SM7BAE
Kjell RASMUSSON

As of March 1995

Silent Key on March 22, 2008


SM(スウェーデン)の 2m EME のパイオニア。 スウェーデン南部,Malmo 郊外に 在住。 2m-DXCC(EME), 6m-DXCC, 2m-WAC(EME), 2m-WAS(EME) などの功績は素晴らしい。 Kjell は,'60年代には既に EME を手掛けており,1968年11月号の QST には,1968年 9月9日 0724z の SM7BAE-K6MYC の 2m-EME のリポートが掲載されている。
1995年3月現在のリグ:TS-850+トランスバータ, アンテナ:50MHz は 9el八木x2x2,144MHz は 19elx16。


Kjell is the Father of 2m EME in Sweden. He lives in southern Sweden closed to Malmo. He already has great awards of 2m-DXCC(EME), 6m-DXCC, 2m-WAC(EME) and 2m-WAS(EME). Kjell had started EME activity in 60s, and the QST November issue in 1968 reports the EME contact between SM7BAE-K6MYC @0724z on Sept.9 1968.
Rig: TS-850+Transverter, Ant: 9el YAGIx2x2 for 50 MHz & 19el YAGIx16 for 144MHz, as of March 1995.

SM7BAE:Kjell の巨大なアンテナ。 このアンテナで聞く 2m-EME の信号は?
The giant antenna system of SM7BAE. You can listen to the signal via 2m-EME using this antenna.

SM7BAE のシャックで,SM7BAE:Kjell(左)と SM7AED:Arne(右)。
SM7BAE:Kjell(left) and SM7AED:Arne(right) at the shack of Kjell.


 【SIX NEWS plus 2008年4月号より】
 スウェーデン南部、Trelleborg 郊外から 50MHz 及び 144MHz EME などで強力な信号を送り出していた Kjell:SM7BAE が 2008年3月22日に逝去した。 享年79歳。
 1928年生まれの Kjell は 1950年に開局。 1960年代には当時アメリカの局が殆どだった EME へのチャレンジを始め、Yngve:SM7BCX と共に 144MHz の 160エレメント・アレーの建設に着手した。  EME の手始めに、溶接の訓練を受けたというエピソードがある。 1968年に EME での運用を開始、 ヨーロッパでは EME のパイオニア的存在だった。 1968〜9年の 144MHz EME による ZL1AZR との交信は、 長く 144MHz EME の世界最長記録として君臨。 Kjell 自身が作成していた Website によると、 当時のアンテナは 160エレメントのフェーズド・アレー、リグは全て自作で、出力 1300W にだったと記述している。
 Kjell の大型アンテナは度重なる強風や悪天候により、他のアマチュアであれば諦めるようなダメージを受けたが、 Kjell は諦めることなくアンテナのグレードアップを続け、後に 480エレメント(20elx24) のアンテナにまで 「成長」させている。
 1981年、Kjell は 144MHz EME で VE7BQH に続いて世界で2番目にアメリカ全州と交信して QSL を得る WAS (Worked All States) を達成、1983年には W5UN, KB8RQ に続いて世界で3番目に 144MHz-DXCC を達成した。  その後、50MHz にも QRV、サイクルのピークには SM7AED, SM7FJE などと共に JA にも強力な電波を届けた。  50MHz のコンディションが下降気味になると EME にも QRV し、世界的にアクティビティが上昇傾向にある 50MHz EME で、多くの局と交信した。 50MHz の DXCC は #145 で 1993年に達成、 高緯度に位置するスウェーデンでは SM7AED(#106), SM7FJE(#107), SM6CMU(#118) に続く快挙だった。  Kjell は、恐らく世界で唯一 1.8〜144MHz の 11バンドのDXCC ホルダー(もし、他にいるとすれば W5UN しか考えられないが...)であっただろう。
 2007年12月時点での SM7BAE の 50MHz DXCC standing は 196、また 2008年4月時点の 144MHz DXCC standing は KB8RQ(188), W5UN(183) に続く 147エンティティーだった。  本情報でもお馴染みの Arne:SM7AED は、1950年頃に 144MHz の 2W 送信機での初 QSO 以来、 Kjell とは家族ぐるみの長いつきあいで、誠実で穏やかだった在りし日の Kjell を追悼した。
 Kjell の葬儀は、4月4日(金)に執り行われ、多くの親戚や無線仲間が参列したとのこと。
 50MHz 界のみならず、アマチュア無線界の貴重な存在だった Kjell を失ったことは残念な ことです。 ご冥福をお祈りします。


[Go Back to HOME] [Return to Photo Top]