SIX NEWS plus Apr 2k
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*JA9BHZ SK(日本)
 JA1VOK 吉田さんからの情報として, 日本屈指の 6m DXer, JA9BHZ (DXCC #157) 
が急性心不全のため,4月27日に急逝されたとのこと。 享年49歳。 ご冥福をお祈
りします。

*WH7T ex AH6IO SK(ハワイ)
 JA1VOK:吉田さんが得た KH7R からの情報によると,ハワイの WH7T(ex-AH6IO):Richard
が5月1日に心臓発作によりサイレント・キーになったとのこと。 享年44歳。 合掌。

*EH7KW DXCC(スペイン)
 スペインからアクティブな EH7KW:Jose はこのほど 50MHz特記の DXCC を受領した。
ナンバーは #257 とのこと。 スペイン最初の 50MHz DXCC 完成者では?

*Malawi 7Q7RM(マラゥイ:アフリカ)
 7Q7RM:Ron は,このほど新しい QTH の Blantyre に引っ越した。 グリッドは以前
のまま。 Blantyre は,6m や 10m での運用ではダントツにロケーションがよくなった。
Ron は 6m のアンテナを地上高 3m に「上げて」いるが,それでも以前のロケーション
Lake Malawi とは較べモノにならないほど良いとのこと。 Blantyre からの初 QSO は
3月6日に記録した。 Ron は 6m と 28.885MHz の両方にアクティブに出ている。

*9V News(シンガポール)
 JA1VOK:吉田さんによると,9V1JA は 50.115MHz と 50.120MHz の CW/SSB のスポット
で免許されているとのこと。

*FM5WD Active(マルティニーク:カリブ)
 FM5WD:Lucien は,今後 50MHz の運用にも力を入れるとのこと。 彼は IC-551D に
8el 八木を 100フィート(約30m)に上げる予定で,50.110MHz を中心にワッチする。

*50Mhz UK KW?(イギリス)
 イギリスの Man島(GD)から,EME(月面反射通信)実験用に 1kW の免許が申請されて
いる模様。

*Mali TZ6TT(マリ:アフリカ西部)
 DL1EJA:Oliver からの情報として,彼が TZ6TT:Holger と 21MHz で QSO したところ
によると,Holger は TZ6VV が使っていた 50MHz のアンテナを入手しており,近々 
50MHz で運用を始めるとのこと。 
Holger の Email アドレスは,allemange.presse@afribone.net.ml

*Uganda 5X1GS(ウガンダ:アフリカ東部)
 5X1GS:Graham は,50MHz のアンテナを準備し,運用を始めた。 今のところ地上高 
1.5m のダイポールで 5H3US と TR8XX と交信している。 近日中にビームを 17m の高
さに上げ,100W で運用する予定。 Graham は,ウガンダに向こう2年間滞在するとの
こと。

*Canada. Mike VE9AA soon QRV 6m EME(カナダ)
 カナダ北東部のニューブランズウィック州の VE9AA:Mike は,4月下旬に 30フィート
(約10m)ブームの50MHz用 8el×2を上げ,EME(月面反射)運用の準備に入る。
現時点では送信用のアンプが無いので受信のみだが,秋までには少なくとも 550W の,
可能であれば 1kW のアンプを入手して QRV する意向とのこと。 ニューブランズウィ
ック州は EME では珍しい地域であるが,Mike は「ここからの運用資金には頭が痛い」
旨を零している Hi。

*Mayotte FH/TU5AX(マヨッテ:アフリカ東部インド洋上)
 FH/TU5AX:Christian は,概ね 1450z(2350JST) 頃から 50.110MHz をワッチしており,
0330z(1230JST)以降に 14.260MHz, 1200z(2100JST)以降に 28.470-500MHz 辺りに QRV
しているとのこと。

*Colombia HK3TAS(コロンビア:南米)
 コロンビアの HK3TAS:Alex は,4el キュビカルクワッドに 100W で 50MHz に精力的
に QRV しており,既に北米,カリブ,ハワイなどとの QSO に成功している。 運用
時間帯は 0330-0500z 及び 1600z 以降。 スケジュールの申し込みなど,Alex の
E-mail アドレスは,helax@cable.net.co まで。 なお,QSL マネージャは HK3SGP
とのこと。

*New EI Allocation(アイルランド)
 EI7IQ:John によると,アイルランドではこのほど 50-52MHz で最大出力 100W,水平
に加えて垂直偏波と,移動運用が新たに認められた。 これまでは 50-50.5MHz の水平
偏波で,固定局の運用のみしか認められていなかった。

*Falklands VP8CMT(フォークランド:南米)
 フォークランドから VP8DBL を運用し,既に彼地を離れた G3WOS は,地元の VP8CMT:
Keith, VP8AWU:Neil などに 50MHzでの運用のノウハウを教え込んだ模様。 彼らは 
28.885MHz もワッチするとのこと。

【ペディション関連】
*St. Peter & St. Paul Rocks, PY0S.(セィントピーター&ポールロックス:南米)
 Six News 99年12月号で,2000年4月まで延期されたとお伝えした PY0S(セィント
ピーター&ポールロックス)への DX ペディションは,再延期されたとのこと。
しかし,計画が中止になった訳ではない。

*FS/ON4ANT(セィント・マーティン:カリブ)
 ベルギー屈指の 6m'er,ON4ANT:Jahan は,カリブからの運用を計画している。
FS 或いは PJ7(セィント・マーティン)周辺をターゲットにしているとのこと。

*Mongolia JT1Y(モンゴル)
 SM7AED が 425DX News から収集した情報によると,I0SNY:Nicola(E-mail:
nicola.sanna@tin.it) らは,モンゴルからの JT1Y による運用は5月23日〜6月6
日に行われる予定。 I1ZB:Antonio, I1QOD:Alberto, それに IO-6542/VT:Massimo
らを含むチームは,JU1Y のコールサインで5月の最終週末に開催される CQ WPX CW
コンテストに参加する。 モンゴル滞在中は 
CW:28015,24895,21015,18075,14015,10105,7005,3505,1825,50110kHz, 
SSB:28485,24985,21285,18145,14185,7045,3780,1840,50150kHz の各周波数での運用
を予定している。 QSLは 
I0SNY:Nicola Sanna, Str. Gualtarella 8/M, 06132 S. Sisto-PG, Italy まで。

*Jan Mayen JX7DFA(ヤン・メイヤン:北極圏)
 SM7AED 経由の 425DX News によると,LA7DFA:Per は,4月7日から6か月または
12か月の予定で,Jan Mayen に滞在し,JX7DFA のコールサインで運用する。 Per 
は 160m-2m の主に CW で運用するが,SSB や SSTV,PSK31 などのデジタルモードで
も運用する予定。 QSL は LA7DFA;Per-Einar Dahlen, Royskattveien 4, 7670 
Inderoy, Norway まで。

*Willis Island DXpedition, VK9WI(ウィリス島:オーストラリア)
 VK4ZEK が G3WOS に宛てたメイルによると,オーストラリアの気象当局はウィリス島
に5人までのアマチュア無線のオペレータが上陸することを許可した。 VK4APG:Peter
J Garden がウィリス島へのペディションチームに参加する見込み。 Peter は 24時間
体制で 50MHz を運用し,50.0515MHz でもビーコンを運用する。 
詳細は http://www.qsl.net/vk9wi に紹介している。

*Swaziland 3DA0CF(スワジランド:アフリカ南部)
 G3WOS によると,アメリカ・テキサス州の K5LBU:Frosty は,この7月4日〜7日
まで,スワジランドから 3DA0CF のコールサインで 50MHz を運用する。設備は IC-746+
5el。 周波数は 50.110MHz に出るが,状況次第では上の方に QSY するとのこと。

*DX-pedition to HB0(リヒテンシュタイン:ヨーロッパ)
 PA3GFE:Martijn によると,PI4TUE のグループは,2000年7月31日〜8月16日にリヒ
テンシュタインから運用する。 運用地のグリッドは JN47tc で,HF オールバンドと 
50MHz, 144MHz の MS, トロッポ,それに 1200MHz にも QRV する予定。 滞在期間中
は 50MHz の運用に傾注する。 PA3GFE の E-mail アドレスは,pa3gfe@amsat.org まで。

*Dx expedition in Guyana. TO0DX(ギアナ:南米)
 2000年4月25日〜6月3日に,18人のオペレータがギアナの Kourou に近い Royale島,
IOTA SA-020, グリッド GJ35qg から 1.8MHz-50MHz に運用する。 50MHz は,メンバー
の一人,F1BCS が FT-847 に 5el八木で QRV する。 このグループは特別コールサイン
TO4DX の発給を申請しているが,4月20日時点ではまだ発給されていない。 最初のうち
は FY/ホームコールで運用する予定。

*Croatian Isle Expedition(クロアチア:ヨーロッパ)
 この6月上旬に,Croatian IOTA Hunters Group と ARC Koprivnica のメンバーが,
クロアチアの Palagruza島 (IOTA:EU-090) への DX ペディションを計画している。 
このペディションのリーダーは 9A7K:Kresimir で,5〜7名のオペレータが参加する
見込み。 期間は6月7日〜14日を計画しているが,スポンサー(資金)次第では更
に2〜3日延長にる可能性もある。 コールサインはクロアチアの独立10周年を意味
する特別コール 9A10C(9-A-One-Zero-C) を使用する。 運用バンドは HF オールバン
ド+WARCバンド。 加えて 144MHz, 50MHz にも QRV する。 
Palagruza島は,IOTA の他にも World Light- house(世界の灯台)LH-057 と,クロ
アチアの島ナンバー CI-084 でもあるところ。 設備は TS-570D,TS-690,TS830S, 
IC-726,TS-711S,FL-7000,TL-922,TH6DXX,ダイポールなど。 144MHz は TONNA の12el,
50MHz は TONNA の 5el F9FT。 この島からは 9A7K/p でも運用する。 QSL は
9A7K: Kresimir Juratovic, P.O.BOX 88, HR-48000 Ko privnica, CROATIA まで。

*Ukraina. Grid square expedition to KO90(ウクライナ)
 UR4LL によると,ウクライナの Kharkov のアマチュア無線家は,6月にグリッド
KO90 へのペディションを計画している。 ウクライナの KO90 は極めて小さな部分
で,残りはロシアの領土である。

*V6 Pedition(ミクロネシア)
 K8AQM/K8XXX:Ted らのグループは,今夏の6月28日〜7月12日まで,ミクロネシア
から QRV する。 運用コールサインは,V63KR(K8AQM/K8XXX), V63KP(KG8CO), そして
V63KQ(K8AA)で,期間中,IARU Radio Sports コンテストには V63X で QRV する予定。
彼らは HF の DXer/コンテスターであり,HF の運用ノウハウは知っているが,50MHz 
の運用についてはよく判らないので,次のことを教えて欲しいとのこと。
 1.この時期,現実的に V6 からアメリカ本土への 50MHz でのパスがあり得るのか?
  オープンするのであれば,時間帯は何時頃か?
 2.50MHz ではどの周波数に出ればよいか? パイルアップの時のスプリットはどの
  ような運用をすればよいか?
 3.50MHz では CW, SSB どちらを優先すべきか? 或いは両モードに出るべきか?
 Ted のグループは V6 へのペディションに FT-100(100W) と 3el の 50MHz の設備
を持っていく予定にしている。 彼らは 50MHz に関しては「全くの素人」であり,
50MHz のアンテナも TV アンテナを改造して製作したいと考えているが,他にも軽い
50MHz 用のアンテナがあれば教えてほしいとのこと。 他に R-8 バーチカルアンテナ
も持って行く予定だが,果たしてこれで 50MHz を運用できるものかという疑問も
持っている。

*TI Expedition(コスタリカ:中米)
 TI5KD によると,TI-IOTA グループは,コスタリカ中央部の東海岸の Uvita島(IOTA:
NA-155) への DXペディションを計画している。 期間は5月17日〜21日,周波数は 
3.5MHz-50MHzの CW,SSB と,金土日のみ RTTY で運用する。 オペレータはコスタリカ
とアメリカから集まり,コールサインは TE6U を使用する予定。

*American Samoa(アメリカンサモア:太平洋)
 アメリカンサモアから運用していた KH8/N0JK は,MFJ-9406:10W に 3elの M2 八木
で,トータル 266QSO,28エンティティとの交信を終えて島を離れた。 ベスト DX は
4月7日の JY9NX(ヨルダン)。 他に K2RTH,W4RCC,W6JKV/5,W5UWB,K9HMB などの
アメリカ本土の局とも QSO に成功した。

【ビーコン関連】
*Beacon update(ブラジル,イタリア)
 PP2SIX は 50.073MHz で,グリッド GH53mp から GP に 7W で運用している。 また,
I0JX はグリッド JN61 から 5/8λバーチカルアンテナに 10W で運用して
いる。

*New Beacon(フェルナンドノローニャ:ブラジル)
 ブラジル沖の島,フェルナンド・ノローニャから PY0FF/b が運用を始めた。 周波
数 50.006MHz,出力30W で,グリッドは HI36td。

*VK Beacon info(オーストラリア)
 VK2RSY に関する情報。 50MHz,144MHz そして 432MHz のビーコンは,現在,メイン
ビルの屋上から 5m の高さの水平偏波,全方向性のアンテナで運用している。 これら
のアンテナは今年中に 28MHz のビーコンのアンテナと共に,メインビルの西にある高さ
20m のポールに移すことにしている。 28MHz のビーコンは,現在,メインビルに隣接
する古いタワーに設置している。
 50MHz のビーコンは,現在 FSK により 52.420MHz で運用しているが,新しい 50MHz
のレピータとに相互変調の影響があるため,50.299MHz に周波数を変更し,変調方式も
CW にする予定。 以上は VK2TWO:Andrew Scott からの情報。

*New Caledonia FK8CA(ニューカレドニア)
 F8OP によると,ニューカレドニアの Tontoua の FK8CA(RG37dw):Alan は,毎日 0830-
0930z の間,ヨーロッパショートパス向けに 50.210MHz でビーコンを出している。
Alan は,3月中旬に DL(ドイツ),YU(ユーゴスラビア)などの弱い信号を受信してい
るとのこと。

*Ukraina beacon UR4LL(ウクライナ)
 ウクライナから待望のビーコンが運用を始めた。 UR4LL:Alex によると,ウクライナ
初の 50MHz ビーコンが,4月23日0800z から運用を開始した。 このビーコンの運用開
始に当たっては,UR5LR,PA3BFM, Mr.H.D.Anjema, I0JX,VR2XMQ,VR2IL などの協力を得た。
ビーコンの運用諸元は次のとおり。
 コールサイン:UR4LL
 周 波 数 :50.0847MHz
 アンテナ  :ダイポール
 地 上 高 :6m
 指 向 性 :全方向性
 偏   波 :水平偏波
 送 信 機 :自作
 出   力 :8W
 運用モード :CW
 グリッド  :KO70xg
 運用地海抜 :100m
 メッセージ :... VVV de UR4LL UR4LL UKRAINE KO70XG ...
 運用管理者 :Oleksiy ( Alex) Gavva, UR4LL,  
        pl. Lenina 8, Zolochiv, Kharkiv obl, 62203 Ukraine. 
        e-mail: alex@zcrb.kharkov.ua
 そ の 他 :ウクライナの電力事情が良くないので,停電時にはビーコンが
        停波することがある。

*Ukraina. UT5G beacon(ウクライナ)
 ウクライナからもう一つのビーコン UT5G が運用を始めた。 出力 10W に
45mH の垂直偏波のアンテナで,周波数は 50.084MHz。 運用地のグリッドは
KN66ls で,海抜は 60m。 このビーコンのマネージャは UT7GA で,彼らは
クリミア半島の最高峰,海抜1200m の Ai-Petri山に新しいビーコンを設置する
べく準備しているとのこと。

【QSL Info】
*BG7OH QSL Info(中華人民共和国)
 VK3OT によると,BG7OH の QSL Info は次のとおり。
   BG7OH/Mars Liu
   P.O.BOX 020-73
   SHENZHEN 518020
   P.R. CHINA

*ZD9BV(トリスタン・ダク−ニャ:大西洋)
 ZD9BV の QSL マネージャは W4FRU。

【コンディション関連】
*Spain EA7KW(スペイン)
 スペインの EA7KW/EH7KW:Jose が JA と QSO したのは,以下の日時。
2k/03/03 0055-0218z, 
   03/04 0004-0132z,
   03/04 2323z-03/05 0011z,
   03/06 0119-0123z,
   03/09 2328z-03/10 0021z,
   03/12 2344z-03/13 0023z, 
   03/14 0020-0120z, 
         2345z-03/15 0032z,
   03/19 2304-2319z, 
   03/22 2241-2327z, 
   03/24 2341z 

*Colombia HK3YH(コロンビア:南米)
 HK3YH:Hans が,4月4日にロングパスで QSO した JA は次の 19局とのこと。
JE1BMJ,JH4IUO,JA4MBM,JA1VOK,JF2AIA,JH6IMI,JR6EXN,JM1KNQ/6,JQ3DUE/6,JR6GV,JA4KFA,
JR2HOG,JH3VJV,JA5AIE,JA1BK/6,JA6RJK,JR6HI,JH5FIS,JI4TKJ。 JE1BMJ:日笠さんと 
HK3YH とのロングパスによる交信距離は,Hans の算出によると 25734km 程とのこと。 
Hans の E-mail address は hk3yh@cable.net.co

*VK8OT worked LU8MB and LU7FA LP over the North Pole!!!
 オーストラリアの VK8OT(PG66) は,4月18日の 1500z を中心に,アルゼンチンの 
LU7FA(FF96) 及び LU8MB と北極周りのロングパスで QSO できたとのこと!
このパスは,少なくとも 30分間はオープンしていた模様。

>環大西洋(ヨーロッパ,アフリカ,北米,南米)方面
===========================================================================
YY/MM/DD TIME(UTC) OPENING
---------------------------------------------------------------------------
2k/04/02 2120      WP4O-VP6BR
   04/05 1100-1430 G1IOV-3C5I, ZS6AVP,-VR, ZD9BV, LU9AEA, TR8CA
   04/08 ??        IW9CER-LU/PY/CE/5T5BN(IK28)
   04/12 PM        VP8DBL-Europe;SV/5B/LZ/YO/I/JY/9A/9H/W4 etc
   04/13 1500-1800 VP8DBL-SVs,Europians
   04/16           VP8DBL-EH/CT/S5/I/PY5CC for #186
         1335      ZD8VHF/b-G4FUF
   04/19 1927      VP8DBL-W5UWB(EL17ax)
   04/25 1711      FH/TU5AX-5B4FL

>アジア・オセアニア方面
---------------------------------------------------------------------------
YY/MM/DD TIME(UTC) OPENING
---------------------------------------------------------------------------
2k/04/02     -2053 WP4O-ZK2KT,-WNB,ZL3VTV,ZL2AGI,-TPY,-AAA,ZL3AAU,ZL3TIC 
                   ZL3ADT,ZL1UF,ZL3TY,-JT,ZL4KB,ZL3GS,VK2BA
   04/04     -2351 WP4O-ZL4LV,VK2BA,ZL3JT,VK2BHO,-FHN,-FLR
         ??        HK3YH-JE1BMJ,JH4IUO,JA4MBM,JA1VOK,JF2AIA,JH6IMI,JR6EXN,
                         JM1KNQ/6,JQ3DUE/6,JR6GV,JA4KFA,JR2HOG,JH3VJV,
                         JA5AIE,JA1BK/6,JA6RJK,JR6HI,JH5FIS,JI4TKJ
   04/14 ??        8Q7YS-JY,4X 
   04/19 1500-     VK8OT(PG66)-LU7FA(FF96),LU8MB via North Pole!!!!!
===========================================================================

【その他】
*TX0 DXCC OK!(チェスターフィールド島:オセアニア)
 アメリカ ARRL の DX 諮問委員会 (DXAC) は,先にペディションが行われた TX0:チェ
スターフィールド島を DXCC のニューエンティティとする案を全会一致で承認した。 
DXCC には,2000年3月23日及びこの日以降の交信が有効となる。 TX0 が DXCC に有効
になるか否かについては,焦点であったニューカレドニアの IARU(国際アマチュア無線
連合)への加盟が実現する運びとなった模様。 チェスターフィールド島は,ニューカ
レドニアから 350km 以上離れており,DXCC が規定する「別エンティティ」の条件を満
たすもの。 TX0DX のHF のログデータは E-mail で取り寄せ可能だが,残念ながら 
50MHz の QSO については,このシステムを利用できない。

----------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 鹿児島
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]