOTA:OC-022) から YB9/PA0RRS のコールサインで
8月26日〜9月24日まで 7-28MHz を中心に運用する。 また、3.5MHz と 50MHz への QRV にも
トライする予定。

*Croatia, 9A/IN3YGW, 9A/ON4LO
 Tony:IN3YGW は、8月25日〜9月8日にクロアチアの Rab島 (IOTA:EU-136) から 9A/IN3YGW の
コールサインで、HF+50MHz の CW/SSB を運用する。 QSL はホームコール宛へ。
 また、Francois:ON4LO は、クロアチアの Mali Losinj (IOTA:EU-136) から 9A/ON4LO のコール
サインで 9月8〜28日に HF と 50MHz に QRV する予定。

*Greece, J48XG, SV8/HA4XG in JM99 on EU-052. J44XG, SV4/HA4XG IN KM19
 Geza:HA4XG は、家族との休暇を過ごすギリシャから運用する。 8月31日〜9月6日に 
Corfu(Kerkyra)島 (JM99wr,IOTA:EU-052) から、その後 9月7〜14日に Amaliapoli (KM19KE) 
に移動し、J48XG 及び SV8/HA4XG のコールサインで HF+50/144MHz に QRV する。 リグは
IC-746 を使い、アンテナは DunaX ヴァーティカルと 144MHz は DK7ZB デザインの 10el を
持ち込む。 QSL はハンガリーのビューロー宛または HA4XG の QRZ.com の宛先へ。

*Jamaica, 6Y/PA2V.
 Peter:PA2V は 10月16日から11日間、ジャマイカに滞在する。 50MHz のニーズがあれば、
6Y/PA2V にコールサインで 50MHz に QRV するとのこと。

*Equatorial Guinea, 3C7Y.
 赤道ギニア (Bioko Island, Grid:JJ43, IOTA:AF-010) への DX ペディションは、10月5〜14日
に行い、3C7Y のコールサインで運用する。 オペレータは Fred:KH7Y, Vic:EA5YN, Luis:EA5BRE
そして Elmo:EA5BYP の4名で、現地には2セットの設備を設置し、オールバンドの CW/SSB/RTTY
に QRV する予定。 Elmo:EA5BYP によると、50MHz は 5el八木を持ち込むとのこと。 QSL は
EA5BYP 宛へ。

*Malta, 9H20.
 Dutch Amateur Radio Society 会長の Wim:PG9W/9H3ON は、オランダのチームが 8月10日〜11月
10日にマルタ(JM75,IOTA:EU-023) から、サフィックス無しの 9H20 (NINE HOTEL TWENTY) を運用
すると発表した。 現地では 3.5-50MHz のオールバンドを運用し、オペレータ個人の 9H3 の
コールサインでも運用する。 9H3 のコールサインの QSL それぞれの QRZ.com の住所宛、また
9H20 の QSL は PB9ZR/9H3ZR:Ruben van der Zwet, Barentzstraat 1, 2161 TJ LISSE,The 
Netherlands 宛へ。 IRC は不要とのこと。

*Qatar, A7/G0MKT.
 Bill:NM7H (also G0MKT,YI9WF) は11月にカタールに戻り、11月1日〜2008年1月5日に A7/G0MKT
のコールサインで 7-28MHz の CW を中心に PSK/SSB でも QRV する。 50MHz がオープンしたら
即 QRV 可能。 QSL は NM7H 宛へダイレクトまたはビューロー経由で。

*Turks and Caicos Isl., VP5/W1AI.
 W1AI は、Turks and Caicos島 (IOTA:NA-002) の Providenciales から VP5/W1AI のコールサイン
で 9月1〜8日に 1.8-50MHz の CW/SSB を運用する。 QSL は W1AI 宛へ。

*Montenegro, 4O1AO, 4O1M.
 World HST Championship Belgrade に参加する国際チームが、モンテネグロとセルビアから QRV
する。 K6MYC,N6TQS,I2MQP,JA1BK,UT5UT の5人が 9月17〜21日に Gojko:YU6AO のシャックから
HF と 50/144MHz の CW/SSB/RTTY/PSK31/SSTV/EME で 4O1AO 及び 4O1M を運用、HST に参加した
後、9月23〜26日に YT1AD のシャックから YT5A のコールサインで QRV する予定。

*Bahamas, C6APR, C6AXD, C6AQO
 W2GJ,K3IXD,K4QO は、10月27〜28日に開催される CQ WW SSB コンテストに C6APR のコールサイ
ンで参加するため、バハマの Crooked島(Grid:FL12tt, IOTA:NA-113) から運用する。
コンテスト前後は、各々の個人コール C6APR(Pete:W2GJ), C6AXD(Ed:K3IXD) 及び C6AQO(Randy:
K4QO) でも運用する。 この運用に関する全ての QSL は K3IXD 宛へ。 彼らは IC-7000(100W)
で 50.100/50.125MHz をモニターするとのこと。

*Aruba, P41USA. (Special 911 Event)
 今年初め、Bob:W3BTX (P49T) と Roy:W3TEF (P4/W3TEF) は、2001年9月11日のニューヨークの
テロを追悼する記念日が来ることから、アルーバ当局に特別コールを申請していた。 8月4日、
アルーバ当局は、この特別コール P41USA を 2007年9月1〜15日の期間限定で発給した。
Bob と Roy は WARC バンドを含む 1.8-50MHz を運用、QSL は Roy:W3TEF 宛へビューロー経由
またはダイレクトで。 QSL は特別に画像の使用を許可されたニューヨークの写真がデザインされ
ているとのこと。

*Ogasawara, JD1BLY.
 JI5RPT は、2008年2月13〜28日に小笠原諸島・父島 (IOTA:AS-031) から 1.8-50MHz の CW/SSB/
デジタルモードを運用する。 今回の運用では 1.8/3.5MHz に力を入れたいとのこと。

*Grenada, J3/DL7VOG.
 Gerd:DL7VOG は、8月27日〜9月16日にグレナダから運用する。 最初は 8月27〜31日に
IOTA:NA-024 から、その後 9月16日までは IOTA:NA-147 の Carriacou島から、共に J3/DL7VOG
のコールサインで、1.8-50MHz の CW/RTTY をメインに SSB にも QRV する。 彼は IC-706 単体
に HF9VX アンテナを持ち込む予定。 QSL はホームコール宛にビューロー経由またはダイレクト
で。 リクエストは qsl(at)dl7vog.de に E-mail で。 ログは http://www.qslnet.de/j3-dl7vog
にアップする予定。

*Georgia, 4L/PE1RMN.
 Joost:PE1RMN は、8月1日〜10月1日にグルジアからの運用を計画している。 ライセンスは
既に申請済み、現地からは 50/144MHz への QRV にチャレンジしたいとのこと。

*The Gambia, C56YK.
 Andre:ON7YK は、再びガンビアから C56YK のコールサインで 9月14〜27日に 3.5-50MHz と 
50MHz の SSB を運用する。 QSL は ON7YK の QRZ.com の宛先へ。

*Burundi, 9U0A.
 Sigi Presch:DL7DF は、9月26日〜10月9日にブルンジからマルチオペレータのチームで
9U0A を運用すると発表した。 一行は百戦錬磨の Manfred:DK1BT, Wolf:DL4WK, Sigi:DL7DF,
Jan:DL7UFN, Frank:DL7UFR そして Leszek:SP3DOI の5人で、現地では 1.8-50MHz の CW/SSB/
RTTY/PSK31/SSTV を運用する。 設備は2台の K2 と IC-706, IC-7000 の4台のリグをはじめ、
Titanex V80E、7/10MHz 用の4スクエア、14-28MHz 用に2セットの hexbeams、ローバンド受信
用のビバレージ、そして 50MHz は 5el を持ち込む。 ペディション期間中はオンラインログを
準備、Bernd:DF3CB (bernd(at)df3cb.com) がパイロット局を務める。 QSL は DL7DF 宛に
ビューロー経由またはダイレクト (Sigi Presch, Wilhelmsmuehlenweg 123, D-12621 Berlin, 
Germany) で。 ダイレクトでの請求では、SAE と必要な返信費用(IRC など)を同封のこと。
このペディションの詳報は http://www.dl7df.com/9u/ を見られたし。

*Central Kiribati, T31XX (T33ZZ)
 JA8BMK は、10月26日〜11月4日に CANTON島 (Grid:AI47, IOTA:OC-043) から 1.8-50MHz
の CW/SSB/RTTY に T31XX で QRV、滞在期間中の 10月27〜28日に開催される CQ WW SSB 
コンテストに参加の予定で、同行オペレータや資金を募集している。 この運用の前または
後には BANABA島 (Drid:AI58, IOTA:OC-018) へも行く予定で、T33ZZ のコールサインでの
運用を計画している。

*Ducie Island, VP6DX. Update.
 Ducie島への次回のペディションは、現在のところ 2008年2月10〜28日に行う計画。 オペ
レータは DJ8NK,DL3DXX,DL6LAU,DL8LAS,K3NA,OH2BH,OH2PM,SP3DOI,UA3AB,WA6CDR など。 現
地には 1.8-50MHz を運用するために7セットの設備を常設し、フェーズド・ヴァーティカル
や4スクエアのアンテナを多数展開する。 このペディションの予算は US20万ドルで広く
ドネーションを募っている。 ウェブサイトを http://www.vp6dx.com に準備している。




ほとんど20年振りにハムフェアに行きました。
==============================================================================  これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず情報源 を明らかにして下さい。   では,また。 FB DX on SIX!! DE JF6DEA/KE1EO 木下司朗 in 福岡 E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]