RSGB HQ Potters Bar,
England, UK


このページは英国・イングランド,ポッターズバーの RSGB 本部の紹介ページです。

This Page is introduction of RSGB HQ in Potters Bar, England, UK


英国・イングランド,ポッターズバーの RSGB 本部。 ロンドン中心部から鉄道で 20分ほどの閑静な住宅街の中に「佇んでいる」感じ。

RSGB HQ is at residensial area in Potters Bar, where is about 20 minutes by train, England, UK


RSGB を案内して戴いた Lynette(左)と,G0OFE。

RSGB tour guide Lynette (left) and G0OFE.


RSGB のクラブ局,GB3RS のシャック。 壁には来訪者の QSL が飾ってあり,設備は3セット整備されている。 残念ながら JA の免許では運用できない。

Club shack of GB3RS, which is the club station of RSGB HQ. There are QSLs of visitors on the wall and 3 sets of equipment. JA licensee can not operate here unfortunately.


RSGB の QSL コレクション。 戦前に世界で3番目に WAZ を完成し,DXCC オナーロールにもなった J5CC:堀口氏の QSL も飾られている。

QSL collection of RSGB. Oh! there is the QSL of J5CC, who was the famous Japanese DX'er, the WAZ (#3 in the world) holder and the honor roll of DXCC before WW2.



RSGB のクラブ局 GB3RS の QSL カード。

The QSL card of GB3RS, Headquater station of RSGB.


RSGB のクラブ局,GB3RS のアンテナ。 住宅街にある RSGB では,周辺との環境調和を確保する意味からも,アンテナは高く上げられない。 HF の 3el と 50MHz の 6el(上),VUHF のサテライト用のビームアンテナほか(下)

The antenna system of GB3RS. There is some restriction of antenna height, number of elements, boom length etc, because of the station is at residensial area. 3el for HF and 6el for 50MHz(above), VUHF satellite beam(below).


1995年当時運用していた 50MHz ビーコン,GB3NHQ の綺麗なターンスタイルアンテナ。

The "Beautiful" turn style 6m antenna of GB3NHQ, one of the 6m beacon in UK as of 1995.


GB3NHQ の自作送信機。 トランジスタ・ファイナルで,出力は 15W RF out だった。

The home brew transmitter of GB3NHQ. This system was 15W RF output powered by some transistor final unit.



ロンドンのシンボルの1つ,ロンドンブリッジ。

The Tower Bridge, one of the symbol in London.


[Go Back to HOME] [Return to Photo Top]