SIX NEWS plus Dec 2k
(Japanese ONLY)
Translation & Edited by
JF6DEA/KE1EO
Shirow KINOSHITA


【各国短信】
*Are you going to the Azores?(アゾレス諸島:東大西洋)
 CT1EEB:Jose によると,ポルトガルは CEPT ライセンスが有効であるが,アゾレス
諸島に行っても,コールサインは CT3 にはならないので注意のこと。 島によって
以下のようにプリフィックスが決まっている。
 CU1-->Santa Maria島, CU2-->Sao Miguel島, CU3-->Terceira島, 
 CU4-->Graciosa島,    CU5-->Sao Jorge島,  CU6-->Pico島, 
  CU7-->Faial島,       CU8-->Flores島,     CU9-->Corvo島 

*Egypt, SU1SK(エジプト)
 エジプトから SU1SK:Said が 50MHz に QRV を始めた。 QSL は
  Said Kamel, Po Box 62, Shobra Alkima 13411, Cairo, Egypt
宛に,返信用封筒とグリーンスタンプ1枚または IRC 2枚を同封して欲しいとのこと。
(註:グリーンスタンプとは $1紙幣のことです。 IRC は International Reply
   Coupon:国際返信切手券の略称で,集配業務を行う郵便局などで入手できま
   す。)

*Swedish DXCC list updated(スウェーデン)
 このほど ARRL の 50MHz Standing によると,スウェーデンの SM7FJE は cfm 154
エンティティとのこと。 他のスウェーデンの局は,SM7BAE:wkd 160, SM7AED:162, 
SM6CMU:143, そして SM3EQY は 105。

*Uzbekistan, UK9AA(ウズベキスタン)
 UK9AA/UK0A:Fedor Petrov は,10W+4elクワッドで 50MHz に QRV を始め,SP6ASD と
1st QSO にこぎ着けた。  UK9AA/UK0A:Fedor Petrov の E-mail は UK9AA@qsl.net 

*UK Sov. Base Areas on Cyprys, ZC4ESB(キプロス英国基地)
 ZC4BS:Steve (es G4KIV,ZD8SB,N5ZFR) によると,キプロスの英国基地からクラブ局
ZC4ESB(Eastern Sovereign Base)が運用を開始した。 オペレータは ZC4BS:Steve, 
ZC4DW:Des,ZC4GK:Graham など。 向こう3年間 1.8-50MHz のオールモードに QRV す
る予定。 ZC4BS:Steve と ZC4DW:Des はコンテスターで,コンテストにもアクティブ
に QRV する予定。

*US Virgin Islands, NP2JV and KP2BH(USバージン諸島:カリブ)
 USバージン諸島から NP2JV と KP2BH(FK77) が 50MHz にアクティブに QRV している。
彼らは常に 50.110MHz に QRV するとのこと。 KP2BH:James Soto の E-mail アドレス
は,kp2bh@hotmail.com 

*Singapore, 9V1UV(シンガポール)
 JA1VOK:吉田さんからの情報によると,シンガポールの 9V1UV:Selva の 50MHz の運用
許可が 2001年3月まで延長されたとのこと。

*St. Kitts & Nevis, V47SS(セント・キッツ&ネーヴィス:カリブ)
 DL8HCZ:Joe によると,セントキッツから V47SS が 100W+HB9CV で運用しているとの
こと。

*Eq. Guinea, 3C5I(赤道ギニア:アフリカ西部)
 3C5I:Alan は,赤道ギニアの TV 周波数などの情報を http://www.qsl.net/kb2wf に入れて
いる。

【ペディション関連】
*Conway Reef, 3D2(コンウェイ・リーフ:南太平洋)
 YT1AD:Hrane らのグループは,コンウェイ・リーフから 2001年2月18〜27日に QRV 
する。 オペレータは,YT1AD,YU1RL,YU1NR,YU7AV,YS1RR,Z32AU それに Z32ZM など。
1.8-50MHz 及び 144MHz の CW,SSB,RTTY,PSK,SSTV で運用する。 今回のペディション
には $45,000 ほどの費用が掛かるので,ドネーションを募っている。 詳細後刻。

*Comoros, D68C(コモロ:アフリカ東部)
 既報の通り,コモロから D68C のペディションが実施される。 期間は 2001年2月
8〜28日で,期間中は 28名のオペレータと,10台のリグ,9台のリニア,4000m の同軸,
1600m のコントロールケーブル,6000m ラジアルワイヤー,八木アンテナ9本,マスト
11本,3.5/7MHz 用の4スクエアアンテナ,10MHz と 1.8MHz 用それぞれのヴァーティ
カルアンテナ,64枚以上のステーキ(食料!!),11台のラップトップコンピュータ,それ
に大型発電器1台などの3トンの設備が「参加」する予定。 WARC バンドを含むオール
バンドに QRV し,期間中開催される ARRL CW コンテスト(2月17-18日)にも参加する
予定。 50MHz は5エレスタックにリニアを使用し,周波数は CW:50.102,SSB:50.145,
Beacon:50.090 の予定。 詳細は http://www.dxbands.com/comoros/index.shtml を参照
されたし。

*Agalega, 3B6RF. Update(アガレガ島:インド洋西部)
 昨年実施される計画で進められ,直前にキャンセルとなった 3B6:アガレガ島からの
DX ペディションは,2001年の5月5〜18日に実施されることとなった。 今回は HB9BQI,
HB9BQW,HB9BXE,HB9CRV,HB9HFN,HB9JAI,HB9JBI,3B8CF,9A4TU,CT1AGF,DL3KUD,DL6UAA,F6HMJ,
G3KHZ それに NK6F などが参加する。 HB9AJW は残念ながら参加できないとのこと。
チームは,更にコンテストやペディションで運用実績のある CW オペレータを募っている。
問い合わせは HB9BXE:Hans-Peter(hb9bxe@pilatusnet.ch) まで。

*Pacific trip, A35BQ, ZK2BQI, YJ, 5W, C2, T3(太平洋)
 I6BQI:Angelo は,2001年2月から6週間に亘り,太平洋各地を旅して回る。 彼は
トンガから A35BQ で,またニウエから ZK2BQI でそれぞれ 1.8-50MHz に QRV する計画で,
更にライセンスが取得できれば YJ(ヴァヌアツ),5W(西サモア), C2(ナウル)T3(キ
リバチ)などからも QRV したい意向。 詳細後刻。

*Belize, V31SN(ベリゼ:中米)
 DJ4SO:Klaus は,ベリゼの Hopkins Village から V31SN で1月17日〜2月12日まで,
1.8-50MHz の WARC バンドを含むオールバンドの CW/RTTY/PSK31 そして一部 SSB で運用
している。 QSL はコールブックアドレスまたはビューローで DJ4SO まで。

*Bouvet, 3Y0C(ブーベ島:南極圏)
 既報のとおり,DXCC でも超レアエンティティの一つ,南極圏のブーベ島から,N4BQW:
Chuck が 3Y0C のコールサインで 2000年12月16日の 20z から運用を始めた。 設備は
IC-756Pro+IC PW-1リニア。 彼は向こう3か月ほど島に滞在する予定で,当面は 14/21
MHz を中心に QRV するが,将来的には 1.8-50MHz の SSB をメインに CW でも QRV した
い意向。 詳細は,http://www.qsl.net/zr1dq のサイトまたは 
http://www.qsl.net/wd4ngb/3y0.htm のサイトを参照されたし。

*Gambia, C56/DL2OE and C56/DL7CM(ガンビア:西アフリカ)
 DL2OE:Mike と DL7CM:Hans は,2001年2月20日〜3月4日に,西アフリカのガンビア
から C56/ホームコールで 1.8-50MHz に QRV する。 QSL はそれぞれのホームコールへ。

*Syria, YK9A(シリア:中近東)
 シリアから YK9A のペディションが行われる。 期間は 2001年2月3日から9日間
程度で,1.8-50MHz の CW/SSB/RTTY に QRV する。 オペレータは WJ7R:Ron, N7RO:
Dick, W4DR:Bob, N4CFL:Rosalie, K9LA:Carl, AE9YL:Vicky, W4PRO:Jim それに K7AR:
Al など。 50MHz の周波数は CW:50.095, SSB:50.130 を予定しており,07z-08z(16-
17JST)に JA 向,06z-13z(15-22JST)に東南アジア向を精力的にワッチする。 詳報は
YK9A 2001 のサイト(http://www.qsl.net/k7ar)で。 

*Benin, TY(ベニン:アフリカ西部)
 F5CWU は,2001年8月に2〜3週間,ベニンから HF 及び 50MHz で QRV する計画を
持っている。 彼はベニンの運用条件;特に 50MHz での制約などの情報を求めている。
F5CWU の E-mail は F5CWU@WANDOO.FR 

*Morocco, CN2DX(モロッコ:アフリカ北西部)
 HB9HLM:Andre は,2001年7月11日〜8月1日にモロッコから CN2DX で HF,50MHz 
そして 144MHz で運用する。 リグは 6m 付きの 100W機で,アンテナはロータリー
ダイポールの予定。 スケジュールは組まず,全て「ランダム QSO」とする。
Andre は 144MHz 用に,YL1060(送信管と思われる)を探している。 HB9HLM:Andre
の E-mail は hb9hlm@freesurf.ch 

*FG/N0JK Guadeloupe results(グアダルーペ:カリブ)
 グアダルーペから運用した FG/N0JK は,50MHz で 18カントリー,102QSO の結果
であった。 11月27日には PY5CC と,また同日の 1145z ヨーロッパとのオープンに
恵まれ,DL(ドイツ),I(イタリア),OK(チェコ),PA(オランダ),そして S5(スロ
ベニア)などとも QSO できた。

*Sao Tome & Principe, S92DX(サントーメ・プリンシペ:アフリカ西部)
 サントーメ・プリンシペから運用した S92DX の 50MHz の結果は,50 DXCC エンティ
ティ,518 QSO であった。 交信局の 20% はイタリアの局で,またバルカン半島の
各地も同様な結果。 ヨーロッパ以外は 47 QSO。 S92DX のファースト QSO は 11月
24日の  PU7XAF,ラスト QSO は 12月5日の PY5IP であった。 多くの局が2回以上
QSO しており,中には SSB で4回,CW で3回 QSO している局もあった。 以下は,
エンティティ別のファースト QSO 局と,カッコ内は QSO 数。 3C5I(2), 5B4AGM(3),
5H3US(1), 7Q7RM(2), 9A0C(33), 9H5EE(9), CT1EEB(4), CT3DL(1), DL6NCI(20), 
EH5FKX(16), EH6SA(2), EI5FK(1), ES1CW(1), F6DRA(21), FY5KE(1), G4RGK(32), 
GI0OTC(1), MM0AMW(1), GW0GEI(4), HB9AOF(6), HC2FG(1), HC8N(1), IT9RZR(102), 
JY9NX(1), K1SG(7), LZ2DF(29), OE8HIK(4), OH7PI(7), OK3ZW(5), OM3NY(4), ON4ANT
(9), OZ2DX(7), PB0ANX(8), PU7XAF(15), PY0FF(2), S52LW(24), SM7BAE(9), SP4MPB
(24), SV1EN(5), SV5BYR(1), T72EB/A(1), UT3HY(14), YL2JN(3), YO7VJ(21), YU1EU
(32), YV1DIG(1), Z32ZM(3), ZD9KW(1), ZP5HSB(8)。

*Tunisia, TS7N(チュニジア)
 2000年11月に行ったチュニジアからの TS7N のペディションは,46,500QSO を記録し,
このうち 50MHz では SSB で 450, CW で 336 QSO であった。 QSL はこの1月から
順次発送予定。

【ビーコン関連】
*Ethiopia, beacon ET3VSC(エチオピア)
 I0AMU によると,ET3VSC:Claudio は,このほど 50MHz のビーコンを設置した。
周波数は 50.034MHz,グリッドは KJ99。

*New Zealand, ZL1VHF beacon(ニュージーランド)
 ZL3VTV/ZL3:Tim によると,ZL1VHF は Auckland の南西約30km の Whitford の
標高 220m の場所から運用している。 周波数は 50.043MHz,出力 10W に半波長
ダイポールを使用。 メッセージは "ZL1VHF 6M WHITFORD" を A0 で送出している。
受信リポートは大歓迎,E-mail で tmoore@clear.net.nz 宛,または電話であれば
+64 21 273 2429 まで。

*Bulgaria, beacons(ブルガリア)
 2000年12月現在,ブルガリアからは,50.012MHz で LZ1JH(KN32)が,50.050MHz で
LZ2CC(KN22)が,そして 50.082MHz で LZ1SIX(KN12) のビーコンがそれぞれ運用して
いる。 

*New Italian beacon, IK5ZUL/b(イタリア)
 イタリアから 50.020MHz で IK5ZUL/b(JN52) のビーコンが運用している模様。

【QSL Info】
*9M2JKL:via A.R.C. THE JAPAN CLUB OF KUALA LUMPUR, LOTS 463 & 475, 
                   PT1 SECTION94, TAMAN SEPUTEH, 58000 KUALA LUMPUR, 
                   MALAYSIA. 
*BG7OH :Mars Liu, P.O. Box 020-73, Shan Zhen 518020 P.R. China. 
*C21JH :Jack D. Haden, PO Box 299, RYDE NSW 1680.
*HP2CWB:JOSE NG LEE PTY-6203, 1601 NW 97TH AVE. P.O.BOX 025207, 
                    MIAMI, FL 33102-5207 USA.
*S92DX :via KA0KKO, Matt J. de la Hunt, Unit 30403 Box 65, APO AE 09131.
*LZ2CC :Vasil T. "Vasco" Valchev, P.O.Box - 1, Slatina 5564, 
                                  Lovech dist., Bulgaria
*LZ2DF : Mincho Petkoff, P.O.Box 25, 5600 Troyan, Bulgaria
*ST2SA : DR. SID AHMED IBRAHIM, P.O.B 1533, KHARTOUM SUDAN.
*UN6P  :via UN5PR.
*V26TJ :via K3TJ
*VK6DIR:via VK6NE, NR Penfold, 2 Moss CRT, Kingsley, WA 6026, Australia.
*VP2MJD:via Dick Hanson, K5AND, 7540 Williamsburg Dr., Cumming, Ga. 
                                30041, USA.
*VP2MJJ:via W6JKV, Jimmy Treybig, 10915 Bee Caves Rd, Austin, 
                                  Texas 78733, USA
*XU7ABF:via XW2A - HIROO YONEZUKA, P.O.BOX2659, VIENTIANE, LAOS. 
                   email:JA2EZD@wwdx.net.
*YF1OO :Zamiel Ryadhi, P O Box 406, Bogor, 16004, Indonesia. (de qrz.com)
*YV4DDK:ANTONIO SCOLAMIERO, P.O. BOX 288, VALENCOA Z.C. 2001, VENEZUELA
*ZF2MU :via K4BI
*ZP5YW :Miguel Gonzalez A., PO Box 2109. Asuncion 1209, PARAGUAY. 

【その他】
*DX sounds from Italy and Taiwan.
 Sixitalia のウェブページ, "SixItaly"(http://www.sixitalia.org/)では,
50MHz でイタリアに入感した 144エンティティの信号が Realaudio で聞くこと
ができる。
 また,IW9CER:Tony の "SIXily News" サイト(http://www.iw9cer.com/)にも
興味ある音声が準備されている。
 さらに台湾の BV2DP:Lu のページ(http://www.bv2dp.com/)では HC2FG,ZD8SIX,
JY9NX,FR1AN,UT5JCW,ZR1TRD などとの QSO の模様が収録されている。 チェック
されたし。

*Palestine, E4/JM1LJS accepted for DXCC(パレスチナ:中近東)
 JM1LMS:海氏が行った E4/JM1LJS によるパレスチナからの 50MHz の運用は,
ARRL の DXCC マネージャの NC1L:Bill Moore氏が "DXCC に有効" との判断を下
した。

*US inflation growing(アメリカ)
 アメリカの郵便料金が1月7日から郵便料金が値上げになった。 IRC は $1.05 
から $1.75 に,国外向けの1オンス (28g) 以下のエアメールは 80c(カナダ,メキ
シコ宛は 60c)になった。

*Swedish Callbook(スウェーデン)
 スウェーデンのコールブックが http://www.svessa.se で公開されている。
----------------------------------------------------------------------------

 これらの情報の転載等は構いませんが,情報に責任を持つ意味から,必ず
情報源を明らかにして下さい。 

 では,また。  FB DX on SIX!!

DE JF6DEA/KE1EO
木下司朗 in 鹿児島
E-mail:jf6dea(at)ja6ybr.org


[GO BACK to Home]