SIX NEWS plus Jun 2k
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*PZ QRV(スリナム:南米北部)
 南米スリナムの PZ5RA が,50MHz でアメリカのクラスターでリポートされて
いる。

*3A Update from Jean 3A2MG(モナコ:ヨーロッパ)
 ヨーロッパでも 50MHz の運用が認められていなかった数少ないエンティティ
の1つ,モナコからの 50MHz の試験運用が認められる。 3A2MG:Sacotte から
の情報によると,2000年7月1日〜10日の10日間に「試験的免許」としてモナコ
在住のアマチュア(DX ペディションでの運用局は不可)に 50.2-51.2MHz での
運用が認められる。 また,7月9日と10日には特別局 3A2K がマルチOP で 
IARU コンテストに参加する予定。 現在モナコでは地元のテレビ局 TMC:Tele 
Monte Carlo が 52MHz のチャンネルでの送信免許を保有しているが,実質的には
この周波数では送信されていない。 しかし,TMC は既得権であるこの周波数に
おける免許を手放すことに消極的であるとのこと。 今回の試験的な 50MHz の
免許が,将来的にモナコのアマチュアに 50MHz帯が開放されることの第1歩と
なることを望んでいるが,法の改正が実施されるか否か等,詳細は未定。

*A5 News(ブータン:南アジア)
 マヨッテに滞在していた FH/TU5AX:Christian は,8月20日に島を離れる。
彼はクリッパートンDXクラブが,9月3日〜13日の予定で計画しているブータン
からの DXペディションに 50MHz の設備を持参の上参加したいとのこと。

*St. Helena ZD7VC(セント・ヘレナ:大西洋)
 大西洋上に浮かぶセント・ヘレナ島から ZD7VC が 50MHz に QRV しており,
5月30日にはヨーロッパに強力に入感した。 SM7FJE は ZD7VC との交信で
SM-ZD7 ファーストエバーを記録した。

*Laos XW2A. Update(ラオス)
 XW2A での運用を終えた JA2EZD:米塚氏は,この後カンボジア(XU)やベトナム
(3W) などに向かう予定とのこと。 XW2A 宛の QSL は

*Tajikistan EY8MM and EY8CQ(タジキスタン)
 タジキスタンから QRV している EY8MM と EY8CQ は,以下の設備で運用して
いる。
 EY8MM : 7el yagi, Force 12, EF706, IC746.
  EY8CQ : 5el yagi home brew, IC746.
なお,EY8MM のこれまでのベストDX は,6月1日の LU8MB(FF57) との QSO で,
距離は 16140km(距離算出 は DX4WIN による)。 EY8MM のホームページの 
URL は,http://www.qsl.net/ey8mm

*Uzbekistan UK9AA(ウズベキスタン)
 EY8MM からの情報によると,ウズベキスタンではこのほど 50MHz の特別免許
が発給され,DX にアクティブな UK9AA:Fedor などが免許されたとのこと。
Fador は既に 50MHz の 4el Quad を準備しているが,リグが入手できてない模
様。 この背景には,EY8MM:Nodir が「オフレコかもしれないけど」との前置き
で『ウズベキスタンでの月$7 ほどの月収では,リグを入手することができない』
とコメントしているところにある。 EY8MM:Nodir は『Fedor は,自分の親友
でもあり,仲間のドネーションを決して裏切ることのない正直な人物』と評し,
この状況を考慮し,ウズベキスタンからの 50MHz へのアクティビティのために,
UK9AA へのドネーションを募っている。 我をと思わんかたは,EY8MM の E-mail
アドレス:ey8mm@qsl.net に連絡を!
 なお,SM7AED の情報によると,DK5YA は 25W のファイナルモジュールとトラ
ンスバータを既に送ったとのこと。

*Angola D2BF and D3SAF(アンゴラ:アフリカ北東部)
 EA8EE,IK0FTA,SM7AED などからの情報によると,5月15日から D2BF:Jesus が
50MHz に QRV を始めた。 また,D3SAF も FT-100 に自作アンテナで JI61oc
から運用している。 

*Canary Islands and DXCC(カナリー諸島:大西洋北部)
 SM7AED によると,ARRL の DXCC デスクでは,EA8/ホームコールの局は,正式
局として認めていない模様。 SM7BAE の DXCC のカウント例では,数ヶ月前まで
は認められていた EA8/ホームコールの局の QSL については,カウントされなく
なっている。 EH8BPX や EH8BYR のような「常駐局」については,DXCC  には問
題なくカウントされている。

*Swaziland 3DA0CF(スワジランド:アフリカ南部)
 K5LBU:Frosty と彼の娘(アメリカのコールサインは不明)は,7月5日または
6日から,それぞれ 3DA0CF と 3DA0EW のコールサインで運用する。 設備は
IC-746,IC-706 に Alpha 76PA リニアアンプで,14/21/28MHz に QRV する。 
また,50MHz やサテライトの設備も準備するとのこと。 滞在期間等は不明。

*West Malaysia activity(西マレーシア)
 MARTS (Malaysia Amature Radio Transmmiting Society) は,50.005MHz で
運用している 9M2TO のビーコンに改善の手を加えた。 9M2TO は 10W に 5/8
λGP による24時間の連続運用で "9M2TO/B QTH PENANG OJO5dj" のメッセージ
を送出している。 MARTS のメンバーは,DX-SUMMIT などのクラスターをチェ
ックするので,で受信レポートを入力して欲しいとのこと。 なお,9M2 から
は,9M2NK,9M2KT,9M2KE,9M2XA,9M2TO,9M2JKL,それに 9M2/JI1ETU 等の局がアク
ティブに運用している。

*Report from the central parts of America(中米)
 K2RTH によると,スリナムの PZ5RA(GJ25),ニカラグアの YN1SW(EK62) の
信号を6月5日に受信。 また,同じ日にはエルサルバドルの YS1AG(EK63)
も 4W+5el でヨーロッパと交信していた模様。
 このうち,YN1SW:Steve は FT-847 100W に暫定的に屋根の上に上げた M2 
の 5el(6M5X)で運用している。 近々 50フィート(15m) 程まで高くしたい
意向。 Steve はニカラグアのアメリカ大使館に勤務で,CW も打つが速い
スピードは苦手の模様。 彼と QSO する時は 10wpm(50字/分)以下で打つ
ことが望ましい。

*Morocco on 6 meter(モロッコ)
 CN8LI:Said によると,モロッコからアクティブな局の情報は以下のとおり。
 CN8LI の 2000年6月1日以降の QSL マネージャは ON4ANT. QSL はビューロ
経由で CN8LI 宛でも OK。 
 CN8KD は,100W に 5el で,CN8NM は 8W にダイポールで,それぞれ運用中。
CN8TW は,100W+6el で6月第3週から QRV を始める。
 また,F8OP によると,HB9ALM:Andre は,CN2DX のコールサインで,6月9日
から運用を始めた。 運用地はグリッド IM63 で,既に OH,SM,OZ,LU,EH8 等を
含む 700QSO を記録している。 設備は 100W にヨーロッパ向けのダイポールを
家のテラスに 2mH に上げているもの。 QSL は HB9ALM 宛のダイレクトのみ OK 
とのこと。

*Greece SV4FGT(ギリシャ)
 SV4FGT:Andy は KM19fp から 50.143MHz を中心にアクティブに運用している。
QSL はギリシャのビューローまたはダイレクトで Tessas Andreas 41 MANDILARA 
ST., 41223 LARISSA, GREECE まで。 E-mail アドレスは lampiri@x-treme.gr 

*St. Vincent J87AB(セント・ヴィンセント:カリブ)
 J87AB(G0GPX):Mike は,今年一杯セント・ヴィンセントに滞在する。 50MHz 
の設備は IC-706 に 5el F9FT。 QSL は Mike Wise, Canouan Island, Post 
Office, St. Vincent, Winward Islands まで。

*Australia. Prefix during the Olympic Games(オーストラリア)
 2000年のシドニーオリンピックを記念して,オーストラリアでは6月15日から
11月2日まで,すべてのオーストラリアの局は "VK" にかえて "AX" のプリフィ
ックスを使うことができる。 

【ペディション関連】
*7P8 News(レソト:南部アフリカ)
 425DX NEWS の情報として,GJ4ICD の SIX NEWS によると,DF6VI:Joerg,
DJ9ON:Dieter,DL1IAN:Mark,DL1QW:Tom,DL1YFF:Hans と DL4OCM:Tom は7月3日
または4日〜22日に,レソトから 7P8AA で運用する。 運用バンドは 1.8MHz 
から 50MHz で,モードは SSB,CW,RTTY。 50MHz ではゲイン 13.5dB の "ZX-
Yagi" に FT-920+VL-1000, 出力 1kW で運用する予定。 QSL は DL7VRO 宛に
ダイレクト(宛先は Fritz Bergner, Sterndamm 199, D-12487 Berlin )または
ビューロー経由で。 このペディションに関するウェブサイトは
http://www.qsl.net/7p8aa, また,ログは http://dx.qsl.net/logs/index.html
で確認できるようにする予定。

*Bahamas C6DX and C6AJR.(バハマ:カリブ)
 W8GEX:Joe,WA8LOW:Ron,N9NS:Mike と K9AJ:Mike は,カリブ海に浮かぶバハマ
の Berry島 (IOTA:NA-054) から7月28-31日に運用する。 このペディション
では IOTA コンテストに参加,2局を設置して 7MHz〜50MHz に QRV する。
コンテスト期間中は C6DX を,それ以外のペディション期間中は C6AJR のコール
サインで運用する予定。 QSL は W8GEX 宛へ。

*French Polynesia FO8/F6DRO(フランス領ポリネシア:オセアニア)
 F6DRO:Dom は,8月5日〜31日にフランス領ポリネシアのタヒチ島から 100W
に 5el で運用する。 詳細後報。

*Cocos Keeling Islands. VK9CZ and VK9CK(ココスキーリング:オーストラリア)
 VK6KZ:Wal と VK6HK:Don は,2000年10月21日〜11月4日に,それぞれ VK9CZ 及び
VK6CK でココスキーリングから運用する。 連絡用の 28.885MHz をワッチしながら
主に 50MHz を運用するが,他のバンドについては 50MHz のコンディション次第。
詳細後報。

*Latvia YL/SM0DTE(ラトビア)
 SM0TDE:Eric によると,彼は7月17〜22日にグリッド KO06mm から YL/SM0TDE
のコールサインで 1.8-144MHz に QRV する。 50MHz でも IC-706 と 2el HB9CV
で運用する。 QSL はビューロー経由かまたはダイレクトで Eric Wennstr, 
Vasagatan 9-324, SE-172 67 Sundbyberg まで。

*Nauru C21(ナウル)
 KH8/N5OLS:Don と N0JK:Jon は,2001年4月に C21(ナウル)から運用する計画
を持っている。 50MHz の運用局はハイパワーと 6M7JHV(7el) 八木を準備する予定。
Jon は,下記の VK2GJH:Jack のペディションが成功すれば,他の島へのペディショ
ンを,万一 Jack のペディションが行われない,または Jack がナウルに行ったと
してもコンディションに恵まれなければ,予定どおりナウルへのペディションを計画
するとのこと。 Jon の E-mail アドレスは n0jk@hotmail.com 。
 上記の Jon が「気にかけている」VK2GJH:Jack はこの10/11月か,または12月にナ
ウルからの運用を計画している。 10月か11月に休暇が取れればその時期に,取れな
ければ 12月20日からナウルに向かう計画であるが,今回のペディションに向けて,
ドネーションを募っている。 Jack はこれまでに C21JH,T30JH などから運用した実
績があるが,QSO の 90% は JA であり,今回のペディションでも JA からのドネー
ションに期待している模様。 JA1RJU:小笠原さんのホームページによると,C21JH 
へのドネーションについて,SIDXF(Six meter International DX Fundation) がJA側
の"窓口"を開設している。 詳細は http://www5.big.or.jp/~ja1rju/flash_dx.html 
または,E-mailで kh2k@arrl.org まで。

*Sao Tome & Principe S92DX(サントーメ・プリンシペ:アフリカ西部)
 DA1MH:Matt は,この11月下旬からのサントーメ・プリンシペへの滞在に向けて,
ビザやライセンスの入手などの準備に入った。 今回は Matt と奥さんだけでの滞在
であり,彼は HF では 28.885MHz に QRV できる GAP バーチカルを準備し,これ以上
の大型設備を持ち込む予定はないとのこと。 しかし,50MHz では大型アンテナと,
可能であればリニアアンプも携行したい考え。 詳報後刻,DA1MH の E-mail アドレス
は,da1mh@compuserve.com

*Sweden. SM1TDE/1 from JO98(スウェーデン)
 SM1TDE:Eric は,8月18日〜20日に JO98oj へのペディションを計画している。
ライセンスは既に入手済みで,計画どおりにいけば,Gotska Sandoen 北方の灯台から
運用する。 JO98 は珍しいグリッド,IOTA,そして灯台であるため,結構なパイル
になるかも・・・。

*Kingman Reef KH5K(キングマンリーフ:オセアニア)
 AA7A,DJ9ZB,K3VN,K4UEE,KH7U,N4BQW,N4XP,NH6UY,NI6T,OH2BU,OK1KT,RA3AUU そして
WB4JTT の13人のオペレータによる国際チームは,この10月にキングマンリーフへの
DX ペディションを計画している。 リーフでは少なくとも4つの局を準備し,1.8-
50MHz を運用する。 DL1XX:Klaus Wagner はヨーロッパのパイロット局,N1DG:Don
Greenbaum が Webmaster を担当する予定。 QSL は K4TSJ へ。 額の大小に関わら
ず,このペディションへ対するドネーションを歓迎する。 宛先,詳細は N4XP:
Tom Harrell, 2011 New High Schoals Road, Watkinsville, GA 30677, USA まで。

*Bahamas C6AJR(バハマ:カリブ海)
 425DXN によると,W8GEX:Joe, WA8LOW:Ron, N9NS:Mike そして K9AJ:Mike は,
バハマの Berry島(IOTA:NA-054) から,C6AJR のコールサインで7月28日〜31日に,
2局を設営して 7-50MHz の CW と SSB に QRV する。 期間中の IOTA コンテスト
では,C6DX のコールサインを使用する予定。 QSL は W8GEX まで。

*Azores Islands CU7BC(アゾレス諸島:北大西洋)
 7月16〜25日に,アゾレス諸島の HM58 から CU7BC のコールサインで運用する
計画がある。 設備等の詳細は不明。

*Maldives 8Q7QQ(モルディブ)
 モルディブから再三 QRV している HB9QQ:Pierre は,11月17日から2週間,
8Q7QQ で運用する。 設備は「いつもの」IC-706mkII と 12mH のワイドスペース
4el。 勿論 28.885MHz もお忘れ無く!

*Mariana Islands. KH0/JH3EQP, KH0/JR3EJC(サイパン)
 JH3EQP と JE3EJC は, 7月20〜22日にサイパン (IOTA:OC-086) から標記コール
サインで 3.5-50MHz に QRV する予定。 QSL はビューロー経由またはダイレクト
で。

*French Guiana. Result from the FY/F5KEE Dxpedition
                    (フランス領ギアナ:南米北東部)
 F8OP によると,フランス領ギアナからの FY/F5KEE は,5月27日〜6月2日まで
Kourou 沖の Royal島:GJ35rg から FT-847 に 8mH の 5el F9FT で運用した。
6月1日と2日にはヨーロッパ方面へ大オープンし,F:フランス(15),DL:ドイツ(15),
G:英国(1),ON:ベルギー(3),PA:オランダ(18),CT:ポルトガル(2),EH:スペイン(16),
9A:クロアチア(3),S5:スロベニア(3),SP:ポーランド(4),OE:オーストリア(1),
LX:ルクセンブルグ(1),I:イタリア(16),CN:モロッコ(1)などと QSO できた。
(カッコ内は QSO できた局数) 今回は,ヨーロッパの1度大西洋岸に落ちた後に
ON,PA,DL方面に落ちるマルチホップだったようで,フランス中部の局とは1局も QSO
できていない。 また,5月27〜30日には,中米方面にオープン,KP4:プエルトリコ,
V4:セント・キッツ,TI:コスタリカ,YV:ベネズエラ,8P:バルバドス,V2:アンティグア,
W:米国などと交信。 滞在中,50MHz でトータル 140QSOを記録した。

【ビーコン関連】
*KE7NS/b News(アメリカ)
 50.061MHz で運用していた KE7NS/b は既に QRT している。 KE7NS/b が設置されて
いた同じ山に SNOTEL の 40.530MHz が 1500W で電波を出しているので,目安にして欲
しい。

*Beacon Update VA7SIX(カナダ)
 50.0565MHz でグリッド CN89 から運用している VA7SIX は,このほどアンテナを
垂直偏波の Ringo Ranger に変更した。 アンテナ以外は変更なし。

*OY6SMC QRV 50.035MHz old V31SMC beacon frequency(フェロー諸島:北極海)
 GJ3RAX が MU0FAL からの情報として伝えるところによると,フェローから OY6SMC
が 50.035MHz で運用しているとのこと。

*PY2AA beacon is back on the air(ブラジル)
 PY2XB:Fred によると,50.059MHz の PY2AA は,設備の更新を終え,出力 25W,アン
テナは GP を使い,既に運用を再開している。 ロケーションは Sao Paulo(首都サン
パウロ)の東約60km のグリッド GG66。

【QSL Info】
*ZC4FL:BOX 42842. LARNAKA
*J87AB Mike Wise Canouan Is PO St. Vincent, West Indies. IRC は使用不可。 
 $1紙幣を同封のこと。
*EY8MM via K1BV 
       またはダイレクトの宛先は:Nodir M. Tursoon-Zadeh, 
                                Box 303, DUSHANBE. 734001 Tajikistan.
       (ダイレクトでは IRC 同封のこと)

*FH/TU5AX QSL via F5OGL, Didier SENMARTIN, DASC BP 19, 35998 RENNES ARMEES. 
 France.
*LU1YBB, Hugo Ernesto Garcia. CASA 104. CP 8311 Villa El Chocon. Neuquen. 
 Argentina.
*LZ1KG, Dimiter Yordanov, ul M Gorki 9 6500 Svilengrand. (KN31)
*T72EB direct only to Mr Riccardo Giorgetti, Via Pozzo Buono 8-B, RSM-47031, 
 Fiorentino A-8, Rep of San Marino 
*ZD7VC via ON4CAT, K1WY DX Association, POB 90, Eeklo 9900 Belgium. 

【コンディション関連】
*THE TOP TEN QSOs OF THE YEAR 2000 
 Six Italy が発表した5月29日現在の 2000年の 50MHz における交信距離記録
ベスト10。
                         LAST UPDATE: APRIL 30 2000 
    ------------------------------------------------------------------
    POS  CALL       WW LOC  QSO DATE UTC    DX CALL MODE DX LOC  QRB 
    ------------------------------------------------------------------
     1   EH7KW   IM67XI   29/03/00  20.26 ZL2TPY  SSB   RF70BW    19814 
     2   HK3YH   FJ24XR   09/04/00   1.59 YF1OO   CW    OI33LU    19770 
     3   PY5CC   GG54RE   18/03/00  15.42 7J6CCU  SSB   PL36VI    19659 
     4   EH7CD   IM86RQ   28/04/00  21.00 ZL2TPY  SSB   RF70BW    19621 
     5   VR2XMT  OL72BM   12/04/00  13.48 ZP6CW   SSB   GG14KO    19083 
     6   CT3HF   IM12OP   02/04/00  22.03 VK4CP   SSB   QG62LK    18886 
     7   VK4CP   QG62LK   02/04/00  22.03 CT3HF   SSB   IM12OP    18886 
     8   LU2EG   GF05XD   10/03/00  14.24 JP1OKW  SSB   PM95UK    18399 
     9   4X1RF   KM72LT   21/03/00  21.37 VP6BR   CW    CG45      18374 
    10   VR2XMQ  OL72CG   11/04/00  16.01 PY5CC   SSB   GG54RE    18234 
    11   PP1CZ   GG99UQ   13/03/00   2.28 HL5XF   CW    PM45      18029 
    12   VK8OT   PG66     09/04/00   0.29 YV5LIX  SSB   FK68      17757 
    13   KH8/N0JK AH45DQ  07/04/00  18.27 JY9NX   CW    KM71XW    16952 
    14   LW5EJU  GF05NM   17/04/00  14.50 VK4FNQ  SSB   QG39EX    16887 
    15   IK5RLP  JN52LR   20/03/00   8.40 VK4FNQ  SSB   QG39EX    15192 
    ------------------------------------------------------------------
Six Italy の URL は,http://www.sixitalia.org/

*Fantastic sporadic E.(ヨーロッパ)
 スウェーデンの SM7FJE:Bo によると,5月27-28日の週末,ヨーロッパではスポラ
ディックEの大オープンとなり,この2日間だけで SM,OZ,LA,OH,OY,ES,LY,YL,PA,DL,
ON,LX,G,GW,GM,GI,GU,EI,F,TK,EA,EA6,EA8,CT,CN,I,IS,HB,HB0,OE,T7,9A,S5,YU,T9,Z3, 
SV,SV9,TA,LZ,YO,OM,OK,SP,UR,ZA,FR,5H3,7Q,ZS,ZD7,VP8,LU そして PY の 54エンティ
ティの信号を確認している。 また,SM7BAE は5月28日に YF1OO,YC1EH 等と QSO し,
SM-YB のファーストエバーを記録した模様。 2日間で DXCC の半分以上もの信号を
聞くことができる 50MHz は,果たして「チョロい」バンドか?

*Tajikistan EY8MM(タジキスタン)
 6月1日にはタジキスタンの EY8MM がヨーロッパにオープンし,SM7FJE が SM-EY
のファーストエバーを,また OZ3ZW が OZ-EY のファーストエバーを記録した模様。
また,5月28日の 1255z には F8OP が F-EY のファーストエバーを記録した。
EY8MM のログは http://www.qsl.net/ey8mm/50mhz.html でチェックできる。

>環大西洋(ヨーロッパ,アフリカ,北米,南米)方面
===========================================================================
YY/MM/DD TIME(UTC) OPENING
---------------------------------------------------------------------------
2k/06/02 2000-     LU,PY,CE,FY/F5KEE-G, 
   06/06 1655      FH/TU5AX-VE1YX
   06/09 ??        5B,9J,EH8,FH,FR,JY,OD,UN,Z2,ZD7,ZS6-SM7
   06/14 1700      ZC4FL-UK
   06/16 1700      LU-UK
   06/22 1700-     W4-Southern UK
   06/23 1537-     W2,4,8-F,HB9,I,PA,G

>アジア・オセアニア方面
---------------------------------------------------------------------------
YY/MM/DD TIME(UTC) OPENING
---------------------------------------------------------------------------
    No Reports
===========================================================================

【その他】
*6m Editor for DUBUS wanted(ドイツ)
 DL8HCZ:Joachim によると,年4回発行している V/U/SHF 帯向けの世界的に有名な
DUBUS は,50MHz コラムの執筆者を探している。 興味ある方は DL8HCZ:Joachim
(E-mail:Joachim@Kraft.net) まで。 
----------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 鹿児島
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]