Result of expedition to
Cambodia in Oct.2002

Shirow;JF6DEA/KE1EO has been to Sihanoukville (Kompong Som), south west of Cambodia to operate XU7ACD from Oct.26 to 28. The purpose of this operation was mainly to take part in CQ WW SSB contest. I operated 10m SOSB (Single Operator Single Band) Low Power in the contest and made QSO:789, CQ zone:28 and Entity:78. Simultaneously, I have operated on 50MHz and made 63 QSOs with JA. Unfortunately I missed good opening to Europe around 07z on Oct 26. At this moment, I was checking everything in the shack to understand all of equipment just after arriving. The result of 50MHz is shown in below. Thanks for your calling!

2002年10月26〜28日にカンボジア南西部の港町,Sihanoukville (Kompong Som)から XU7ACD を運用しました。 今回の主目的は, CQ WW SSB コンテストへの参加で,10mローパワーシングルOp 部門に参加し,28CQゾーン,78エンティティの 789局と QSO しました。  同時に 50MHz も運用し,JA だけでしたが 63局と QSO しました。 バンコクに帰った後に調べると,50MHz で 26日の 07z 頃にヨーロッパとアジア極東方面のオープンがあった模様でしたが, この時間帯は,現地に着いたばかりで設備の状態をチェックしている真っ最中。 残念ながらヨーロッパとのオープンを逃してしまいました。 QSO して戴いた皆さんには感謝します。

[XU7ACD 50MHz Result]
JA1JA2JA3JA4JA5JA6JA7JA8JA9JA0Total
518104815002163

Location

Sihanoukville (Kompong Som) is located about 200km, takes about 3-4 hours by car, south west from Phnom Penh. This city has been important port for Cambodia.

Sihanoukville (Kompong Som) はカンボジアの首都 Phnom Penh から南西に約200kmに位置する港町。 Phnom Penh から車で3〜4時間かかる。 カンボジア唯一の港湾施設を持つこの街は, カンボジアにとって,重要な位置づけ。

Antenna & Equipment

The equipment for 50MHz is 6 element HB9CV installed on the top of 3 stories building and TS-690, which is 100W RF output. The licence in XU-land is allowed CW/SSB/FM/RTTY, 100W from 50 to 54MHz.

50MHz の設備は3階建てビルの屋上に設置した 6el HB9CV に,リグは TS-690 (100W)。 カンボジアでは 50-54MHz の CW/SSB/FM/RTTY, 100W が免許される。

Around the station

There are Gulf of Thailand, few hundred meters away from the shack. The beach is located next to the port!

海まではシャックから数百m,そこにはタイ湾が広がる。 砂浜の隣には,カンボジア唯一の港が聳える。

Hospitality

Cambodian national beer, ANGKOR (left) and the owner's family (right) of guest house, where equipped radio equipment. Ms.Nida (far left) can understand and speak English well. She has greatly helped me everything during my stay.

カンボジアを代表する "ANGKOR" ビール(左)と,シャックがあるゲストハウスのオーナー一家(右)。 娘さんの Nida は英語を理解し,滞在中いろいろと気を遣ってくれた。

QSL & Audio Crip

JA2IGY on 50.010MHz at XU7ACD on Oct.27, 2002 (MP3 84kB)
"VVV de JA2IGY" transmitted 10W with GP from central part of Japan

JA6YBR on 50.017MHz at XU7ACD on Oct.27, 2002 (MP3 311kB)
"VVV de JA6YBR MIYAZAKI PM51RT .-(50W) ..-(10W) ...-(1W)" actually readable 1W transmission.
1W送信(トトトツー)まで聞こえている

Detail of JA6YBR ==> HERE:JA6YBRの諸元は ==> こちら

Result of the contest

This is the certificate of my operation from XU7ACD in 2002 CQ WW SSB. It is fantastic to be written "#10 AFRICA" even my operation from South-East Asia. This is the first certificate for my single operation.

2002年の CQ WW SSB コンテストのアワード。 カンボディアからは1局しか出てなかったので,#1 CAMBODIA はわかるが,#10 AFRICA はご愛敬か?  これまでDXコンテストは殆どシングルオペレーションでは運用しなかったので,このアワードはDXコンテストのシングルオペでは初めて授賞したもの。

Acknowledgement
Special thanks to XW2A:Hiroo YONEZUKA for his cooperation of all equipment, all staff of Sea Beach GH for their warm hospitality and JH6QIL:Shin-Ichi KUSUMOTO for his QSL management. Also thanks to all of station contacted with XU7ACD and my family; Mieko:JG6GNR, KOJI, AKIE and TOMOE for their understanding my operation from XU-land.

今回の運用では,XW2A:米塚さんをはじめ,シャックがある Sea Beach ゲストハウスのオーナー一家の皆さんにお世話になりました。  QSL マネージャを快く引き受けて戴いた JH6QIL:楠本さんにはこれからもお世話になります。 そして,運用中に QSO して戴いた皆さんと, 今回の運用に理解を示してくれた家族も含め,皆さんに感謝します。


[GO BACK to Home]