W2SZ/1 @ Mt.Greylock
in Massachusetts


このページは 1997年9月に W2SZ/1 を訪問した時のリポートです。
This Page is W2SZ/1 visiting report in Sept.1997

What is the W2SZ?
W(アメリカ合衆国)で,最大規模の VUHF 移動運用集団。 ARRL の機関誌 QST や US-CQ では何度となく紹介され,また表紙を飾ったことがある。 New York 州の州都 Albany 近郊の Troy にある工科大学 Rensselear Polytechnic Institute のクラブ局。
One of the biggest field stations in the US. W2SZ/1 has been introducing on the QST, US-CQ and on the cover of these magazines many times. W2SZ is the club station of Rensselear Polytechnic Institute in Troy, NY.




W2SZ/1 on 1997 ARRL September VHF QSO Perty at Mt.Greylock
W2SZ は,日本の 6m&Down コンテストに相当するアメリカ ARRL 主催の V/U/SHF バンドのコンテストに,毎年参加している。
W2SZ crew take part in the V/U/SHF field contest held by ARRL every year.


[Mt.Greylock]



W2SZ/1 が設営される Massachusetts 州最高峰の Mt.Greylock (1,063m=3,487フィート)。
Mt Greylock, the usual site of W2SZ/1, where is the highest summit (3,487ft=1,063m) of Massachusetts.

[50MHz]

W2SZ/1 の 50MHz のアンテナ 21/16/11/6mH。 6el×4 は,上2本と下2本をそれぞれ独立して回すことが でき,更に上2本のみ,下2本のみ,そして4本ともの3パターンの給電をシャックの切替 スイッチにより選択できる。

The 50MHz antenna system of W2SZ/1, which height are 21/16/11/6m (70/53/37/20feet) above the ground. These antennas are composed of 4 stacked 6el YAGIs. Upper 2 Yagis and lower 2 Yagis are rotatable independently. And it can be selected Upper-2/Lower-2/All-4 feed.

アメリカの周波数割り当て
Authorized frequency bands in the US
BandFrequency [MHz]
50MHz50.0-54.0


50MHz をオペレートするK1DH:Don。 設備は TS-850+トランスバータ, リニアアンプは 3-500Z×2 の RF 1kW out 程度。 アメリカでは移動/固定に関係なく,出力は 1.5kW RFout が上限。 

Don:K1DH operates 50MHz. The equipment of 50MHz is TS-850 with transverter and a pair of 3-500z linear amplifier, which is about 1kW RF output. In the US, legal limit is 1.5kW for fixed station and even field station.

[144/222/432MHz]

144MHzの16elx2。 144MHzは水平偏波の16elx2を2組と,FM用に9elx2を1組準備。 Wでは,VUHF帯のSSBでは水平偏波が主流。

The stacked 16el horizontal Yagi for 144MHz. On 144MHz, W2SZ/1 has built 2 sets of stacked horizontal 16el for SSB and a set of stacked 9el for FM operation. In the US, they uses horizontal polarization for SSB on 144/222/432MHz.

222MHz用16elx2x2。 このアンテナと別にFM用に垂直偏波の12elx2も準備された。 北米ではVHF帯の中で,222-225MHzがアマチュアに割り当てられている。

The 220MHz stacked 16 over 16 Yagi. Another 222MHz antenna for FM operation is stacked vertical 12el Yagi. In north America, 222MHz band (222-225MHz) is allocated for amateur operation.

アメリカの周波数割り当て
Authorized frequency bands in the US
BandFrequency [MHz]
144MHz144.0-148.0
222MHz219.0-220.0
222.0-225.0
432MHz420.0-440.0

432MHzの27elx2x2。FM用は19elx2を別に上げた。 432MHzのアンテナもSSBは水平偏波。
27elx2x2 for 432MHz SSB. For FM operation, stacked 19el is built. Even 432MHz, they uses horizontal polarization for SSB operation.

奥から432MHz,220MHzそして一番手前が144MHzのシャック。 432MHzはTS-830+トランスバータに4CX350x2のアンプ(出力700W程度), 222MHzはTS-830+トランスバータ,アンプは8877で出力1.5kW。 そして144MHzはIC-765+トランスバータと8877の1.5kWアンプ。 羨ましいほどパワフル!
432MHz operation site is at the end of shack. TS830+transverter with a 700W RF output composed of a pair of 4CX350s amplifier. There is 222MHz shack at the center. Equipment is TS830 with transverter into a 8877 1.5kW amplifier. And 144MHz operator uses IC765 and transverter with 1.5kW RF output a 8877 legal limit amplifier. Yeah, so much powerful!!

[903MHz/1.2/2.4/3.4/5.6/10/24GHz]

903MHz用の「連絡用」GPと,903/1296MHz共用の1.5mφディッシュ。アメリカでは902-928MHzも903MHz帯としてアマチュアに割り当てられている。

The ground plane for making schedule on 903MHz and an 1.5m(=4.5feet) diamater dish for 903 and 1296MHz. In the US, 902-928MHz as 903MHz band is allocated for amateur radio.

アメリカの周波数割り当て
Authorized frequency bands in the US
BandFrequency [MHz]
903MHz902.0- 928.0
1.2GHz1240.0-1300.0

1.5mφのディッシュは,2.4/3.4/5.6GHz共用。八木はビーム修正用の432MHz 17elx2。これらのバンドでは,432MHzで連絡を取りながらビームを 修正するスタイルでQSOが行われていた。アメリカでは3.4GHz帯もアマチュアに開放されている。
The 1.5m(=4.5feet) diameter dish is for 2.4/3.4/5.6GHz. The stacked 17el yagi on the top of tower is for beam guidance on 432MHz. The 3.4GHz band is also for amateur radio in the US.

アメリカの周波数割り当て
Authorized frequency bands in the US
BandFrequency [MHz]
2.4GHz2300-2310
2390-2450
3.4GHz3300-3500
5.6GHz5650-5925

ビーム修正用の903MHz 23elと,上から10GHzワイドバンドFM用の1.5mφディッシュ,24GHz用1mφディッシュ,そして 10GHzナローバンド(CW/SSB)用1.8mφディッシュ。10/24GHzでは,903MHzをビーム修正用のガイド周波数として活用していた。
There is the 23el Yagi for 903MHz on the top. From top to bottom, there are the 1.5m(=4.5feet) diameter dish for 10GHz wideband (WFM), 1m (=3feet) diameter dish for 24GHz and 1.8m (=6feet) diameter dish for 10GHz narrow band (CW/SSB). 903MHz is guidance frequency for adjusting beam for 10/24GHz operation.

アメリカの周波数割り当て
Authorized frequency bands in the US
BandFrequency [GHz]
10GHz10.00-10.50
24GHz24.00-24.25

左半分はIC-735+トランスバータを用いた10/24GHzシステム。10GHzのワイドバンドは250mW出力,ナローバンド はTWT(進行波管)を用いた10W出力。24GHzは100mW出力。
右半分はTS-830を親機としたトランスバータによる2.4/3.4/5.6GHzシステム。出力は,2.4GHzが25W, 3.4GHzが15W,そして5.6GHzは10W。

On the left half, the 10/24GHz system is composed of IC-735 with transverter. 10GHz wideband is 250mW RF output, 10GHz narrow band is 25W RF output with TWT and 24GHz is 100mW RF output.
On the right half, there is the 2.4/3.4/5.6GHz system with TS-830 and transverter. RF output are 25W on 2.4GHz, 15W on 3.4GHz and 10W on 5.6GHz respectively.

IC-735+トランスバータによる903MHz/1.2GHzシステム。出力は,903MHzが200W,1.2GHzが 100Wで共に半導体アンプを使用している。

The 903MHz/1.2GHz system is composed of IC-735 with transverter. RF output power are 200W for 903MHz and 100W for 1.2GHz. Each power amplifiers are powered by some semiconductors respectively.

1.2GHz用の100W半導体アンプ。出力にサーキュレータを挿入し,アンテナのミスマッチからアンプを保護している。

The 100W amplifier for 1.2GHz. The circulater is inserted between antenna and amplifier to protect against mismatch.

[47GHz]


W2SZ/1で最高周波数の47GHzシステム。測量用の雲台に1mφディッシュと共に送受信機がセットされている。出力は不明だが,ガンダイオードを用いたものと 推測される。受信機にはR-7000が使われている。長いフィンの放熱器やディッシュの上にマウントされている望遠鏡などは興味深い。

The 47GHz system, the highest frequency of W2SZ/1. The system, which is composed with 1m(=3feet) diameter dish and tranciever with R-7000 receiver, is mounted on the special stand for survey. It is very interested in long fin heat radiator and the telescope at the top of stand.

アメリカの周波数割り当て
Authorized frequency bands in the US
BandFrequency [GHz]
47GHz47.00-47.20

[Go Back to HOME] [Return to Photo Top]